今日のどーじょー主

『パソコンどーじょー』どーじょー主 安田法晃が、その日感じたことなどを、日刊でお届けします。

江戸時代の時間がわかる時計

2016年09月28日 | パソコン

江戸時代の時間がわかる時計。
江戸時計


最近ずっと、江戸時代の小説に凝っています。
その中でよく、時間の呼び方が出てくるのですが、
現代とは違ってかなり独特。


日の出から日の入りまでが「昼」、それ以降が「夜」。
それぞれを6つに分けて、干支で呼びます。
真夜中あたりが子の刻で、順に丑・寅・卯・・・。

さらにそれを4分割して呼ぶので、
「草木も眠る丑三つ刻」の「丑三つ」は、今の季節はおよそ1:40前後。


干支ではなく、数字でも呼びます。
真夜中の子の刻から順に、九つ・八つ・・・・と減っていって、四つまで。
真昼の午の刻から順に、九つ~四つ。

落語「時そば」で、最初にズルした人は「九つ」を使いますが、
最後のオチでは「四つ」になっています。
「何で、同じ夜中なのに、九つが突然四つになるんだ?」って不思議でしたが、
四つの次は、九つなんですね。

日の出ごろは「明け六つ=卯の刻」、日の入りごろは「暮れ六つ=酉の刻」。
「日本橋七つ立ち」は、当時の旅の常識で、夜明け前に出発します。
「おやつ」は「お八つ」で、未の刻。


なんだかややこしいけど、風情があります。

===================================


Vectorのページからファイルを入手
→解凍してできる「EdoClock.exe」を実行するだけ。


短針の指す位置を、読みます。

ウィンドウの大きさは、自由に変えられます。
まず、ウィンドウ内を右クリック。


「表示設定」タブで、都市名を選択、または緯経度と標高を入力。
現在地の標高を知りたいときは、昨日の記事を参照してください。
(江戸の時刻は大雑把なので、標高は適当でもOK。)


表示色なども、変えられます。
昼は黄色、夜は青、短針を赤にしてみました。


「アラーム設定」タブで、タイマーとしても使えます。
初期設定では、「ゴ~ン」という鐘の音。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 標高を調べられる地図 | トップ | 自分専用ポータルサイト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。