安 曇 野 天 然 温 泉 宿   ゲストハウス・ノーサイド  

天然温泉付きの宿を営みながら、田園生活・スローライフを満喫する私達

安曇野の宿から・フードセラピー

2015-03-20 14:06:28 | 日記


*当館が取り組んでいる、フードセラピーについてのご説明です。


1フードセラピーとは
 心と体の健康は脳にとって良質な栄養素を採ることであり、「食は人を創る」との考え方に基づき、魚、肉、野菜などをバランスよく採り、体質に合ったおいしい食事で、心と体を癒すこと。
 マクロビオティックや菜食などの極端に厳格な手法ではなく、良質な調味料への変更など、それぞれの日常生活の中で実行可能なことから改善を試みつつ、体質にあったよりよい食生活へとシフトしていくための試み。

2フードセラピーの効用
 現代の社会生活において、加工食品や外食を全否定することは難しいが、その内容を理解することにより、利用の頻度や方法、食品の選択を考えるようになり、健康を良好に保つことにつながっていく。
 
3フードセラピーの手法
  a) 塩、砂糖、オイルなど良質な調味料を使用する。
例えば、塩は粟國の塩・赤穂の塩、砂糖は黒糖・きび糖・白砂糖、オイルはオリーブオイル、菜の花オイルなどを使い分け、本葛粉、寒天なども利用するなど、見えない部分を大切にする。
 b) 季節的に採るべき適切な素材を選ぶ。
 c) 素材の取り合わせ、食べ合わせを吟味し、体に必要な要素を取り込み、不要な要素の代謝を促進する。
例えば山菜の時期には山菜に合う魚や肉を選び、バターなど、カロリーは高くても風味の良い素材をレモンや茸などと合わせることにより、カロリー吸収を抑える。
 d) 独自に開発した特別な調理法により、野菜や果物は皮や種の旨みも活用するなど、素材の旨みや栄養をすべて生かし、滋養豊かになるよう心掛ける。
 
 
 以上のポリシーに添った料理を、順序も考慮した上でコース料理としてご提供します。
 体にとって心地よい食事を採ることにより、ご自身の体質を見つめ直し、少しでも健康的な生活を送っていただけるよう、ご要望によってフードカウンセリングも行っております。(夏季連休を除く)

 なお、様々な要素により綿密に構成されたコース料理ですので、アレルギー等のご事情で、食材を一部変更する場合は、コース料理として、バランスにやや違和感が残る印象をお持ちになることもございます。ご了承くださいますようお願い申しあげます。

http://youtu.be/th4b69fRjwg

http://www.no-side.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めっきり春らしく!! | トップ | 安曇野の宿から・春のおやつ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みけねこ姫)
2015-03-20 23:42:50
フードセラピーって体に良いですね。みけねこ姫は我ながらひどい食生活と反省するので、自分でもできるフードセラピーを受けたいです。
ぜひどうぞ (nekomaru)
2015-03-21 11:15:44
忙しい人ほど健康には気をつけて欲しいです。
私は「ねばならない」「してはいけない」ではなく、個々の生活に合わせて、無理なくできることから少しずつ変えていくという方針です。
ストレスがたまるような方法は逆効果ですから

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。