のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

めでたしめでたし

2016年12月28日 | 日記・エッセイ・コラム

 夜9時半ごろ、温泉の帰りに昨日付いた餅を届けに近所の家に顔を出したら、テレビから「強い揺れに注意」の警報が流れました。このところ東北のみならず山陰地方や九州などナマズ様の活動範囲が広いので、「どこかな?」なんて言ってる間にこちらにも揺れが伝わってきました。警報から5-6秒です。こちらは震度3くらいでした。震源は茨木県北部で震度6弱。

 今日は一日冷え込みました。プチ風吹の一日でした。

 雪が少ないとオロオロし、寒くなったらブルブルし、地震が来たらグラグラする。人間様と威張ってみても、人の営みって小さなもんです。

 今日立ち寄った家。私が幼少の頃は年の瀬になると富山の薬売りが民泊して、村のあちこちに出かける拠点になっていた家で、薬売りが来ると紙風船やゴムの風船などをよくもらいました。大事に取っておけば今頃「なんでも鑑定団」に出せたかもしれません。

 年の瀬に来ては一年間使った置き薬を清算して新しい薬を置いていく。農家もコメなど農産物を売って懐に余裕がある時期だからよかったのでしょう。薬売りは色とりどりの油紙を置いて行って、女性たちが冬の内職で紙風船を作りました。

 こんな時代を覚えているのは私たちが最後の世代でしょう。

 富山の薬売りが紙風船ではなくケロリンの桶を置いていくようになって「日本も豊かになったんだな」と年配の人たちは思ったそうです。

 あの時代、木製の「桶」とアルミ製の「洗面器」が定番で、プラスチック製の製品は強度が弱くてすぐに割れてしまいました。プラスチックなのに割れないケロリンの桶は画期的で重宝しました。ケロリンが薬の名前だったことを知ったのは随分大人になってからでした。

 こんな寒い最中、安倍総理はハワイに行っていたんですね。ハワイの讃岐うどん、おいしいのだろうか?

 この夏オバマさんが広島に来て、今は安倍さんが真珠湾を訪問している。ヨーロッパでは近年の戦後のマナーになりつつある「ドレスデン型和解」ってやつですね。ヨーロッパほど戦乱に明け暮れたわけではないが、残念ながらアジアはまだそこまで民度が高くありません。どこぞの大陸や半島には千年先にも無理な話でしょう。

 ラジオでは演説の中身がどうのこう言ってましたが、そんなの何を言ったって揚げ足取りする連中がいるのだからとるに足らないことですが、重要なのは誰も聞いていない演説の中身なんかではなく一歩を踏み出しをしたことそのもの。小さな一歩だが大きな一歩です。これでオバマさんも思い残すことなく大みそかは紅白見てから鐘つきに行けることでしょう。

 めでたしめでたし。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もあと少し | トップ | そこそこ楽しんでます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
移動速度 (最後の戦いに備える人)
2016-12-29 21:56:14
本当に寒かったですね。

昨日の地震速報、東京では
テレビで警報鳴る→息子がのそのそと部屋から出てくる→とりあえずテーブルの下に息子を押し込む→あれ?揺れてる?
ぐらいは時間がありました。多分20秒くらいあったと思います。
距離ですねー。
今夜は雪です (湯上りの人)
2016-12-29 22:31:45
 昨日の地震は東日本大震災の「余震」なんだとか。まだ収束していないんですね。
 お天気奉行所の発表では、今年震度5弱以上の地震は32回あったそうです。

 地震の前に共同浴場で温泉に浸かっていましたが、「今日はいつもよりお湯が熱いな。」などと話してました。外が寒いから熱く感じることもありますが、出てくるお湯がいつもより熱かった。

 地震でフライヤーの油が飛び散らぬよう警戒しつつ、帰宅難問にならぬよう雪にも備えましょう!
 ホント、損正義ですね。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。