のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

危ない人たち

2016年10月24日 | 日記・エッセイ・コラム

 フィリピンのドゥトルテ大統領が来日するみたいです。

 フィリピンのトランプと呼ばれているようだけど、ドゥテルテさんは大統領。トランプさんはまだ候補者です。一応今のところドゥテルテさんの方が国賓だから偉い!天皇陛下との面会もできる。

 同じタイプでロシアにはウラジミール・ジリノフスキーと言う暴言大好きな大統領候補がいました。「日本を火の海にする」と言いながらワールドカップサッカーの時には来日して日本-ロシア戦を観戦してました。過激なことを言うけれど日本人は楽しんでいましたね。

 きれいごと並べて悪いことしている奴らより安全かもしれません。

 時差はあるのだろうけれど、ジョン・レノンと同じ日に生まれてビートルズファンのおっさんがいましたが、認知症になってビートルズのCD持って施設に入ってしまったそうです。ジョンレノンは日本なら昭和15年生まれですね。

 平成生まれが酒を飲むようになったときも隔世の感がありましたが、とうとうビートルズ世代がボケる時代になったか?と感慨深いものもあります。ジョンレノンは殺されたけど、一番若いジョージハリスンだって亡くなっていますから相応の年齢なんでしょうが、いまだに不良で通しているストーンズってすごいと思う。

 ちょっと前ならこうした施設の慰問と言えば田畑義男あたりが定番で、若い高齢者には島倉千代子あたりだったんでしょうが、いよいよビートルズの時代到来ですかね?ボケちゃって自分の家族の顔もわからないけれど♪Help♪はフルコーラス唄えるとか、津軽三味線よりポールマッカートニーの不可思議なベースラインの方が心にしみるとか、和太鼓よりもリンゴスターのドラムの方が乗れるとか。

 我々の世代ならどうなるのだろう?フュージョン全盛期だったからやたら理論に詳しかったりして。

 きゃりーぱみゅぱみゅ世代が婆さんになった不気味だと思うよ。

 アニオタ専門の老人ホームなんか怪しいフィギュアが並んでお化け屋敷よりグロかったりして。

 健全なお年寄りの概念が変わる時代になったのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産業復古 | トップ | 赤い米 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。