のしてんてん ハッピーアート

複雑な心模様も
静かに安らいで眺めてみれば
シンプルなエネルギーの流れだと分かる

ナウイズム 二人展 間﨑学&北籔和 (12)

2017-04-21 | 展覧会

石切の風景 間﨑 学   

 

間﨑さんの絵を一言でいえば、精緻でリアルな風景画。

もちろんこんな言葉だけでは足りませんが、その細部にわたって意識が澄み渡っているのです。

この絵は、前回の二人展で展示した小品。はがき大の作品ですが、

思わずかってしまいました。 

私の所蔵作品です。

 

間﨑さんのナウイズムは、今この時、この場所を愛すること。

本人がじかにそんな話をするわけではありませんが、絵に接すると分かります。

 

石切の中腹に居を構え、その場所の瞬間を絵にしていくのです。

その風景にこだわる姿に不純なものはありません。

風景を描く絵画コンクールで何度も受賞を重ねているのもうなずけます。

 

私の驚く精緻さは、

 この絵を見て頂けば分かります。

125㎝×65㎝、

ご覧になっているPCの画面によっては、実物より大きく表示されているかも分かりませんが、葉っぱの落たケヤキの枝の一本は、髪の毛より細いでしょう。

その枝の形に迷いはありません。

二柄先生の言葉を借りて言えば、心の思いがそのまま線になって現れている。書に近い描写のように思えます。

菜の花もその一輪一輪が見えるようです。

 

一転してこんな絵もあります。

石切から見た大阪平野の夕暮れ 中央は阿倍野ハルカス

光の一点一点を描き分けたような絵を見ていると、自分の心が、温かい粒子となって漂って行く気がします。

 

外の風景を内側に引きこんでいく作品に魅力を感じます。

 

私の作品との対比は、作風の内外に及んで、面白い対話となる

そんな気がいたします。

 

 

 -------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皿洗い つかの間の戯れ | トップ | アートフェスティバル KG+ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵です♪ (雀(から))
2017-04-23 12:20:34
数年前にある美術館で出会った「心が手になって描いた絵ーあるアメリカの作家ですけど名前が出て来ません😅」を思い出しました♪
から様 (のしてんてん)
2017-04-24 08:07:44
「心が手になって描いた絵」

これ、まさにまさに、

わたしが目指している境地なのですよ。

大人のままで子供の世界に入っていく。そこに汲みつくせない大きなものが横たわっている。

そんな気がします。

ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。