nosokoのうまうまグルメ日記

・・・すっかり旅行ブログになってしまったけど・・・
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮城・山形県共同浴場の旅 NO.10 ~赤湯温泉~

2007-05-16 | 国内旅行(東日本)

2007年5月5日 時々


出羽三山で参拝をした後は、「道の駅 にしかわ」 で休憩。
ここは国道112号沿い、山形自動車道西川ICと月山ICの中間にあります。
手作りのお団子(ゴマ味)がとっても美味しかったですョ オススメ

****道の駅 にしかわ****
山形県西村山郡西川町大字水沢2304



国道112号を東へ走り、国道287号を右折して南下。
りんご温泉で有名な朝日町に美味しそうなお蕎麦屋を発見
今日のお昼はここに決定っ

(手前が寒晒しそば)
ざるそば(750円)と寒晒しそば(850円)を注文。
この「寒晒しそば」とは、秋に収穫した新そばを寒の時期に冷たい水に漬け込み、乾燥させたお蕎麦のこと。冬の寒さでそばのあくが取れ、甘みが強くなるといわれています。
少し待って、寒晒しそばが運ばれて来ました
普通のおそばと比べると確かにほのかに甘みを感じました
お蕎麦の風味がちゃんとして美味しかったです

***そば屋 亀次郎
***
山形県西村山郡朝日町大字和合2737-4 TEL:(0237)67-3333
営業時間 11:00~15:00    
定休日   月曜日



国道287号を更に南下。
山形県で最大級の面積を誇る散居集落が、飯豊町にあるということで、行ってみることにしました
飯豊町に着いたのは良いのですが、展望台がどこにあるかさっぱり分かりません・・・・
自分達の持っている地図には天養寺観音堂に展望マークがついていたので、そこに行ってみました。
車が6台くらい停まれる駐車場もあるし、お寺は高台にあるようなので、期待に胸を膨らまし登ってみました

で、見えた風景はこんな感じ・・・・
近くにゆり公園もあったので、そちらにも行ってみましたが、閉園中で入れず・・・
少し門が開いていたので、こっそり高台を登ってみたのですが、これという景色に出会えず、もういいっかあという気分になってしまい観光は諦めてしまいました。
後日、飯豊町のHPを見ましたが、詳しい地図が掲載されていなく、展望台がどこにあるかやっぱり分からなかったです (地図を作ってくださいっ


最後の共同浴場は、南陽市にある赤湯温泉にしました。
赤湯温泉の共同浴場は5箇所もありました。
どこも賑わっていて、なかなか車を停められませんでした。
ぐるぐる街をまわり、車を停められた「とわの湯」に決定っ
大きな窓があって明るくて湯船も大きい浴場でした。
お湯は調節してあって、共同浴場にしてはぬるめだったと思います。
地元の親子やおばあちゃんがお湯に入っていて、なんだかゆっくりとした時間が過ぎてゆく感じです。
最後に良いお風呂に入れたなあと思いました 
持ち込みでドライヤー使用OKだったのでが、使用できるワット数があまりにも低くて使うことが出来ず・・・・

****赤湯温泉 とわの湯****
山形県南陽市赤湯
入浴料 100円 6:30~21:30 定休日 月曜日
男女別(内湯1) シャンプー、石鹸 無し
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
効果 神経痛、糖尿病、貧血など・・・



そして、夜中少し仮眠しつつ、帰りの途に着きました。。
3日間の国内旅行でしたが、今回の旅はかなり充実していたなと思います。
沢山お風呂にも入れたし、観光も出来たし、美味しいお蕎麦屋にも出会えました
久々にリフレッシュできたな~~  
山形は美肌の湯がけっこう多かったので、女性には嬉しい限りですよん



しかし、、こんなにブログUPするのが遅くて、本当に情けない・・・
もう6月末なんですけど・・・・
来月からはもう少し頑張ってUPしていかないと・・・





 ←クリックしていただけると、励みになります☆

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィークエンド(レモン風味... | トップ | 宮城・山形県共同浴場の旅 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。