のしてんてん ハッピーアート

複雑な心模様も
静かに安らいで眺めてみれば
シンプルなエネルギーの流れだと分かる

龍の天蓋と飾り結びに思う (3)

2017-08-01 | 5次元宇宙に生きる(神)

龍の天蓋と飾り結びに想う 

龍の天蓋と飾り結びに想う(2)

の続編です

 

飾り結びが人間と宇宙の関係を表現する素晴らしいモデルだということは前回までの記事に書きました。

 

その中で、もっとも注目出来る構図は、上の図の②組織⇒ ③ヒト⇒ ④気付きの 三つの円相とそのつながりです。

②と④の円相はそれぞれ青とピンクで色分けしていますが、その円相を目で追って頂きますとひもが7か所で交わっています。それを私は7画の円相と呼んだのですが、この7とは、六芒星(宇宙エネルギーの象徴)と五芒星(人間エネルギーの象徴)を統合する星だと理解できるのです。

そしてこの7画円相の中心に③ヒト(頭脳)の円相が作られているという構図です。中央の黄色い円で、交点を見ると5か所あります。つまり5画=五芒星=人間エネルギーという訳ですね。

 

ところで、私が思い描いていたヒトのモデルは次の図でした。これは5次元宇宙から見た人間の姿なのです。

(のしてんてん系宇宙第三部 意識と苦悩)

この図から説明しますと、人は宇宙意識(宇宙空間)をとりこんで自己意識を作っている。水面に浮かぶ泡のようなものだと考えたのです。

自己意識は、自分の肌に張り巡らせた感覚器を照らし出すことで自分の形を知り、さらに思考の働きを照らし出して認識を膨らませていく。これが人だという訳です。

大事なことは、自己意識は完全に閉じているのではなく、宇宙意識と根のところでつながっており、私たちは自分の中に宇宙意識を宿していると考えられることでした。

そしてこれをより具体的に示してくれるモデルがこの飾り結びだったのです。

②組織(青色)の円相を見てください。この円相は次の③ヒト(頭脳)の円相につながって行きますが、その一画が、青色と黄色で示したように共有されているのが分かりますね。

この部分が、 左図の自己意識と宇宙意識のつながっている部分と重なるわけですが、それは②組織と③ヒトが重なり融合してることを意味しているのですね。

②組織の円相は、素粒子を集合させて組織をつくる。最終には身体をつくり出す訳です。

つまりこの肉体は宇宙に属していると言えるのです。そして肉体の最高峰はいうまでもなく頭脳ですね。

何を言いたいのかと言えば、この②と③の共有した一画は、②の側から頭脳が創られ、その頭脳が働きはじめ思考エネルギーを作り始めることで③に属する一画となる。

つまりこの一画は宇宙エネルギーである肉体とヒトエネルギーである思考が共存する形でつながっているという訳です。

するとヒトとは何かと問われれば、それは思考だと答える明確なモデルと言えるのですね。

私たちは肉体と心を合わせてヒトというように認識していますが、それは宇宙エネルギーとヒトエネルギーの融合体だったわけです。

そう考えれば思いあたりませんか。身体は宇宙に属するという考え方は私を納得させてくれますし、ヒトとは思考であるという思いは、苦悩をみだす根本として納得できるのです。なぜ身体は心の思うまま動かないのか、分かるのです。

つまり肉体と思考という形で宇宙とヒトは融合を果たして存在する。ということです。

 

さらに、③ヒトから④気付きの円相(黄色とピンク)の共有する一画が現れます。

同じような考え方でこれを眺めれば、これは自己意識(黄色)と宇宙意識(ピンク)が相並んで一画を作っていると考えられますね。

 

④気付きの円相に進んでいくためには、この区画を移動する間に自己意識から宇宙意識に飛び移らなければならないことが視覚的にはっきりと見て取ることが出来ます。

この区画を通るとき、自己意識にしがみついたままですと私たちは永遠に自己意識から抜け出せない。ヒトの頭脳が作り出す思考エネルギーが際限なく欲と不安と苦悩を生みだすループから抜け出せないまま生を終えるしかない。それが目で見て分かりますね。③ヒトの円相を無限に回転して一生を終えるという訳です。

 

