今日のどーじょー主

『パソコンどーじょー』どーじょー主 安田法晃が、その日感じたことなどを、日刊でお届けします。

Windows Updateを手動更新に

2017年01月19日 | パソコン

Windows Updateを手動更新に変更できるツール。
Windows Update Blocker

「Windows Updateの手動更新」については、過去の記事も参照ください。
2015/2/23 「Windows Updateの設定



Windows10以前だと、コントロールパネルから設定も可能です。
↓Windows7の場合




Windows10の場合は、Pro版は設定できますが、
一般に普及しているHome版では、勝手にUpdateされちゃいます。

パソコンを使いたくても、重くて使い物にならなくなったり、
「電源を切らないでください」状態で、延々と待たされたり。
最悪なのは、「Windows Updateで不具合が発生」という場合です。

もちろん、Updateが遅れれば、リスクが発生します。
「それを考慮してでも、自分でちゃんとコントロールしたいし、コントロールできる」
という場合は、Windows Update Blocker(Wub)を使うと可能になります。

(以下、自己責任で実施してください。)
=====================================


ふつうにダウンロードしようとすると、Windows Defenderにウィルス扱いされちゃいます。
そこでまず、スタート→「設定」→「Windows Defender」項目で、
「リアルタイム保護」をオフにします。



Wubのページで、下のほうにある「Download」ボタンをクリック。
※その他にも、カラフルな「DOWNLOAD」ボタンがあちこちにあります。
すべて(迷惑?)サービスの案内なので、間違えないよう注意。


入手したファイルを解凍してできる「Wub.exe」を実行。
「Disable ~(無効)」を選んで「Apply Now(適用)」を押すと・・・


緑✓マークが、赤×マークに変わります。
これで、Windows Updateの自動実行は停止になっています。




「さて、手動でWindows Updateを実行しよう」となったら・・・
(1)Wub.exeを起動し、「Enable ~(有効)」を選び「Apply Now」。
(2)赤×マークが、緑✓マークになったことを確認。
(3)スタート→「設定」→「Windows Update」で、「更新プログラムのチェック」。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補色残像

2017年01月18日 | パソコン

補色残像現象で、遊んでみました。


写真を、画像処理ソフトで反転。
赤い点を、30秒見つめます。
そして、天井や紙など、白いところに目を向けて、
目をパチパチとまばたき。

↓クリックで拡大します。


まわりを黒にすると、色がわかりやすい。
クマやハートの色は何色か、わかったかな。


パソコンのディスプレイのほうが、わかりやすいのですが、
印刷物でも、残像現象は起きます。
プリンターで印刷する場合は、まわりを塗りつぶしではなく、
濃い目のパターンにしたほうが、きれいに印刷されます。








正解は、こちら↓



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラウザから個人情報が盗まれる

2017年01月17日 | パソコン

ブラウザの自動入力で、個人情報が盗まれるリスクがあるそうです。
その対策について。


データを盗み出す様子を、サンプルページを使って、
GIFアニメーションで説明してくれています。
(↓クリックでツイッター投稿が開きます。)


「名前とメールアドレスを入力して、[登録]や[送信]といったボタンを押すと、
自動入力で関連付けられている住所や電話番号なども、抜き出せる。」
というものです。



おそらく近日中に、ブラウザ側で対策が立てられると思いますが・・・
当面の対策として、次のいずれかで対処しておくといいです。



1.Firefoxを使う
Firefoxは、見えないフォームにまで自動入力しない設計になっているとのこと。
当面、ブラウザはFirefoxを使っておく、という方法です。



