ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

刺激

2017-09-30 04:51:24 | Weblog

 午後1時半から今日行われる全道建築士大会の準備を行う。横断幕等を貼り付け、演題やプロジェクターの位置を決める。その他諸々単純なことだが結構時間がかかる。2時間半後の4時に失礼させてもらったが未だ残って準備をしている人もいた。

 この大きな大会を小さな支部で行うことに反対の人も居たようだが、ここまで辿り着いた。準備にあたった人に「ご苦労さん」と言いたい。俺なんか年のせいにしてほとんど参加せず、ちょこっと手伝うだけ、申し訳ない気持ちだ。これだけ準備したので成功するだろう。関係者に拍手だ。

 そして今日も朝8時半に集合がかかっている。午後からの講演や分科会に朝からだ。そして懇親会が終わるのが21時だ。12時間の拘束だ。第3者的な俺は楽だが各分科会等を主催する人達は大変だろう。

 ステージ係だったが急遽カメラマンとして写真を撮ることになった。しかも一眼レフで撮れという。コンパクトカメラ、アイフォンのカメラは自信があるが一眼レフで撮ることはあまりない、慣れていない。ちょっと心配。それでも話を聞きたい人が講演する。これだけはしっかり聞かないと。

 最近、刺激がないというか刺激を作り出していない。秋の夜長に本を読むわけでもない。何かを勉強している、習っている訳でもない。ジムで身体を鍛えている訳でもない。何か刺激を求めないとただ年取るだけだ。

 今日の講演会とか大会に出ることで刺激がもらえるのか。いくつになっても刺激だ、刺激をもらおう。

 

9月30日朝。雨が降っているのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身震い

2017-09-29 04:41:25 | Weblog

 昨日、ホームステイしているユアン君と余市町にあるニッカウィスキー工場を見学した。スコットランドでウィスキー作りを学んだ竹鶴氏、そして奥さんのリタさん、スコットランドから来た彼が何か感じるものがあるかと思い連れて行ったが、あまり関心はなかったのか。俺なんか何度行っても「リタさん苦労したんだろうな」と思っては涙が出るし、随分と昔によくぞウィスキー作りの修行に行ったなと竹鶴氏を思えば鳥肌が立つし、身震いもする。

 俺は運転者だから試飲は出来なかったが彼は有料を1杯、無料の試飲を3杯呑む。「うん、美味しい」という。若いのにほんと酒好きなんだと。

 昼は近くの魚屋の2階で昼飯を食べたが頼んだのが鰻丼だった。どちらかと言うと外国人が苦手としている食べ物ではないのか。納豆も好き、鰻丼も、魚類も何でも喰う。で俺が聞いた。「嫌いな食べ物はあるのか」と。そうしたら「サザエ」だという。その他は何でも喰う、食いっぷりも良い、若いから量も行く。

 このニッカ工場、テレビのマッサンが放映された時は相当の人出だったようだが、平日の昼間でも結構な観光客がいた。このような工場を作り上げた竹鶴夫妻、凄い夫婦だなとつくづく思う。見学し、鳥肌が立つ、身震いする、そんなところはいくつもないだろう。年1回くらい見学に行き、自分を見直す、何かを考える必要はあるかな。

 

 限定品にはあまり興味がない俺だが少し高額な「工場限定」ウィスキー3本を買ったので秋の夜長にウィスキーを飲んで酔っ払うか。最近ウィスキーが美味しいのだ。

 

9月29日朝。昨日は羊蹄山に初冠雪とのこと。こんな時期だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情けない

2017-09-28 05:52:23 | Weblog

 しかし、東京都の大池知事はそんなに人気があるのか。凄いリーダーシップがあるのか。野郎共がついて行くほどの人望があるのか。何か凄いことをやったという実績があるのか。皆さん、良く彼女になびくがそれは違うだろう。彼女をリーダーとして選挙を戦えば勝てるのかい。情けないな、非常に情けないな。