ここに共有する一画があるということは、宇宙エネルギーとヒトエネルギーが融合して頭脳と思考を生みだし、再び宇宙エネルギーとヒトエネルギーの融合に気付くことで無限循環に陥っていた思考を宇宙に帰すシステムだということがはっきり見てとることが出来るのです。

③ヒトと④気付きの円相が共有する一画は結局次のようなことを示しています。

つまり、どんな出来事もそれは自己的にも宇宙的にも考えることが出来るということです。釈迦の悟りは、このヒトエネルギーから宇宙エネルギーに移りなさいと教えているのだと考えていいでしょう。

 

ヒトエネルギーから宇宙エネルギーに移るということは、吾は物という思い込みから、吾は空なりという気付きを得るということであり、そのことによってヒトは空間の円相を通り宇宙に還る。

自己を明け渡すことで大円相の中をめぐる全宇宙のエネルギーとなることを示していると考えられるのです。

さらに言えば、この共有する一画は、ヒトエネルギーの通り道(自己意識)と宇宙エネルギーの通り道(宇宙意識)の二本の道で出来ています。

その道の思考形態が違っているということです。

ヒトエネルギーの通り道で起こっている思考は、受動態・能動態によって自己確立を目指しています。

一方宇宙エネルギーの通り道に起こる思考は中動態です。中動態の思考方法は古代文明で盛んにおこなわれていた思考方法ですが、近代に入ってほとんど忘れ去られ、受動態・能動態に置き換わったという研究もあるようです。

 

その正否はともかく、このモデルを眺めていますと、今この瞬間に生まれる思考から、古代も現在もない時間を越えた真実に触れている気がするのです。それが中動態の思考方法と言えるのですね。

 

いずれにいたしましても、悟りという言葉がありまね。

その意味を宗教や哲学など様々な形で表現されていますが、その本質を目で見ると、この共有する一画を通りながら達成した人々は、思考形態をうまく乗り換えているということなのではないかと思えるのです。

このように、

この飾り結びには、宇宙に素因を持つ人としての歴史がしっかり象徴されていると思えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筆触法(第九週)形をつかむ | トップ | 筆触法(第十週)実践 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えーと…すみません (むっちゃん)
2017-08-01 19:02:57
どーも、マスター。

お久しぶりです。わからんちんのむっちゃんでございます。

あの。
おっしゃることは、なんとかわからなくもないのですが。
飾り結びへのすさまじい興奮に、読者…お客としては、ややヒキます、すみません。

ふんふんと読み進めてゆく内に、何となーく、そうかもしれないけどさ、強引ってのかこじつけっぽくないか?と言う気がしてきます、私は。あくまでも私は、ですが。

いえ、おっしゃっている内容に文句があるとか、そういうことでは無いのです。

5次元宇宙論をブログで連載され始めた頃の、なんかヤバい方に行ってない?的誤解を招く、危惧が漂う気がしてきます、大きなお世話ですが。

わかる人にはわかる、とっても単純な定理を飾り結びに見つけた、という部分は、わからなくもないのですけど。
あんまり熱く語られると、お客としては逃げたくなります(苦笑)。

炎暑が続いてますし、クリームソーダでもいただけませんか?
☆温故知新探訪☆3 (真鹿子(まかこ))
2017-08-02 03:25:16
のしてんてん様 

おはようございます! 

宇宙エネルギーとヒトエネルギーの融合☆
宇宙エネルギーである肉体と
ヒトエネルギーである思考が
共存する形でつながっている。

同感で^す^


飾り結びは梵我一如結びとも
言えそうですね♪


そもそも私たちは、
宇宙エネルギーである素粒子の集合体
否も応もなく宇宙そのもの
大宇宙と直結一体となっている小宇宙です。


インド、ヒンドゥー教(かってはバラモン教)の
ウパニシャッド哲学、梵我一如の思想は、

宇宙の根本原理、最高実在である梵(ブラフマン)大宇宙と
同一不異一体である私たちは、
大宇宙を奏でる息吹き、宇宙を革新する(アートマン)我小宇宙と
いうことでしょうね。


インドのインダス文明紀元前1500年頃、
アーリア人が移動して来るのですが、
ガンジス川流域を開発、現在のインド文明の
原形を作ったとされています。


そのアーリア人が信仰を通して、
数世紀に渡ってまとめ上げた聖典がヴェーダで、
ウパニシャッド哲学、梵我一如の概念も
ヴェーダの最後に記載されていたそうですが、

もともとアーリア人は、
イラン高原に住んでいた
遊牧民族とされています。

チグリス・ユーフラテス川の
メソポタミア文明の民族☆
梵我一如の思想には、
シュメール影響力
少なからず働いているでしょうね♪

私自身は、梵我一如の宇宙観は、
シュメール力だと確信していますけれど☆

いつも情熱的な記事!

龍魂の籠った記事を
ありがとうございま^す^

今日も素敵な時をお過ごしくださいませね☆
 

感謝一念

まかこ 拝
 

 
むっちゃん様 (のしてんてん)
2017-08-02 08:45:37
まず、クリームソーダ―をどうぞ。チェリーをひとつ載せて置きます^ね^

さて、この暑いさなか、熱い文では確かにたまりませんね。

しかしご安心ください。
これはすべて嘘です。うまくまとまった作り話でしかありません。

モデルというのはそもそもそんなものですから、こじつけそのものなのです^よ^。
むっちゃんがなんか変?と思ったら、それがむっちゃんの真実ですから、そこを見つめてください。

ヤバい方向というのは、私のとらえ方では、ありもしないものを狂信させられる集団ですが、その一番大きな原因は、指導者の言が絶対に正しいと思い込んでしまう心だと思うのです。

その意味でむっちゃんの反応は健全です^よ^

だからこの作り話をそのように意識して読んでいただければと思います。
そしてその中に、一か所でもあなたの真実に触れる文脈があれば儲けものです。

そこから自分発見につながって行けばいい。それが五次元を発信する私の目標です。

重ねて言いますが、
理解しようとして読もうとするのはむっちゃんの優しさだと勝手に思っていますが、そこには読んでたどりつく真実はありません。

出来ましたら、絵を見るように、気楽にお楽しみ下さい^ね^。

最近ソーメンにこってますが、
よかったら小腹の足しにいかがですか?

まかこ様 (のしてんてん)
2017-08-02 09:12:35
梵我一如を体感するということ、
この感覚はおそらく、古代から変わらない感覚なのではないかと思われます。

これはけっして言葉で表現できませんね。
ちっさなマッチ箱に地球を丸ごと詰め込むように不可能なことです。

けれど、体感は丸ごとです。
私の身体がマッチ箱だとしても、このマッチ箱には宇宙が丸ごと入っているのですよね。

この感覚・体感はきっと変わらない。

シュメール人もメソポタミア人も、インダス文明の人々も、同じ体感を持っていて、その感覚を真実として言葉に表して伝えようとしたのではないでしょうか。

つまり言葉は分からないけれど、伝えようとした真実は、今この瞬間の私達の体感の中に今もあるということですよね。

昔、母親がしきりに「むねやけ」と言っていましたが、私にはそれがなんだかよくわかりませんでした。胸が焼けるってどういうこと?

ところが長じて自分が体験して初めて「むねやけ」を理解した覚えがありますが、それと同じようなことなのでしょうね。

温故知新。
ありがとうございます。
では、まずはクリームソーダを (むっちゃん)
2017-08-02 10:56:17
では、まずはクリームソーダをいただきます☺。
毎日暑いですしねぇ。

やっぱり?こじつけですか〰️。
マジメにツッコミ入れる私が野暮ってモンでしょうけど、久々に入れたくなりました(笑)。

何なんでしょうね、マスターご自身は決してヤバい系の人ではないのですが(だってマスターは、自分が感じることから考えて、それを発信しているだけでしょう?あーたもそう感じなさい、と強要はしてません)、ブログは時々、ヤバい系のにおいがするような気が。

お客がひねくれてんでしょうか?
うーん、それは否めない。

文章、というヤツが曲者なのでしょう。

別に、思想や理論、あるいは思いや思い入れ、もしくは思い込みのような暑苦しいモノでなくても、文章というヤツはどーしても頭、理解しようとするスタンスから入る媒体でしょう。

例えば、とある風景の心地よさや恐ろしさ。
ちょっと嬉しいとかホッとするとかの、何気ない気分。
そういう暑苦しくない?表現、もっと言えば詩歌であったとしても、文章や文は、理解から入る気がします、個人的な感覚なのかもしれませんけど。
日本語で書かれている限り、日本語の文法、日本語の語彙に縛られますから。

あー、クリームソーダをいただいたにもかかわらず、私の頭はまだ熱いのでしょうか?

願わくば、絵をながめるように読める、ブログの記事を期待します〰️。

自分の実力では出来んような期待を、気楽にヒトにするな!
はい、スミマセン。

自虐的ノリツッコミで、本日は失礼致します(笑)。
それでも私は信じています! (真鹿子(まかこ))
2017-08-02 13:52:05
のしてんてん様

こんにちは!

なんといわれましても、

私は飾り結び大円相を

真鹿馬鹿力を籠めて

純粋に信じていま^す^!

私も閃いていたことですし、
のしてんてんさんの熱情の籠った記事に
感謝しております。

これからも絵画を描かれますように、
天空海闊☆瞬間開拓自由に♪  
ブログ記事をお書きくださいね☆


21世紀のメッセージ展に向けて
いろいろお忙しくなりますね。
猛暑には御注意を
ご活躍を心よりお祈り申し上げます☆


感謝感激∞8∞まかこ拝
むっちゃん様(文章というヤツ) (のしてんてん)
2017-08-02 23:40:18
「やっぱり?こじつけですか〰️。
マジメにツッコミ入れる私が野暮ってモンでしょうけど、」

むっちゃんの言葉に、ちょっと気になるところがあるので書きますね。

飾り結びの話しはこじつけだと言いましたが、それはまじめにツッコミを入れるような意味、のないものというわけではありません。

自分の感覚と体験を言い表す方法はこじつけと嘘(たとえ話)以外には無いということです。

私がいいたいのは、せっかくのツッコミを野暮で終わらせないで、ツッコみたくなったあなたの心を見つめてほしいのです。

ヤバいと思うのなら、どこがどうヤバいのか、必ずあなたの心の中にその答えがあるはずなのです。

違和感や反発を感じたらチャンス。そこに自分発見の入り口がある。そう考えてみてください。

ところで、人というのは理解の前に感性があると私は思います。

理解がなければ文章や詩が書けない訳ではありませんね。

感性のまま文章を書いていて、それがいつの間にか理解につながる。

そんな方法もあるのです^よ^

私などは、もっぱらその方法でしか絵も文章もかけません。理解したらかく必要もないという気がしますから、よけいそんな方法にかたよってしまいます。

文章は自分を理解するために書いていると考えたら気楽にやっていけるとは、私の体験談ですが、共感していただけないでしょう^か^?

まかこ様(真鹿馬鹿力) (のしてんてん)
2017-08-03 00:06:58
私も真鹿馬鹿力を信じております^よ^

特にまかこさんの宇宙詩は感性が純粋に現れて独特の雰囲気を放出していると直感いたします。

私達は何も知りませんが、それでも確信を持って言える事がありますね。

人智を超えて宇宙は広い。

この広さをどれだけ体感できるか、共有できる部分をすこしでも増やしていきたいです^ね^

まかこの中ののしてんてんであり、
のしてんてんの中のまかこである宇宙。

それは我々の中のみんなであり、
みんなの中の我々であるような梵我一如。

言葉を使えばウソとなる真実の世界を旅してまいりましょう。

東京展も龍で行きます。
しばらく、龍を極めたいと頑張ります^ね^
文章というヤツは (むっちゃん)
2017-08-03 07:29:54
どーも。
お返事コメント、ありがとうございます☺。

書き手のスタンスは感性発、でしょうが、読み手のスタンスは理解(つまり頭)から、という感覚が私にはあるようです。
いやまあ、今回初めてきちんと認識しましたけど。

こじつけにツッコミを入れる、自分の感性は野暮だなあと思いますが、ツッコミそのものは否定する気、ありません(笑)。
だって、気持ち悪いんだもーん。

内容はそうでもないんですけど、そこまで過剰(…と私は感じてしまいます)に例えて熱く語っていらっしゃる、マスターの熱量が怖い。
ほっとけや、なんですけど。

ホント、すみません。
そこを熱く語らなければ北藪和じゃないだろう、ってなもんでしょうが。

怖いものは怖い。

多分これ、文章じゃなくてface to faceの雑談、よもやま話とかそういうのだったら、怖くなかった気もします。

……文章ってヤツは。はあ。

なんか、そんな風に思ってしまいました(笑)。
熱い談義に、漂ってきた”くらげ” (人生の素人)
2017-08-03 18:47:30
 …コメント数を見て、ふわ~んと漂ってきた人生の素人です。気分は”くらげ”です。