2.自動入力機能を停止する
「ブラウザを変えるのは、抵抗がある」という場合、
そのブラウザの自動入力機能を、当面停止しておくと安心です。

Chromeの場合。
右上「Google Chromeの設定」→「設定」で、設定画面を出します。
いちばん下の「詳細設定を表示」をクリック。


下にスクロールしていくと、「パスワードとフォーム」項目が出てきます。
その中の、「ワンクリックでの~自動入力を有効にする」のチェックを外します。


「自動入力設定の管理」をクリックすると、
これまで登録された内容が、一覧で出ます。


各項目にマウスオンすると、編集や削除ができます。
ついでに、不要なものは削除して、整理しておきましょう。

そのパソコンを自分以外の人が使う場合は、
クレジットカード情報は、かならず削除しておいてください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「心霊写真」を作ってみよう

2017年01月16日 | 教材(Word)






ワードには、画像の透過を設定する機能がありません。
そこを工夫して、ワードだけで、背景写真に透過写真を重ねてみます。



テキストのダウンロードは、こちら



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心霊写真

2017年01月15日 | その他

季節外れですが・・・
ワードだけで、心霊写真を作ってみたくなりました。

以前、作ってみたのは、「FotoMix」というソフトを使ったもの。
ワードの場合は、「写真の透過設定」ができません。

そこで、ちょっと工夫。


空き家の写真に、


ムンクの「叫び」をミックスして、


心霊写真のできあがり。


↑の大きさだと、ちょっとわかりにくいですが・・・
クリックして拡大すると、見えてきます。
叫んでいる人が、4人います。


テキストは明日。
(こんなもの、テキストにしていいのか。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランサムウェア対策をテスト

2017年01月14日 | パソコン

ランサムウェア(身代金ウイルス)対策ができているか、
チェックしてくれるソフト。
Ransomware Simulator(RanSim)


10種類の、偽装ランサムウェア感染を実行します。
#もちろん無害ですが、ちょっと怖い。
そのパソコンのセキュリティ・システムがちゃんと対処するか、
確認します。

いま使っているセキュリティ・ソフトが、ちゃんと機能しているか、
チェックしてみましょう。

===============================


RanSimのダウンロードページを、開きます。
「Click Here To Download RanSim」というところをクリック。


入手したファイルを実行して、ふつうにインストールします。
インストール後、ソフトを起動(Launch)。



オレンジ色のバーを、クリック。


偽装感染が、始まります。



途中で、↓のようなメッセージや・・・


↓のように、「0/0」という結果が出ちゃうかも。


これは、パソコンのセキュリティ・システムが、
RanSimの(偽装)不正行為を見逃さず、このソフト自体を隔離しちゃうためです。

セキュリティ・システムに、
「RanSim実行ファイル(Launcher.exe)は、セキュリティ・チェック対象から除外」
と教えてあげてください。
その後、再度、RanSimを実行します。


10個のランサムウェアをちゃんと駆除(隔離)した場合、
赤いほう(防御できていない)が「0/10」、緑(防御できている)が「10/10」になります。


緑が10/10でない場合、ウィンドウの下側に、
防御できた/できなかったランサムウェアの情報が出ます。
セキュリティ・ソフトを取り替えるなど、
セキュリティ・システムを見直したほうがいいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真を絵画風にアレンジ(3)

2017年01月13日 | パソコン

写真や動画を、絵画調に加工してくれるソフト。
Style App


(2)で紹介した「NeuralStyler」の、パソコン版といった感じ。
64bit用のソフトなので、残念ながら32bitOSでは動きません。



===================================


試用版がありますが、
明日1月14日の17時までなら、「Giveaway of the Day」のページで、
無料でライセンス登録できます。


「今すぐダウンロード」をクリックして、ファイルを入手
→解凍します。

「readme.txt」を見ると、「Registration key:」の下に、登録コードがあります。


「setup.exe」を実行して、ソフトをインストール。
起動したら、右上「Buy/Settings」をクリックし、
先ほどの登録コードをコピペして、ライセンス登録を完了します。


「Show watermark」のチェックを外して、右上「Close」。




使い方は、簡単。
1写真や動画をドラッグ&ドロップして、
2希望のスタイルを選んで、
3「Process」をクリック。
※「Use your image colours」にチェックすると、
元写真の色合いが反映されます。



