のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

酔っぱらいに厳しく

2017年11月20日 | 日記・エッセイ・コラム

 沖縄の米国海兵隊酒気帯び事故で、日本にいる全ての海兵隊員は禁酒、夜の外出禁止になったようです。

 近年、たばこでヒステリックになる風潮ですが、アルコール類に関しては何故神経質にならないのだろう?どちらが人の命を奪ってきたか?と言えば答えは明確だと思う。

 受動喫煙より、酔っぱらい野放しの方がよほど危険性が高い。

 酔っ払っていたからわからない。セクハラ議員が言い訳にしていましたが、こうしたチャンスに酔っぱらい事件に関する罰則を厳しくする法案を自ら提案すればいいのに。

 ビール瓶で人を殴っても酔っ払っていれば許されるなんて風潮は残してはいけない。

 忘年会はチョコレートパフェで。

 韓国報道なのであてにはならないけれど、金ちゃん国は年内に弾道弾ミサイルをぶっ放すようです。

 今回のAPECで南シナ海問題について米国が言及しなかったのは、米国製品大量お買い上げの中国におもねったと言うメディアの言い分がありますが、東南アジア諸国は金ちゃん国と貿易や労働者受け入れなどをして支えていたので、厳しい対応になったようです。

 金ちゃん国がテロ国家なら、テロ支援国家に拡大解釈できますね。テロ支援国家に認定されると、国際金融機関出入り禁止などの特典があるようです。

 昭和の終わりころ、暴力団が暴走族のバックについて暴れさせていたことがありましたが、金ちゃんは暴走族ってことかな?

 暴力団の親分さんはアフリカにも企業舎弟作って、ジンバブエなんか独裁者に対して軍事クーデターが起きたにもかかわらず、軍と独裁者が握手なんて事態になっています。習ちゃんが背後に控えていれば民主化の方が敵ですからね。

 国連が機能しなくなったこともありますが、民主化と独裁の争いが起きるのかな?

 昨年の今頃の韓国を見ていると、国民の成熟していない所に民主化はなじまないので、独裁も一理ある思いもしますが、未成熟な人民を外に出さないほうが世のためです。

 雪が降ってきました。

 村のおじさんたちは雪のないところに出稼ぎに行こうかと話しています。

 世の平和のためにも、何やらかすかわからない村のおじさんたちが外に出ないよう、寒村に産業を。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防衛せねば | トップ | 唐揚げの日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事