 ちなみに申し訳ないことに記事の内容は”10%くらいの理解度”です…すいません。

ただ”モデルを見て、こういった要素を通じて人と世界(宇宙)は繋がっていく”…のかなぁ~と。

 むっちゃん様の真摯な意見、私はこの場ではいいと思います。
 のしてんてん様は”異論を受け入れ高める方”だと思われるので。

 それに自分にとって未知のことを熱弁されたら誰だって、恐ろしさを感じます…そういった未知への恐怖があったからこそ、人間はさまざまの脅威をかいくぐってきたと思うので。

 相手にとっての未知をどう、わかりやすく、理解されるように伝えるか…”教育における究極の問い”…そんな気がします。

 おまけ:天蓋だけを見て…最初に感じたことが”3つ山っぽい雲の形に、下がっている紐=くらげ”だったという…とってもおまぬけなネタです笑 
そうなんですよ、人生さん🎵 (むっちゃん)
2017-08-03 19:50:27
そうなんですよ、人生さん🎵
のしてんてんマスターのブログだからこそ、半ば以上野暮を承知でツッコミを入れさせていただいてます☺。

でなきゃ、いくらナニワの狂犬?でもここまで遠慮なく、言いたい放題書きたい放題なコメント、しません。

気持ち悪いと思った段階で、静かに去りますし。

マスターは決して、異論を認めない石頭ではない、という信頼あってこそのツッコミです(笑)。

その辺の機微、わかっていただいて嬉しく思いました。
☆龍を極める☆ (真鹿子(まかこ))
2017-08-04 06:57:24
のしてんてん様

おはようございます!

真鹿馬鹿力応援♪ 
ありがとうござい^す^

わたくしも、なにも知らないのと同然、
なにも知らないということには 
自信がありますが、


龍を極める!

力強いお言葉に、宇宙龍エネルギー
素粒子龍たちも活気づいています。


私の場合、宇宙龍エネルギー
素粒子龍たちも、龍族と
独自認定させて戴いておりますので、


素粒子龍で構成されている万物すべてが、
宇宙龍エネルギーみなぎる
龍族なのですが、


今、わたくしが直面しております、
貝殻宇宙渦巻くカタツムリ龍、
華麗なる角踊りと
なよやかな軟体曲動の舞♪
カタツムリ舞い舞い舞を
天開しているカタツムリ龍☆


いつの日か、のしてんてん画伯に
カタツムリ龍も絵画表現して頂けましたら
幸いです。どうぞよろしくお願い致しま^す^ 


今日も充実した1日でありますよう
猛暑にご注意、善き日をお過ごしくださいませね☆

 

感謝感激∞8∞まかこ 拝


 
饅頭怖い (のしてんてん)
2017-08-04 08:38:29
むっちゃんの怖いという話、
折師さんにすべて語って頂いたのではないでしょうか。

なんだかお二人で、遠回しに私を持ち上げておられますが、私の方は持ち上げられたこの身がいつ落とされるか、ハラハラドキドキで、それが怖いので^す^よ^

で、落とされる前に言っておきますが、私が異論を受け入れているように見えているのは、正直な話それはそう見えているだけです。

というのも、それを異論と思っていないからです。真摯に自分を見つめ、いのちを体感しようとしている人は、見た目(つまり言葉の表現が違うだけで)それはけっして異論ではないのです。

必死で自分を生きようとしている人は、みな同志ですね。

私にとって異論者とは、テロリズムや人をないがしろにして目的を達成しようとするものたちです。

許せませんし、受け入れることは出来ませんね。

そんなわけで(どんなわけか知りませんが)怖いというのは、その先に進む道があるということ。人間的に成長する空間がそこにあるということ。

だから大事なのは「怖い」は、それを発信する自分の心を見つけてほしいというシグナルなのです。

逃げるだけでは解決しないものがある。だからツッコミは逃げない姿勢で勲章ものですね。

饅頭怖いにも意味があるように、「怖い」の意味を見つけてください。折師さんが触れておられますが、そこには必ず自分だけの意味があるのですから。

私は今度はお茶が怖い
キンキンに冷えたビールはもっと怖い

まかこ様(龍を極める) (のしてんてん)
2017-08-04 08:53:28
6月に入って、急に龍が描けるようになりました。

それから、生まれてくる龍と付き合っているうちに、だんだん分かってくることがあります。

極めた先に何があるのだろう?

