のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

言うべきは言い、反省すべきは反省す

2017年06月16日 | 日記・エッセイ・コラム

 産経新聞のニュースによると、ジュネーブの国連人権理事会で沖縄の山城博治被告とか言う活動家のおじさんが演説をするために出向きましたが、「左翼は半日活動に国連を利用している」とカウンターパンチの演説を我那覇真子さんがやったようです。

 我那覇さん、山城被告ともに90秒のスピーチの時間を与えられたようですが、刑事被告人が国外に出て国連でスピーチする権限を与えられる国のどこに「人権蹂躙」があるのだべか?沖縄で人権蹂躙が行われていると取り上げた国連職員の誰もが現地を見に来ていない。こうした事実がだんだん浮き彫りになってきました。

 昨年の今頃、同じくジュネーブの国連人権理事会でヅラ頭の翁長さんの嘘を暴くカウンターパンチの演説を沖縄在住の方々がやってきたのですが、カツラをかぶっていることまでは暴露しなかったようです。

 友人のお嬢さんが加わっていたこのメンバーが帰国後、お江戸にお出迎えに行ったのが昨年の6月24日。この時、我那覇真子さんと電話でちょっとお話しできました。活舌の良いはっきりした喋り方をする人でしたが、沖縄イントネーションの強い標準語でした。

 向うには金ちゃんや習ちゃんや文ちゃん達から資金が出ているロビーストが暗躍しているので、テロリスト側の言い分を「虐げられた人たち」として取り上げるのでしょうが、国連側も現場をしっかり足で歩いていないと言うことですね。

 我那覇さんは今年の3月には前橋にも来ています。

 百田尚樹さんの新作「今こそ、韓国に謝ろう」を本屋に予約しておいたのですが、昨日、本屋から入荷したと連絡があったので受け取りに行ってきました。

 まだ全部読んでいませんが、日韓併合では日本は朝鮮半島に随分ひどいことをしてしまったんですね。その一つは学校。1905年には40校しかなかった小学校を、併合後の1943年までに4271校も小学校を作ってしまいました。他に中学校や高等学校女学校そして帝国大学まで作ってしまいました。これは子供たちにとっては自由を奪う人権蹂躙です。今日の学歴社会と過酷な受験競争も根はここになるようです。

 日朝併合時には一面はげ山だった朝鮮半島の山に植林を持ち込んだのも日本人です。殺伐とした景観を壊してしまったんですね。今、韓国では日本支配下に植林された雪岳山(ソラク山)のカラマツを全伐しているそうです。雪岳山は私も登ったことがある1708mの山ですが韓国の半島では一番高い山です。ちなみに韓国最高峰は済州島の漢拏山(ハルラサン)1950m。ここも登ったことがあります。

 雪岳山は岩峰むき出しの山で、木なんか生えていたっけ?と憶えがないのですが、山麓には林がありました。

 日帝支配から脱却するために、元のはげ山に戻すんでしょうね。はげ山にははげ山の味がある。

 日韓併合時には文盲率90%を誇っていた朝鮮半島に学校作って、劣等文字と呼ばれるハングル文字を復活させて教えたのも日本人です。

 荒涼とした畑に灌漑技術や農業土木を持ち込み田畑を整備して、伝統的な景観を破壊し、収穫量が二倍になってしまったために人口が増えてしまう余計なことをしてしまったのも日本です。

 ウンコだらけの首都に衛生を持ち込み、おっぱい丸出しを「恥ずかしいから」と日本人の感覚を押し付けて禁止にしたり、コリアン文化をことごとく破壊してきたんですね。

 小さな親切大きなお世話なんですねぇ。

 日本人は反省が得意ですから、しっかり反省して二度と同じ過ちを繰り返さないよう、「関わらない」ことを心がけましょう。

 まだ6月30日まで半月ほどありますが、その頃には重版出来で2版になっているのではなかろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛歩よりもマンボ | トップ | 資格講習会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。