のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

有識者会議に出席して

2017年02月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 夜、村の有識者がイノシシ鍋をつつきながら今後の日本の行く末について論議しました。

 金ちゃん半島ドンパチ発生の時にビジネスチャンスが来る!と希望は持っていてもこんな村で何ができるのだろう?太平洋戦争の時は炭や材木の需要があったが、近代戦では金属中心なので材木が売れるわけでもない。ちなみに、当時の軍艦の甲板には私の村のブナが大量に使わたらしい。

 戦争が起きて儲かるのはフォークシンガーだと言われていたのに、あれはベトナム戦争の時だけの特需だった。アフガン戦争で長渕が反戦を謳っても誰も見向きもしないどころか馬鹿にされた。

 東京大空襲でもない限り寒村のままではないか?と、時代から取り残されていることを再確認したに過ぎない結果となった。

 それよりも、金ちゃん半島で動乱が起きたら?と言いつつも、動乱が起きて欲しいと言ったニュアンスに話が進むので、「嫌われちゃなんねぇな」と思いました。

 去る土日はちょっと頭のおかしいおばちゃん達がやってきたようで、雪かきが環境破壊だとのたまってお帰りになったようです。雪かきの何が環境破壊なのか?相手にしなかったので聞いていなかったそうですが、環境問題を超え高々に叫ぶ人たちって神様のお告げでもあるんだろうか?

 縄文の時代からそこそこ折り合いをつけているからこの土地で生きていられるんですけど。

 このイノシシ鍋食べながらの有識者会議に、シンスゴばあさんが騒いで「ニュース女子」を知ったおかげで出会ったDHCのビールを持って行ったのですが好評でした。

 DHCってどういう意味だ?と聞かれたので「大学翻訳センター」の頭文字だよと言うとみな驚いていました。私が学生の頃、海外の論文なんかを翻訳してくれる企業があり企業名が変わるのもリアルタイムで知っていましたが、「KSK(結婚してください)」と同じ理論で名前を付けているわけですね。 

 「NHK(農協変な組合)」「NTT(農業とうちゃん倒産)」「JIS(潤一酒乱)」「JR(潤一乱心)」「JA(潤一暴れる)」「JT(潤一倒れる)」ローマ字表記の企業名をいろいろ解読しました。潤一ちゃんが言うには「おらぁ酒癖が悪いだけで酒乱じゃねぇぞ。そこまでひどくはない。」と弁明していましたが、そこまでとは言わないまでも「ひどい」ことは自ら認めているらしい。

 混迷する大陸・半島問題。とうに破たんしている寒村から見れば、この先破たんが待っているだけまだ恵まれているわけで甘やかす必要などない。が会議の途中経過。

 「今度は鹿鍋をつつきながらEUとNATOについて有識者会議をするべぇや。」

 またDHCビール注文せねばなるまい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心太より心細い | トップ | 太陽光発電で死の山を作ろう! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
持つ (プールの人)
2017-02-24 12:56:58
月曜日
壇ノ浦で待機していたら
「そのまま戻って下さいませ~!」の指示が入る。

木曜日
なんで?
同型品が燃えました~!

年に一度あるかないかの「物件」が{わい」に当たる。
わいは…持っているかも…

たぶん
初代の金ちゃんは持っていた。
3代目は知らんけど…

持っていても…活かさないと…意味がないのだな~(しみじみ)
ゼウスの妨害 (悪運持ってる人)
2017-02-24 18:42:07
 疫病神主催の強烈な運を持っているということですな。
 悪い運なら自信がありまっス!

 運は持っているだけではただそれだけ。大いに使っているうちにええこともおますやろ。

 宝くじだって買わなければ当たらない。運だって当たって見なけりゃわかららない。
 人間万事塞翁が丙午!

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事