今日のどーじょー主

『パソコンどーじょー』どーじょー主 安田法晃が、その日感じたことなどを、日刊でお届けします。

リアルタイムでフォルダを同期してくれるソフト

2016年01月28日 | パソコン

リアルタイムでフォルダを同期してくれるソフト。
「RealtimeSync」


昨日の「FreeFileSync」をインストールすると、
いっしょにインストールされるソフトです。
「FreeFileSync」と連携して、利用します。

===============================


まず「FreeFileSync」で、自動実行用のファイルを作成します。


「FreeFileSync」を起動し、同期の設定をおこないます。
(昨日の記事を参照してください。)
すでに保存してある「~.ffs_gui」を開いてもOK。

「ファイル」メニュー→「一括ジョブで保存」

エラーが発生した時の対処を、指定します。
「ポップアップ」を選択した場合・・・
両方向同期の場合は、ファイルが競合するとエラーが出ます。
また、同期元・同期先のファイル構成があまりに違うと、
「設定が間違ってない?」と、エラーメッセージが出ます。

自動同期実行後の対処を、指定します。
通常は、「最小化で起動」にチェックし、
完了時の動作は「進捗ダイアログを閉じる」で、いいと思います。

ログを残したいときは、チェックして、保存先フォルダを指定します。

「別名保存」をクリックして、「~.ffs_batch」という拡張子で保存します。



これで、準備OK。
「RealtimeSync」を起動して・・・


「監視するフォルダ」に、適当なフォルダを指定します。
すでに自動実行用ファイルで同期元・同期先を指定しているので、
ここは、どのフォルダを指定しても関係ないみたいです。
(何も指定しないと、スタートできません。)

コマンドラインを、入力します。
どういうふうに入力するかというと・・・
まず、「RealtimeSync.exe」を、パスも含めて記述します。
つぎに、半角スペースをあけて、
でできた自動実行用ファイルを、パスも含めて記述します。
↓こんな感じ。
"C:\Program Files\FreeFileSync\FreeFileSync.exe" "C:\Users\(ユーザー名)\Desktop\SyncSettings.ffs_batch"

「Start」をクリック。

これで、リアルタイム(実際には指定した秒数ごとに監視)で、同期を実行します。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書き換え内容を事前確認でき... | トップ | 自動記録が得意なキャプチャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。