今日のどーじょー主

『パソコンどーじょー』どーじょー主 安田法晃が、その日感じたことなどを、日刊でお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウィルスの発症を食い止めるソフト

2016年12月07日 | パソコン

ウィルスの発症を、ギリギリ食い止めるソフト。
NetStatusMonitor


いくらマルウェア対策をしても、100%食い止めることはできない。
たとえば、会社の上司から「添付ファイルを至急確認しろ」とメールが来たら、
ファイルを開こうとしちゃうかも。

万一、ウィルスに侵入されちゃっても、被害を最小限に食い止める。
・・・そういう発想の「ウィルス対策ソフト」です。

=================================


「簡単な使い方」に、詳しい説明があります。
とくに、「ミサイル防衛構想とのアナロジー」は、おもしろい。


「ダウンロード」から、ファイルを入手
→解凍してできたフォルダを、どこかに保存しておきます。

Windows7なら、「NET35」フォルダを開く。
Windows8以降なら、「NET40」フォルダを開く。
そして、「NetStatusMonitor.exe」を実行します。



モニターウィンドウが開きます。


「設定」をクリックして・・・
すべてにチェックを入れ、「Windowsの起動時に自動実行する」を押します。


パソコンが、「現在は確実に健全だ」というときは、「全て除外する」をクリック。

自信がないときは、黄色いエリアの各項目を選択して右クリック
→「詳細情報」を確認します。
心配なものは、ネットで検索して調べます。


黄色いエリアをすべて除外したら、「手動更新」。
あとは、タスクトレイに常駐して、毎分確認してくれます。

新しいソフトを使ったりすると、ウィンドウがポップアップして、
黄色いエリアに情報が出ます。
使い始めは頻繁にポップアップして、わずらわしいところもありますが、
除外していくと、どんどん学習して、使いやすくなります。


↓こんなふうに赤いのが出たら、ヤバいです。


該当プログラムを停止したり、通信を遮断したりして、被害を防ぎ、
詳しい人にちゃんと対処してもらいましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザ・サイト | トップ | 2枚の画像の違いをチェック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。