それはまだ、はっきりと明言できませんが、なんとなく分かりかけてきたのです。

それはおそらく己の姿ではないのか。と、

しかもそれは、中動態で観た己の姿であって、これはおそらく、宇宙エネルギーから自分エネルギーを観た姿。

つまり、龍が描けるようになったのは、宇宙エネルギーの中に身をおけるようになったのかもしれません。

なったではなく、なりつつあるその道筋にいるような気がしてなりません。

「怖い」ももちろんありますが、進むしかないようです。

蝸牛に出逢える所まで、まだまだ遠いかもしれませんが、応援よろしくお願いします^ね^
☆龍のウロコ☆ (真鹿子(まかこ))
2017-08-04 11:07:29
のしてんてん様

ありがとうございます☆

こちらこそ
よろしくお願いいたしま^す^


龍のウロコですけれど、
ウロコは、

六角調重ねウロコでしょうか
五角調重ねウロコでしょうか


カタツムリ龍もなんだか外皮は
凸凹している感じです。


松ぼっくりにも、
鱗片がありますが、

やはり丸みのある六角調重ねウロコという感じです。
 
けれども、 
星型のウロコでも、
ハート型のウロコでも、
想像(創造)上、  
どのような形のウロコでもいいのでしょうけれど
究極、宇宙の理に適う形に成るのでしょうね


ほんとうに世界は不思議に満ち満ちています♪

興味津々☆楽しみで す (=^ェ^=)

 
まかこ様(ウロコ) (のしてんてん)
2017-08-04 18:30:19
龍はまさに、人の数だけ形があるのでしょうね。

私の場合、
大まかな形は完全に自分の感性から生まれる線で描きます。

細部は様々な龍の姿を見ながら、生まれてくる自分の龍がイメージに漂ってくるのを待ちます。

そのうちに描きたいという気持ちがたかまってきますと、手が動き出します。

鉛筆の先だけに意識を集中して、龍の体感を味わっていますと龍が姿を現すのです。

鱗は最後になります。自然にうねりが生まれ、生々しい血の流れが見えてきますが、その時、鱗に不規則性が生まれるほど生命力がたかまるように思えます。

要するに、鱗には法則性がないというのが私の感性でつかんだ龍の姿です。

一見法則性がありながら、それが破れるところにいのちを感じます。

面白いです^ね^
☆のしてんてん龍☆ (真鹿子(まかこ))
2017-08-05 03:25:19
そうです^ね^

のしてんてん天龍宇宙の
のしてんてん龍動エネルギー
のしてんてん龍動感性から
すべてが誕生しますね☆

お気付きではないかもしれませんが、
のしてんてん画伯はきっと
のしてんてん龍となり、
うねり渦巻き飛翔しながら
のしてんてん龍を描いておられると思います☆

のしてんてん龍動エネルギーを
思い存分発揮!激烈自由奔放に 
のしてんてん天龍を表現なさってくださいね♪

今日もどうぞ精気みなぎる
善き時をお過ごしくださいませ☆

感謝感激∞8∞八方拝で^す^!
おはようございます (のしてんてん)
2017-08-05 08:40:02
いつもありがとうございます。

今日はちょっとハードな一日になりま^す^

自前のペットボトルに水を入れ、糖分を加えていますと、家内が塩も入れたらいいと横から云って来るので生返事をしましたが、そのままめんどくさくなって塩なし。

で、朝往復1時間の草引き後、南海電車で泉大津。そこから往復一時間で、作品の搬入。炎天下を歩きます。

そしてそこから電車移動羽衣でJRに乗り換え鳳駅に行き、ギャラリー訪問。これも徒歩約30分

その後、鳳から天王寺美術館に行き、仲間と会って、たぶん飲み会です。

またとない実験が出来ると思っています。

宇宙エネルギーの側に立って己を見つめながら、一日を過ごしてみるには、なかなかのチャンスです。
熱中症から
自分の身体をいかに守りながら動くか。そこに見えてくるものが楽しみで^す^



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。