 俺は彼女の行動をテレビのニュース番組でしか見て居ないので感じるままに書くけど、俺なら絶対に付いていかないな。どう見ても彼女自身が「私ファースト」に見えるのだ。金魚のフンのように付いて言っている「若さ」君、何をしたの、何が政治塾を開催するの、自分が学ばない立場だろう。太野君、彼女とあんたの実績は違うだろう。それが何で彼女に付くのか、彼女を引っ張っていく、付いてこさせるくらいじゃなきゃ魅力半減だ。

 太野君と若さ君が協議していたものをリセットさせされて情けなく思わないのか。反旗を翻すくらいの男気がないのか。俺は何で彼女の人気があるのか解らないのだ。厚化粧と言われ、言った人間を徹底的に叩く、「100の演説より一つの実行ですよ」と野次られ、野次った人間を睨めつける。これから彼女のボロがドンドン出てきそうだ。まあ、俺が彼女を嫌いなだけだろうけど、一言だ。

 

 昨日、ニセコのプロから一人空いているよとゴルフの誘いがあり、「ニセコゴルフコースで」とのことで現地に。予約されていないようで調べるたらニセコヴィレッジコースとのこと。プロも勘違いとか間違うのだゴルフ場を。俺も時々やるけど。

 上手いプロと極普通な俺と何が違うのか。上手い人はゴルフが安定している。大たたきをしないことだ。OBを打ってもボギーで上がるとかだ。俺がOBを打った場合はトリプルボギーになるのは2打も差が付く。それが段々と大きくなる。プロ81,俺88.全然追いつかない、離されるばかりだ。同じ年なのに。未だ未だ練習が足りないと言うことだ。

 

9月28日朝。雨が降っているのか。ニセコ町内のカラスの大群

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙かー

2017-09-27 05:10:49 | Weblog

 ニセコ町長選初日、出陣式には近隣町村の首長、議長さん達が来られ盛大にでもないが行われた。対抗馬もなく無投票だったので殺気だったこともなく淡々としたセレモニー的なものになった。これが選挙になったらもっともっと盛り上がったものになったろう。写真は休憩で訪れた有島記念館

 無投票と言っても15時までに立候補をすれば対抗馬が現れる可能性もあるとのことで選挙カーを走らせた。俺は選挙カーの後ろの車に乗ってくれと言われ、窓から手を振る役目。車の窓を開けて肘を立てて11時から12時方向に手を振っている役目だ。全然力が入らない。これが選挙になると上半身窓から出して手も9時から15時、180度振らないと「一生懸命じゃない」なんて言われることだろう。

 無意味だなと思って車に乗って手を振っているし、全然力が入らない。町民の方だって3,4割の方は選挙カーが通って初めて「そうか、町長選か」という感じだろう。選挙じゃないと無関心、まあ、当たり前だ。それでも選挙カーを走らせ、収穫期の畑などで働いて居る人がわざわざ選挙カーに寄ってきてくれ、町長と握手をするシーンを見て居ると「町長、嬉だろうな」などと思ってしまい俺が涙ぐむ。

 今後4年間どう町政を行うのかアナウンスする必要はあるだろう。団地とか人が居そうな数カ所で演説したが町民がいなのだ。アナウンス嬢も「清き一票」とか「是非とも投票へ」などは言わない、「よろしくお願いします」を静かに言うだけだ。「選挙もないのに大きな声を出すな」などと町に苦情が来るらしいので静かなのだ。

 確かに選挙がないと盛り上がりに欠ける。選挙があれば酒屋さんだって売上げがあがる。弁当屋さんだってそう、その他諸々お金が動く。片山町長一期目の選挙戦、町を二分しての戦いがあった。盛り上がった。それは次期の選挙だろうし、もう係わることはないだろう。今回もかかわっていたとは言えないな。写真は選挙戦を終えて選挙事務所に帰ったら近隣町村の首長達の車。

 

9月27日朝。7時間ほど車に乗っていたことになるのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝シャワー

2017-09-26 05:46:22 | Weblog

 ホームステイのユアン君、NACのボルダリングで数時間過ごしたのか。朝10時頃に降ろして、迎えに行ったのは4時だ。車を貸して運転させてもいいが日本では車の運転をしてはいけないルールのようだ。ここニセコでは車を運転しないと何処へも行けない。そのために自転車を用意しているが興味はなさそうだ。

 しかし、本当に何でも喰ってくれる。受け入れ側としては楽だ。食べている時にご機嫌なのかハミングしながら食べている。朝飯に出す納豆を最初に、しかも納豆だけを喰う。納豆をこれだけ美味そうに食べるのは初めてだ。

 英国からのホームステイ者に共通して言えることだが静かに音を立てずに歩くのか。階段なんかも音を立てずに歩くので下を向いて新聞を見ていると下りてきたことさえ気付かないほどだ。それと朝シャワーだ。夜風呂の習慣はなさそうで朝シャワー、楽だ。彼で5人目の受け入れだが不愉快な思いはしたことがない。今回も先ずはお互いいい関係で居られるのか。

 

 土曜日と日曜日に行われたフットパスの集いニセコ大会に出て歩いたが、全道各地から参加者があった割には地元の人の参加が少なかったのか。地域おこし協力隊のメンバーが大会スタッフとして動いていたが彼らを除くとほとんど地元から参加していないのか。参加していない理由も判る。何しろまもなく雪が降り出す関係から9月、10月の週末は何処かで何らかのイベントが開催されている。こんなにイベントがある町は少ないのではと思うほどイベント、イベントだ。収穫時期に併せていわゆるマルシュ系のイベントが多いのか。イベントが多いというのは賑やかな証拠だ。週末は何処かでイベントだ。

 

9月26日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グレイト

2017-09-25 05:54:10 | Weblog

 ホームステイで泊まっているユアン君と一緒に全道フットパスの集いニセコ大会に参加する。前日彼のスケジュールを確認し、急遽参加することにしたら結構大きなフットパスの大会だった。

 山岳コースは閉め切られており、歴史開拓とかの名前の付いたコースを歩く。しかし、18年目を迎えるが初めてのところもあり、出て良かったのか。東啓園の広さに驚き、曽我神社にも初めてお参りするなど充実したフットパスだった。10キロ3時間ちょっと歩いたのか。

 

 夜、彼と食事をするため駅前の創作料理を食べさせてくれる店に行った。食べて帰る頃になると楽器をいじっている4人の方が居た。そのうちの知り合いの方にユアン君もギターを弾く、と伝えたら「一緒に弾いたらどうか」ということでリーダー格の方と一緒に弾き始めた。

 彼が初日に倉庫邑に案内した時にそこに置いてあったギターで自分が作曲したという曲を演奏した。俺を含め関係者4名ほどがそれを聴いていたが、誰一人上手いのか下手なのか判らなかった。むしろ、「この方、下手なんじゃないの」と言う顔をして聞いて居たような感じを受けた。

 リーダー格の方を一緒に弾き始まったら音楽が様になっているように素人ながら聞こえた。知り合いの方1名が「上手い人同士で弾けば音楽になるんですよ」と。そして同じベースを弾くという若手の知り合いに聞けば「メチャメチャ上手いですよ。左手の指の使い方は凄いです」という。終了した後英語で話していたリーダー格の人に聞いたら「グレイトです。これだけ弾く人は札幌にも居ませんよ」と最大限の褒め言葉で褒めてくれた。

 倉庫邑で初日に聞いた時には上手いのか下手なのか判らなかったが玄人からみれば一発で彼の巧さというか凄さが判るのか。イヤだね、素人は。

 

 ということで彼がギターを弾く、それを見ながら一杯やる機会を作らないと。

 

9月25日朝。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来たぞ。

2017-09-24 05:24:12 | Weblog

 イギリス、正確に言えばスコットランド生まれの若者がホームステイするためにやってきた。東京から新幹線で函館まで来て一泊、そして昨日ニセコ駅に着いたとのこと。だいぶ前にプロフィールは送られて来ていたので駅で出会った時も初めて会う感じはしなかった。

