のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

牛歩よりもマンボ

2017年06月15日 | 日記・エッセイ・コラム

 ♪レッツ キッス ほほ寄せて レッツ キッス 目を閉じて ♪

 永六輔の歌詞で坂本九が唄って「ジェンカ」が日本中に広まったのが昭和42-3年だったかな。小学校の運動会のダンスで使われたこともありました。この界隈ではお年寄りが健康のために今でも踊ってます。

 実はこの歌はフィンランドの曲だったんですね。そういえばあの時代のフォークダンスと言えば、ソビエト歌謡のコロブチカ、イスラエルのマイムマイム、アメリカのオクラホマミキサーなんかが定番でした。

 例によって例のごとく国会では牛歩戦術が炸裂したみたいですが、テロ党準備罪可決はすでに決まっていたので途中で打ち切られてしまったようです。牛歩って牛に失礼ですよ。連中放っておけば人間より早く歩きます。餌の時間になると走り寄ってくる速さと来たら人間業ではありません。

 投票送らせて妨害しようってのなら、どうせ笑いものになるのならちょいと小粋にジェンカで一列になってステップ踏んでいれば、「明るくっていいんじゃない!」と国民の不評を買わなかったと思う、日ごろ歩いて足腰鍛えていないから3曲分も踊れば体力尽きてさっさと投票すると思うけど。

ジェンカ

 プロ市民の皆さんが「共謀罪可決で市民運動が委縮する」とわめいていますが、自分たちがテロ行為をしようとしているからですかね?普通に市民運動している分には全然問題ないと思うし、一般民衆としたら静かになってよいと思うけど。

 安保条約改正の時には「徴兵制復活」と騒いでいましたが、だれか徴兵されたのかな?それよりこちらでは高齢化で消防団員が少なくなったもんで、消防団退役した人たちが予備消防団員で手伝わなければならない。消防なんてプロの消防署と民間ボランティアの消防団では天と地ほどの技術の差があるけれど、災害時には頭数でしょ。

 そういえば特定秘密保護法案なんてのもあって「言論の自由が奪われる」なんて騒いでいたけど、どうなの?言論の自由がなくなった?前川元事務次官がこの法律で裁かれた?それより、一橋大学で百田尚樹講演会を妨害した連中のほうが言論弾圧やっていない?差別主義者じゃないの?

 何の法律改正か忘れちまいましたけど、漁師が刃物持っているだけで逮捕されるなんて騒いだこともありましたね。刃渡り5.5cmだったかな?私の軽トラなんか刃渡り21cmの鉈や、鎌や、チェーンソーや刈り払い機積んで歩いているけど、逮捕なんかされてませんよ。チェーンソーなんか大きいものでは90cmのバーつけているけど。

 連合赤軍のアジト事件ではないけれど、真冬にロープです巻きにして外に放り出しておけばロープだけだって殺人は成り立つのですから、道具は所詮道具でしかない。

 さて、この法律が通過したら日本から出ると言った小西議員は何処に亡命するんでしょうね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国会深夜営業みたいです | トップ | 言うべきは言い、反省すべき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。