のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

難民乗っ取りテクニック

2017年03月07日 | 日記・エッセイ・コラム

 金ちゃん半島またまたきな臭くなってきましたね。

 昨日のミサイルは私の村ではなく米軍をねらって撃ったらしいのですが、あの方角だと三沢の米軍基地?ちょっと方角がずれているような気もするけど。沖縄の米軍狙ったら軍事演習やっている米国軍の頭上を飛ぶからさすがにできなかったんでしょう。

 果報は寝て待てと言いたいところですが、ミサイル墜落予定日になっているセイちゃんの畑ではこの夏もキュウリを作ることになりそうです。が、明日か明後日頃群馬から新潟に向かうオスプレーが村の上空を飛ぶことになっていることになっているので、家の新築をしたがっているマーちゃん親子ほか十数件が「目印に鯉のぼりでもたてるか!」と期待しています。

 ニーハオ全人代もまともな頭を持っている李克強は目が死んでまったくやる気がございません状態で、お馬鹿な習ちゃんこと習チーピンは習ピンチの状態なんだけど全然気にしないで天真爛漫。えらいざまになっているので金ちゃんも暴れまくっているのでしょう。

 サラエボでオーストリーの皇太子が殺されたことから第一次世界大戦が勃発したと学校で習いましたが、クアラルンプールで北朝鮮の王族が暗殺されたことから第三次世界大戦が・・・なんて歴史が生まれるのだろうか?そんで、殺された王族があの顔と体型では、あまりにも惨めだ。

 私の身の回りにも難民問題が勃発していました。

 怠惰な秋田犬のアキタ君の家に年明けから白いネコが棲みついています。

 てっきり、ネコも飼いだしたのか?と思っていたら、昨年末ごろから姿を見せ始めていつの間にかいついたようです。最初はアキタ君の餌を食べて、犬小屋で一緒に寝泊まりしていたようですが、黙って様子を見ていたらいつの間にか家の中に上がり込むようになり、こたつを占拠し、家主の布団に潜り込み、2-3日前から縁側のサッシの引き戸の開け方を覚えたようです。

 このネコが両前足で引き戸を開ける時の姿が、旅館の仲居さんが正座して両手で襖を開ける時の作法にのっとったお行儀のよい開け方なので、お茶やお花もたしなむのだろうか?と作法に疎い田舎者は感心してしまいます。

 今日伺っていたら、夕飯が近くなって外から戻ってきたこの名もなき野良猫が、サッシの引き戸を開けてこたつの中に一直線で潜り込みました。当然、引き戸は明けたままで閉めたりはしません。閉めるのは人間です。

 あまりにも鮮やかな難民居座りテクニック。家族のなりすまし。偽装難民の工作員ではあるまいか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイルもオスプレーも来な... | トップ | 事大主義の時代の遺物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。