出来上がったら、自然と保存されます。
画面を右クリックすると、保存先フォルダが開きます。

左下「Back」で、やり直しOK。



↓元写真が・・・



↓こんな感じになります。
(いずれも、「Use your image colours」チェックなし)
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんなデザインの印影を作成

2017年01月12日 | パソコン

幅広いデザインの印影を作れるソフト。
eight判


印影を作れるソフト・Webサービスなど、何度か紹介してきました。
「eight判」の特徴は、デザインの自由度。
かなり幅広いデザインが、可能です。

完成したら、画像ファイルで保存できるのはもちろん、
「直接エクセルに貼り付ける」のも可能。

こちらのページに、印影見本があります。
(部分ごとの塗りつぶし色設定方法は、わかりませんでした。)

==================================


Vectorのページからファイルを入手
→解凍してできる「eightban.exe」を、実行します。


簡単なものなら、とくに迷わずに作れます。
あれこれいじってみると、変わったデザインも作れるようになります。

保存方法ですが・・・
1.作った印影を、ファイルとして保存するときは、「EMF出力」。
(EMF形式以外でも、このボタンで保存になります。)
2.クリップボード経由で別ソフトに貼り付けるときは、「クリップボード出力」。
3.「Excel貼付」で、直接エクセルファイルに、画像として挿入されます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイトのモバイル対応テスト

2017年01月11日 | パソコン

Webサイトの、モバイル対応テスト。
Test how mobile-friendly your site is


サイトの状況をテストする、Googleのツール。
モバイル適応性だけでなく、表示スピードもテストします。

==============================


調べたいサイトのURLをコピペして、「TEST NOW」をクリック。



試しにこのブログをテストしたら、なかなかの好評価。
といっても、gooブログの評価で、ボクの力量ではありません。


下にスクロールすると、各項目の解説が表示されます。
#英語ですが。









他にも、試してみましょう。

パソコンどーじょー」サイトを調べたら、さらに好評価。
といっても、ボクの力量ではなく、作ってくれたインストラクターさんの成果ですが。



ボクが作ったサイトで、調べてみました。
フレームを使ったり、HTMLだけで書いていたり、かなり原始的。
そのため、表示スピードは軽快ですが、
モバイル適応性は良くありません。



Yahoo!やAmazonや楽天など、有名どころは、
モバイル適応性は高いですが、情報量が多いせいかスピードは低め。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読み上げ&翻訳のWebサービス

2017年01月10日 | パソコン

読み上げと翻訳を、いっしょにやってくれるWebサービス。
imTranslator


ソフトではなくWebサービスなので、すぐに使えます。
翻訳は、Google翻訳に近いくらい精度が高い。
読み上げは、自然で、違和感がありません。

===============================


「どーじょー通信の文字が小さくて、読みにくい」というお声がありました。
「2倍に拡大印刷する」という手がありますが・・・
「imTranslatorで読み上げさせ」てみました。

↓クリックで拡大します。


読み上げさせたい文章をコピペしたら・・・
「Speak [言語] Speed [読み上げ速度]」を指定して、
「Speak ~」ボタンをクリックします。

ちょっと待つと、下に再生ボタンが表示されるので、クリック。

原文はとんでもない日本語ですが、それでも自然に読んでくれます。
[読み上げ速度]は速めなので、「Slow」がいいかも。
(「波平」は「なみひら」と読んじゃいます。)



次に、翻訳→読み上げを試してみました。
↓クリックで拡大します。


「Translate」にチェックして、
「to [翻訳言語] Speed [読み上げ速度]」を指定して、
「Translate & Speak ~」ボタンをクリック。

さすがに、この日本語で翻訳は厳しいですが、
それでも、「波平」以外はそこそこではないかと。



英語の読み上げをさせると、聞き取り練習になります。
スピード調整できるので、リスニングが苦手でもOK。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加