今日のどーじょー主

『パソコンどーじょー』どーじょー主 安田法晃が、その日感じたことなどを、日刊でお届けします。

Paint.NETでPhotoshopブラシを使う

2016年06月30日 | パソコン

Paint.NETで、Photoshopのブラシを使う方法です。


Paint.NETには、デフォルトでは、カスタムブラシがありません。
お好みの画像を、ブラシとして登録できるようにします。

さらに、ネット上にたくさん公開されている、
Photoshopブラシファイル(abrファイル)を、使えるようにしてみます。

================================


1.カスタムブラシ・プラグインのインストール

「Custom Brushes Mini」というプラグインを入れます。
こちらのページで「Download」をクリックして、ファイルを入手
→解凍すると、いろんなDLLができます。


Effectsフォルダ内の「CustomBrushesMini.dll」を、
Paint.NETの「Effects」フォルダに入れます。
(通常は、Program Files>paint.net>Effects)

Paint.NETを起動。
「効果」メニュー→「Tools」→「CustomBrushesMini...」で、
お好みの画像(透過PNGファイル)を、ブラシとして使えます。



※ブラシ用PNGファイルの保存場所
ドキュメント>paint.netユーザーファイル>Custom Brushes 内に保存します。
「Custom Brushes」フォルダ内に「_◯◯」(最初に半角アンダーバーが必要)フォルダを作って、
その中にPNGファイルを保存すれば、ブラシをカテゴリー分けできます。



2.Photoshopブラシファイルの用意

ブラシファイル(abrファイル)は、
たとえば、DeviantArtサイトで「◯◯ abr」で検索するなどして探します。

今日は、Brusheezyサイトから、こちらのブラシをいただくことにします。


「Free Download」をクリックしてファイルを入手
→解凍すると、「~.abr」ができます。



3.abrファイルのPNG化

abrViewer.NETというソフトを使って、
abrファイルをPNGファイルとして保存します。

こちらのページで、「Download」をクリック
→入手したファイルを解凍。


「abrViewer.NET.exe」が、実行ファイルです。
起動して、「File」メニュー→「Open brush sets」で、
2で用意したabrファイルを開きます。


26枚のブラシ画像が、ありました。

「Export」メニュー→「Thumbnails」で、
「Custom Brushes」フォルダ内に「_植物」というフォルダを作り、
その中に保存してみました。



Paint.NETを再起動し、「効果」メニュー→「Tools」→「CustomBrushesMini...」。
右上で「_植物」カテゴリーを選ぶと、保存したブラシが並びます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Paint.NETプラグインのインストール

2016年06月29日 | パソコン

Paint.NETの、プラグインのインストール。


Paint.NETは、GIMPよりも軽いし使い勝手もいいので、
定番の画像処理ソフトにしていこうかと思います。

フィルターがちょっと寂しいですが、
プラグインでパワーアップする方法です。

==============================


代表的な、「dpyプラグイン」を入れてみます。
こちらのページで、「ダウンロード ~」リンクをクリック。


解凍してできるファイルを、「Effects」フォルダに入れるだけ。

「Effects」フォルダは、通常は、
Program Files>paint.net>Effects
にあります。

各フィルターの紹介は、上記ページの下のほうに出ています。




Paint.NETを起動すると、
「調整」や「効果」メニューに、いろんなフィルターが増えています。

たとえば、「金属化」。


↓こんな感じに。




「AA's アシスタント」は、写真の合成で便利。
↓の男性を切り取って・・・


↓に合成してみます。


ふつうに貼り付けると、どうしても境界が不自然に。
そこで、「AA's アシスタント」で境界をなじませると・・・


違和感がなくなります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Googleのロゴゲーム集

2016年06月28日 | パソコン

Googleの、ロゴゲーム集。

Googleトップページのロゴは、しょっちゅう変わって、
過去の作品は、「Doodleアーカイブ」にまとめられています。
中には、ゲームっぽく遊べるものも。

==============================


アーカイブのトップページで、
「プレイできるゲーム~」の文字をクリック。



そうすると、「遊べるロゴ集」のページになります。
(遊べないものもあります。)


七夕ゲーム


パックマン


ハードル


サッカー




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

patファイルからパターン画像を入手(2)

2016年06月27日 | パソコン

Panit.NETで、Photoshopのpatファイルを開く方法です。


(1)ではGIMPを使いましたが・・・
「Paint.NETでpsdもaiもepsも開けるんだから、patも開けるかも」
と思って調べてみたら、Paint.NETフォーラムにアドインがありました。
(Paint.NETでpsd・ai・epsファイルを開く方法は、こちらを参照してください。)

