のしてんてん ハッピーアート

複雑な心模様も
静かに安らいで眺めてみれば
シンプルなエネルギーの流れだと分かる

5次元宇宙に生きる

2014-08-30 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

いつやるの「今でしょう」

今だこの言葉がはやっている。

私なら

いつ生きるの「今でしょう」となる。

濃厚な瞬間を生きる。

5次元はそのための哲学だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-28 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

雨の音がしていて、

秋めいた気温があって、

PCの前に座っている。

5時間前に目が覚めて浜に行くとき、ぽつりとしずくがかかったので傘を持った。

それが草引きの途中から雨脚が強くなって傘が役に立たずずぶ濡れになって帰ってきたのが2時間前。

濡れたものを脱ぎ捨てて、昨夜の残り湯に浸かったらびっくりするくらい暖かい。ひと肌ぐらいに冷めた湯が、私の冷えた体の温度を教えてくれた。

なんとなくさっぱりして、朝食を食い、PCに向って聴く雨音が

私の体と海と石と草の根が一つになって座っているのに気付かせてくれる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-26 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

繰り返しやってくる苦悩、もしくは鬱の重い空気感。

思えば、この空気感に心が左右されていた。

心の根っこに、このどうしようもない根っこがある。

「いい人」

それが元凶だと今はわかる。

つくられた人格だ。

明日に生きるために、過去に名を残すために、社会の中で作り上げた人格という縄に縛られ続ける。これが4次元に生きる私の正体だ。

そこから成長しなければならない。

5次元の意識はそれを可能にする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-21 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

早朝の草引きでのこと、

いつも引く左手の肘の調子が悪くて、左右の手の役割を交換した。

それで思わぬ発見をしたのでここで少し。

右手での草引きはたどたどしい。いつもやっている草の中心をしっかりつかむということが出来ないのだ。草を握っても体と心がばらばらという感じで、なかなかうまく引けない。

仕方なく左に代えたとたん、私はびっくりした。いつもは当たり前で気付かなかったのだが、左手の親指と人差し指が瞬間的に草の芯をつかんでいる。まだ朝の光が届いてこない浜なので、地面を撫ぜながら草を探る。右手ではどんよりしていた感覚が、左手に代えた途端、手の感触を介して地面の様子と体の動きがはっきりと感じとられるのだ。

絵を描くのもこういうことがあるのかもしれない。

私はそう思ったので、何度も左右の手を交代してその違いを確認してみた。

間違いなく、正しいことは全身の感覚をクリアーにしてくれる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-16 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

瞬間に生きるあなたはすべてから自由になる。

あなたは生まれたときから、今このとき、この瞬間に生きてきた。

そしてこれからもそうだし、それ以外にはありえない。

ただあなたはそれを知らないだけだ。

この瞬間を生きていることに気付かないまま、夢を見ている。

あなたが事実と思っていることは、時間の概念が作り上げた夢なのだ。

瞬間に目覚めたら、夢から覚める。

苦悩という悪夢から、あなたは必ず解放される。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-15 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

今、どうにもならない苦悩を抱えている人は幸いだ。

どんな苦悩の中でも、今この瞬間を見れば、あなたは生ていることを実感出来る。

苦悩を否定せず、かかわらないでこの一瞬を経験してごらん。

あなたの体は生きてる。呼吸が海の波のように繰り返されている。

誰に頼まれもしないのに、この瞬間も次の瞬間も生き続けている。

何も考えず、ただあなたのその呼吸の中に入っていってごらんなさい。

あなたはあなたの命に巡り合う。

何かあるたびに、この命に立ち返って癒しを受けていれば、

あなたは自然に5次元の生き方が理解できるようになる。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-11 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

思い

観る

観る

思い

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-06 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

ものはみな空間に浮かんでいる。

地上で生活する私たちの視野では非常識に思えるこの真実も、

宇宙に飛び出した者の眼から見れば一目瞭然だ。

宇宙から地球を見て、見方がが変わったという宇宙飛行士の言葉は、5次元につながっていく意識の開花だと思える。

私たちの常識も少しずつその事実を受け入れ始めている。人は今、4次元から5次元に、意識を進化させている途上ではないだろうか。

ものが浮かんでいるのは、宇宙空間ばかりではない。

地球にへばりつけられたように見える、私たちのこの身体にも空間は広がり、原子や素粒子がその中に浮かんでいるのだ。

その世界をトータルに眺め、理解する能力。それが5次元ということなのだ。

スケールの概念で空間に浮かぶものの姿を見ると、素粒子が浮かぶ空間が一つのかたまりをつくって私となり、地球の浮かぶ空間が一つのかたまりをつくって神人の体を創っている。

私たちはただ一つの空間を共有して存在している。

5次元から見る世界は、4次元の世界をはるかに凌駕した広い世界であり、その見える姿は、一人の例外もなく神として存在しているのだ。

あなたは神だ。そして私も神だ。

5次元の世界は、それが常識となるだろう。

神の名のもとに迫害、殺人を繰り返すばかげた行為などは

5次元では笑い話になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-05 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

原子はこの世のすべての物質をつくるもっとも小さな単位だと教えられた。

その原子は、さらに小さな素粒子が集まってできていると言うのも、現在科学の常識らしい。

私たちの体も脳も、花も海も、地球も銀河も、すべて原子が集まってできているのだ。

世界のもっとも単純なイメージは、無限に広がる空間に無数の素粒子が浮かんでいるという構図になるだろう。

物質はすべて空間に浮かんでいる。

この理解は真実なのだ。

そんな馬鹿なと思う私たちの常識、その常識の思い込みを見抜いたとき、5次元思考を理解することが出来る。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-02 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

久しぶりに雨が降っている。

5次元の世界を意識して耳を澄ませると

雨音が私自身だと思えてくる。

リズミカルな雨だれの音が私の中心にやってきて

今このときに生きている私と巡り会う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5次元宇宙に生きる

2014-08-01 | 5次元宇宙に生きる(一人旅通信)

心が妙に曇ってる。

こんな時は意識を深めるチャンスだ。

曇った心に瞑想すればいい。

心のどこかに時間の概念が潜んでいるはずだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加