のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

今年も運よく端午の節句

2017年05月05日 | 日記・エッセイ・コラム

 ♪柱のきずはおととしの 五月五日のせいくらべ ♪

 柱に傷なんかつけたものなら叱られること明白なので、今どきこんなことできない世情ですよ。

 ゴールデンウィークになると帰省や旅行での交通事故のニュースが飛び交いますが、昨日は近くの畑でトラクターが横転し、運転していた86歳のおじいさんがトラクターと木の間に挟まれて亡くなる事故がありました。

 今年は積んでいた材木が崩れて下敷きになって亡くなる人が出たり、こんな山奥でも気になる事故が相次いでいます。

 どちらの事故にしても自分の身にいつ起きてもおかしくないし、危機一髪もたびたびあったはずですが、ことがなければ気が付かないし忘れてしまう。せいぜい気が付いても「運が良かった」で片づけてしまう。

 「良いこと」なんてそんなもんなので、神社仏閣で「良いこと」をお願いして、実際良いことが起きて生きているにもかかわらず気が付いていないから感謝のしようもなく、不幸なことには目が向いてしまう。これはこれでいいと思うんですよ。不幸なことに目が行くってことは危険を察知し予防できる基本ですから。

 どこかの政党ではないけれど国民に不幸が飛んできそうな問題には目を背け、どうでもいいような問題でっち上げて騒いでいるようでは、まともな人たちから見放されるのは当然ですから、頭の痛くなりそうな嫌な課題にも向き合わねばなりません。

 運よく今年も満開の八重桜を目にすることができました。運が悪けりゃ根元に埋まっていたかもしれないのだから、これはこれで感謝せねば。

 二十数年前に山形県の南陽に果樹園作りの勉強に行ってきた友人が土産に持って来てくれた桜の苗で、毎年花をつけてくれています。

 昨年は桜の花びらを摘んで塩漬けにしてお茶を作ったのですが、お年寄りのイベントに持って行ったので早々になくなってしまいました。今年は塩漬けと梅酢の2種類に挑戦してみます。

 桜の花に含まれる怪しい名前のクマリンという成分が独特な香りの正体みたいで、塩漬けにしたり叩き潰すことで外に出てきて独特の香りを強調させるようです。

 昔は結婚式などの吉事に桜茶が振る舞われましたが、近年では若い人がいないからこうした吉事も少なくなった代わりに、やたら長生きの爺さん婆さんの集まりが増えたので「これも吉事」とむしろ出番が増えています。

 この時期に花が咲く御衣黄(ギョイコウ)と言う黄色い桜があります。

 昨年4月半ばに京都に行ったとき、祇園は八重桜が見ごろでしたが、堀川は御衣黄が咲いていました。時期的には同じ頃に咲く桜ですが、どことなく艶っぽい八重桜が祇園で、あっさりと潔さそうな御衣黄が堀川方面と言うのもPTOをわきまえているなと感心したものです。

 黄色と言うよりも白に近い気もしますが、いくらか青みがかっています。

 黄色い桜だね。黄色い桜と言えば黄桜だね。黄桜と言えば日本酒だね。高島礼子だね。笛木優子だね。今度の女優は誰だい?真野恵里菜?ここまで年齢が下がると息子の嫁だね。と、例によって一杯飲みはじめるおっさんたちの末席に加わってきました。

 今年も運よく桜の下で一杯やれました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山菜の季節になりました | トップ | ゴジラ被災地? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ライダー系 (プールの人)
2017-05-06 21:18:38
坂上熊太郎(仮名)は改造人間である。

悪の秘密結社〇ョッカーと日夜たたかっている。

実は
彼は桜をモチーフにした改造人間なので
その特殊体質を用いた副業をもっている。

彼は
体内で「クマリン」を合成して分泌させることができる。
クマリンは灯油から違法密造軽油を作るのを防ぐ物質なのだ!

ちなみに
体内で合成できる体質であるだけでなく
クマリンを
体内にドバドバ吸収もできちゃったりする。

ああ、、、なんてマッチポンプな体質、、、

おかげで
違法密造軽油に関連した
「防ぐ側」と「作る側」の両方から利益を得ることができる。

潤沢な資金により世界は守られているのだなぁ~~~
身を護るための毒やねん (クマリンの人)
2017-05-06 21:38:58
 そうそう、A重油や灯油にクマリンを入れて経由に混ぜたらわかるようにしてるねん。

 以前、冬季に使う不凍経由に入れている灯油と市販されている灯油の違いは何かと聞いたらクマリンのことを教えられた。
 ちなみに市販の灯油には揮発油税も経由税も入っていないけど、不凍経由に入っているクマリン抜き灯油には経由税がかかっているそうです。

 クマリンはバニラに似た匂いがするらしいけど、バニラに含まれるバニリンも実は毒。
 カフェインもタンニンも植物が身を護るための毒。トマトのトマピンも名前は界隈いけど実際は毒。
 ユウコリン、ミポリン、危ないですなぁ。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。