Paint.NETは、GIMPよりも起動が速いし使いやすく、
初級者には、こちらのほうがオススメ。


patファイルは、ネット上でたくさん公開されていますが・・・
いつものようにDeviantArtから、こちらのファイルを使わせてもらいます。

==================================


1.設定
こちらのページで「PatternFileType.zip」をクリックして、ファイルを入手。


解凍してできた「PatternFileType.dll」を、
Paint.NETの「FileTypes」フォルダに入れます。
(通常は、Program Files>Paint.NET>FileTypes)

これだけ。
あとは、Paint.NETをふつうに起動します。



2.使用

「ファイル」メニュー→「開く」で、ファイルの種類に「pat」が加わっています。
patファイルをドラッグ&ドロップでもOK。

ファイルを開くと、ちゃんとレイヤーができています。



好みの画像のレイヤーだけ表示して、png形式などで保存すれば、
↓ワードなどでも利用できます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性格診断テスト

2016年06月26日 | パソコン

性格診断テスト。
16Personalities


16タイプのいずれか判定して、
その特性・傾向などを解説してくれるサービス。

=============================


心理学的な、詳しい説明もあります。



「テストを受ける」をクリック。


ふつうの性格診断のように、いろいろな質問に答えていきます。
・あまり迷わず、時間をかけずに。
・正直に。
・「どちらでもない」は、なるべく選ばない。


結果判定。
下にスクロールすると、そのタイプの詳しい解説が書いてあります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おてがるリーフレット(2)

2016年06月25日 | 教材(Word)



ワードのテンプレートを使って、
片面印刷で済む3つ折リーフレットを作ってみます。

2~3面を見開きにしました。
また、今回はテンプレートを使わずに、
自分で折りトンボを入れてみます。



テキストのダウンロードは、こちら



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片面三つ折リーフレット

2016年06月24日 | その他

「体験型カフェ」というものを想定して、
片面印刷の三つ折リーフレットを作ってみました。

「そういうお店があっても、いいんじゃないか」と調べてみたら、
やっぱり、あるんですね。


表紙部分。


見開き部分。



テキストは、明日。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

点つなぎゲーム

2016年06月23日 | パソコン

点つなぎゲーム。
play-dot-to-dot-com


初心者の、マウス練習に。
パソコンに慣れている人でも、
高得点は、かなりむずかしい?

==============================


1→2と、マウスをドラッグすると、
ゲームスタート。



時間内に、1から順に、マウスをドラッグしていきます。
クジラっぽい絵が、完成します。


時間内に終わらなくても、何度もリトライできます。


最後に、メダル授与。
金メダルは、出せませんでした (ノд`; )



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンプルな脳トレ・ゲーム

2016年06月22日 | パソコン

シンプルな、脳トレ・ゲーム。
マグナムちゃん


数値の大きい方をクリックするだけ。
かなり古いソフトのようで、作りもシンプルです。
でも、ややこしくなくて、気軽に楽しめます。

初心者の、マウス・トレーニングにも向いていそう。

===============================


Vectorのページからファイルを入手
→解凍してできる「chino.exe」を、実行するだけ。

「スタート」をクリック。



なるべくスピーディに、数値の大きい方をクリックします。



初期設定ハイスコアが、29。
ん~、どうしても抜けない!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

画像を自動リサイズしてくれるソフト

2016年06月21日 | パソコン

ブラウザでアップロードしたり、メールに添付したりする画像を
自動的に指定サイズにリサイズしてくれるソフト。
RoboSizer


写真を添付するとき、2560x1920など大サイズのまま送ると、
枚数によってはかなり迷惑。

「RoboSizer」を使うと、自動的に指定サイズに縮小してくれます。
代表的なブラウザやメールソフトは、だいたい対応しています。

===================================


トップページで「DOWNLOAD NOW」をクリック
→次のページでもクリック。


で、ようやくダウンロードページに行きます。
ページ中ほどの「Download」ボタンをクリック。


入手したファイルを解凍すると、2つのファイルがあります。
「RoboSizerSetup.exe」を実行して、ふつうにインストール。

インストール終了後、起動すると、次のメッセージが。
「Enter Key」をクリックして・・・


解凍したときにできるもう1つのファイル「Free Registration Code.txt」を開き、
・「User」に記載されている内容を、「Username」欄にコピペ。
・「Registration code」に記載されている内容を、「License key」欄にコピペ。
そして、「OK」をクリックすれば、無料で使えるようになります。




タスクトレイ・アイコンを右クリック→「Settings...」。
「Applications」タブに、対応ブラウザ/メーラーが載っています。
代表的なものは、だいたいカバー。


「Resize Settings」タブの「Current Profile」で、適当なものを選ぶと、
そのプロファイルの設定内容が、下に出ます。
オリジナルの設定を作りたいときは、「New...」をクリック。



メールに添付したら、自動的にリサイズ。


ただし、ボクの環境では、
サイズが大きくても、ファイルサイズが小さい(20KB以下?)場合は、
リサイズしてくれませんでした。
そういう設定になっているのかも。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加