こだわり不動産サービスの気まぐれブログ

いつものお仕事の様子やら

築39年のリノベ物件に住んでみる

2014年10月31日 | 物件紹介

代表の北島です。

さて、ちょっと前のブログでご案内していましたが、自らリノベ物件に住んでみるということで先日引越を完了しました。

入居後は片付かなくて大変なことになっているのでリノベ完了時状態の写真をお見せいたしましょう!

 

今回はオーナーさんが大部分を負担しますが、私自身も負担を行うということで設備等について一部グレードアップしています。

私が追加した費用は約50万円。キッチンとバス、洗面所、ドア等の建具、玄関収納に照明関係その他の部分です。ベーシックな部分のオーナーさんのご負担は相当な金額になっています。Beforeの写真を見ればわかる通り、このままでは到底入居者を募ることは難しい状態です。空室にしていても仕方がないのでオーナーさんが相当の設備投資に踏み切らなければならないタイミングなんです。そこに便乗してしまったわけですね。

普通は自分の好きなリフォームなどできない賃貸物件なのですが、築年数が古くなった物件への空室対策が目的なので、工事前で入居が確定すればオーナーさんもハッピーです。そんなことで入居者となるワタクシの要望を相当に盛り込むことができたわけです。

before                                                                                  After

3口IHコンロとL型のキッチンはグレードアップして私が負担しました。退去のときにはもちろん外せるわけもなく置いていきますけど、きっとその分長く住んだりということになるのでしょうね。でもこんなキッチン賃貸物件には普通ついてないでしょう?

先ほどもお伝えしたように賃貸物件を自分でリフォームするなんてことは従来の賃貸の考え方ではないわけです。借りるときに物件を見て備え付けの設備を確認し入居を決めるか決めないか、ただそれだけ。そして現状復帰義務があって退去時には基本的に元に戻さないといけません。これが従来の一般的な居住用賃貸借契約です。

そう、今回の契約は賃借人が貸主に了解を取ってある程度好きにやってもいいという契約になっているのです。居住価値をアップさせることならば基本的にOK。退去時にその確認をする。そのような契約条項を独自に作成しオーナーさんに了解を取り付け、実行に移してみたというわけなのです。

入居者自身がお部屋の設備グレードアップに資金を投入するということはきっと長期入居に繋がるのでしょう。だって住む人が気に入ったモノを自分で買って据え付けるわけですからある程度住むつもりでないとそんなことはしないですよね。つまり、オーナーさんにとってはそれは安定経営のためにもとてもうれしいことです。万が一退去しても標準よりグレードアップしたお部屋はその後の入居者探しにもメリットがありますね。お互いによしです。

 

この照明は普通の電球をデコレートしたものなんですが結構ステキなんですよ。いい感じでしょ~。MOMAで売ってます。

 

何気にとっても気に入っているトイレの壁紙は私がチョイス。こういうのはこれまでのリノベーションと同じです。

大きな玄関収納とテラコッタ風のタイル、ちょっとかわいい系のナチュラルコーディネートは奧さまの好みを取り入れました。

洗面化粧台は幅750cmの広いタイプで、バスは1216の0.75坪タイプを入れることができました。

気に入らないのは水圧です。4階のせいなのでしょうか非常に弱い。どうにかならないものかと思案中。

この部分は和室と押し入れがあったところなのですが、広々ウォークインクローゼットにしました。

しかしながらね、こんなにいろいろとやり放題ですが、もう一度言います。これは賃貸物件なんです。

なんだか家を買う必要もないんじゃないかとさえ思いませんか?

うちの奥さまも大きなローンを抱えての買いたい派ではないので、甲斐性のない私はとても助かっております(泣笑)。生活のパターンは家族の成長とともに5~10年くらいのサイクルで一変してしまいますよね。賃貸ならばそのときの暮らし向きに合わせて自由に住み方を変えられます。ローンを組んで買ってしまったらこんな自由な計画はできないと思う私にはピッタリなんです。もちろん一度買ったことがあるからこそわかったことでもあるんですけどね(現在賃貸中)。

所有することのメリットを唱う分譲のチラシが横行していますが、大きなローンを組んで一生の買い物をしたらもう後には引けません。もうそこに一生住み続けるしかありません。私たちは20年後も30年後も同じ場所で生活しているのでしょうか?

今回、私が検証しているのは、古い物件に住んでみるということだけでなくて、この体験を元に新しい賃貸物件のしくみを作れたらいいなということなんです。こだわり不動産サービスならではの古い物件のリサイクルと現状復帰義務を改善させた「新しい賃貸のしくみ作り」にチャレンジ中です。同じく私も賃貸でそんな住み方をしてみたい!という方がいらっしゃったら必ずお声かけください。



さてさて、またお部屋のご案内に戻りますが、ベランダも木目調の塩ビシートを貼ってきれいになりました。裸足でも歩けます。夜景とは言わないまでも陽当たりはとっても良好。カーテンなしでも人目にはつきません。南側のみサッシ2枚重ねとはいうものの、多少の交通音が聞こえます。救急車が頻繁に出入りしますが、でも許容範囲かな。ようやく引越が住んで段ボールも片付いてきました。やれやれ。

これからここで何年住むことになるのかな。このまえ息子が5歳になったばかりなので小学校卒業くらいまではここにいることになるのかな?まあ、賃貸ですからいずれにしても今後何か必要な変化があったときには退去してその時点に見合った住まいを見つけるだけです。

 

次は事務所のリニューアルの方ですが、壁を抜くだけのはずが思ったより大きな工事になってしまいました。「ビミョ~にリニューアル!」のつもりが「がっちりリニューアル!」です。次回はそちらのレポートをお待ちくださいね。

それではまた次回!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ビミョー!!って? | トップ | リニューアルOPEN!・・... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第2弾が決まりましたよ! (きたじま)
2014-12-20 00:29:57
この「オーダー賃貸物件」企画。私が自ら検証してみましたが自宅に遊びにきた知人が非常に喜んで賛同してくれました。以前から中古マンションを購入しようと考えていた女性でしたが、私の自宅と同様に「オーダー賃貸」に決定です。来年2月中に完成する予定です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む