お・と・な・の ♡ 発達障碍

ADHDについて色々考える予定です。

舌のしびれ

2017-07-18 06:30:11 | 日記
もう半月ほどでしょうか

舌がヒリヒリします。

それでもって検索。

引用しますと、

(1) 乾燥による痺れ

口内が乾燥することにより、舌が痺れることがあります。運動に夢中になりすぎて終わった後に、口の中に違和感や舌が痺れたような感覚になることがあります。

(2) 薬物の副作用

薬物などによって一時的に、苦みから舌の痺れが出ることなどがあります。

(3) 神経障害

脳の中にある神経などによって、持続的に舌の痺れが続くことがあります。病気の初期症状のこともあります。

(4) 術後後遺症

脳の手術や神経系の手術をして、術後の後遺症として舌の痺れが出ることがあります。

(5) 初期症状

様々な病気の発症サインとして、舌の痺れが出ることがあります。痺れと共に痛みが出ることもあります。


舌がしびれる病気だと

1.舌痛症

主に40〜60歳代の女性に多く見られる原因不明の舌の痛みやしびれを伴う病気です。



2.うつ病

うつによる気分の変化と共に唾液の量も変化することや、抗うつ剤の副作用として口腔乾燥もあることから舌のしびれを引き起こすことがあります。



3.糖尿病

糖尿病の合併症として、舌のしびれが見られることがあります。


4.口内炎

口内炎の中でも、とくにカンジダ性口内炎で舌のしびれが起きやすくなります。抵抗力が落ちた場合などにカンジダ菌が異常繁殖して口の中の粘膜にカンジダ症を発症し、ピリピリしたりしびれる症状を引き起こします。


5.ベーチェット病

ベーチェット病の一症状として口の中にアフタ性口内炎がでます。しかしこの場合はしびれるというよりピリピリ痛む症状の方が強いと考えられます。


6.金属アレルギー

口の中の金属(詰め物、かぶせものなど)のアレルギーで舌がしびれることがあります。


7.舌ガン

舌ガンの症状でしびれを伴うことがあります。見た目はアフタ性口内炎のような潰瘍の形で現れますが、ガンの場合は痛みをそれほど感じず、しびれや違和感として現れることが多いようです。


8.脳梗塞、脳出血、脳腫瘍など

舌がしびれる感じがあって、長く続く場合、脳の病気が原因になっていることがあります。


9.神経麻痺

舌神経麻痺や顔面神経麻痺においては舌のしびれが起こります。


ありましたね、うつ。

精神科の薬は口が乾燥するものが多いので

それでしびれることがある模様。

うつっぽくなると体にこんなサインも出るんですね。

今後の参考にします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の調整 | トップ | サインバルタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL