今日のどーじょー主

『パソコンどーじょー』どーじょー主 安田法晃が、その日感じたことなどを、日刊でお届けします。

Paint.NETで PSD・AI・EPS形式の画像を開く方法

2014年06月16日 | パソコン

Paint.NETという画像処理ソフトを使って、
PhotoshopやIllustratorのファイル形式(PSD、AI、EPS)を開く方法です。


ネットからフリーのイラストをダウンロードすると、
PSD・AI・EPSといった形式の場合があります。
これらの画像ファイルを開くには、
ふつうは、PhotoshopやIllustratorといったお金持ちソフトを持っていないと。

PSD・EPSについては、過去の記事
いろんな形式のファイル変換サービス」で紹介した、
「Convert.Files」サービスが使えます。
これで、PNGやJPG形式にすれば、PictBearなどで操作できちゃう。


今回は、Paint.NETという画像処理ソフトで、
これらの画像ファイルを、直接開いちゃう方法です。
Paint.NETそのものが、軽快でとても操作しやすいソフトですから、
パソコンにインストールしておいて、損はないです。

===================================


1.Paint.NETのインストール

Vectorのページから、ファイルを入手
→解凍してできたファイルを実行して、ふつうにインストールします。

途中、↓が出たら、「カスタム」を選びます。



JPG・PNGといった一般の画像ファイルへの関連付けをしたくないときは、
↓のチェックを外してください。




2.PSDファイルを開く

CodePlexサイトから、「Paint.NET PSD Plugin」をダウンロードします。
↓の「download」ボタンをクリック。


入手したファイルを解凍→「PhotoShop.dll」ファイルを、
Paint.NETフォルダ>FileTypesフォルダ 内に入れます。

(Paint.NETフォルダは、通常はC:\Program Files内にあります。)



3.AIファイル・EPSファイルを開く

まず、Ghostscriptをインストールします。
Ghostscript Downloads Pageで、自分のOSにマッチしたファイルを入手。
(OSが32bitか64bitかを調べる方法は、こちら。)



入手ファイルを解凍→実行して、Ghostscriptをインストールします。
最後、↓の「Generate cidfmap for Windows CJK TrueType fonts」のチェックは、
通常は外して問題ありません。



つぎに、プラグインの入手。
ComSquareサイトから、EPS・AIプラグイン用ファイルをダウンロード。


解凍してできたファイルのうち、
(1)OptionBased~.dllと、OptionBased~.dlcという2ファイルは、
  Paint.NETフォルダ にコピー。
(2)ImPS,EPS,AI~.dllと、ImPS,EPS,AI~.dlcという2ファイルは、
  Paint.NETフォルダ>FileTypesフォルダ にコピー。



以上で、Paint.NETを再起動すれば、
PSD・AI・EPS形式のファイルが開くようになります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メールだけで使えるホスティ... | トップ | トラッキングをブロックして... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
助かりました! (困ってたちゃん)
2014-10-03 19:32:57
預かったPSDファイルが開けずに困ってたんです!
すごい助かりましたw 有難うございます!!

(*'ε`*)~♪
Re:助かりました! (Nory)
2014-10-03 23:24:17
お役に立てて、良かったです。
PSD形式だと、「Convert.Files」のほうが早いかもしれませんね。

今回は、AI形式のファイルを開きたくて・・・
「Convert.Files」が使えずに、あれこれ苦戦しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。