 それにしても去年の9月から1年間日本語を学んだようだが何不自由なく日本語を話すようになっている。まるで俺の英語と同じような流暢さだ。1年間でこんなになってしまうのかと思うと若さとか頭の良さがあるのだろうけど驚きだ。

 ニセコを案内する時に色々と質問をした。「スポーツは何かやるのか」、「スポーツは出来ないので音楽をするようになった」、「羊蹄山に登りたい、トレッキング、ハイキングをしたい。ボルダリングをしたい」とのこと。「酒は呑むのか」、「スコットランド人ですから」、「何が好きなのか」、「うぅーん、答えられません」、要するにアルコールは何でも呑む若者だった。食べ物も何でも食べられると。まあ、良かった。何よりも明るい若者だった。

 初日の晩、サンマを焼いた。驚きだったのは箸の使い方だった。ものの見事に箸を使い、日本人でもそんなに見事に骨と肉を分けて食べる人はそんなに居ないというくらいだった。頭と骨しか残さない、俺より上手く食べる。

 箸の使い方は習って特訓したようだ。前に来た留学生に箸の使い方を教えたらちょっと虐めたような感じになってしまった。そのため今回は気をつけようと思っていたのだ。いゃー、たいしたもんだ。

 流石若さだ。良く喰う。気持ちよく何でも喰ってくれた。「ビール飲むか」と言えば最初から「日本酒」だった。3合くらいは呑んだろう。顔色替えずに「ウン、美味しい」と言ってガンガン呑む。アルコールが好きなようだ。この若者と一緒に呑んでいたらたまらないけど楽しみは増えた。ニセコの居酒屋を全部回るか。

 

9月24日朝。ニセコの空きらしくなってきた。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

頂き物

2017-09-23 04:26:49 | Weblog

▲ここに来て急激に紅葉し始まった。いつの間にか9月後半に入っているので当たり前と言えば当たり前か。ニセコの紅葉は10月10日前後がピークになるが段々と紅葉の時期が遅れ気味か。地球温暖化が少しは影響しているのか。

▲二日前が全国交通安全運動とかだった。それに併せてニセコライオンズクラブは道の駅ビュープラザから出てくるドライバーの皆さんに7,8個入りのジャガイモ配りを行い、交通安全を訴えた。俺は20組位に配ったのか、その反応が嬉しくなる。「わあ、ありがとう」、「うれしいーい」とか言ってくれる。配っている方もその反応に喜びがある。一組だけ無反応、黙って受け取っていったが全体的には大好評だった。

▲火曜日に行われたゴルフコンペ、個人でやっているコンペとしては賞品が豪華というか凄いものがあった。参加賞が玉ねぎ10キロ、そして15位になったが賞品はジャガイモ10キロ、お楽しみ抽選会では食パン一斤、参加者ほぼ全員にこのような賞品が行き渡った。だからか、毎回平日にもかかわらず40名以上集まるのか。

▲年に数回行われるこのコンペ、初回3000円支払い、参加することに参加費として1000円支払う。それだけの会費ではとても賄えきれないだろう。後日主催者の人と会った時に「凄い商品ですね」と声をかければ「大変なんだ。でも、親会社が協賛してくれる」とのことだ。主に俱知安の方々が多いが知らない方と一緒に回れることが新鮮だ。

▲この収穫時期、頂き物が多い。賞品でもらったジャガイモや玉ねぎの外にも色々と頂く。収穫の秋を感じるし、有り難いことだ。

 

9月23日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホストファミリー

2017-09-22 05:52:58 | Weblog

 久しぶりに朝歩いた。マラソンの大会の後雨降りが続き、歩けなかった。歩くよりは走りたくて走り出したら2キロほど走ったところで走る気がなくなり、歩いたもの。もう、すっかり走る気分ではないようだ。これから年間通じて走るぞ、と決めたのばかりなのに初っぱならからこうだ。

 歩き終えてダチョウ牧場のところに来たらダチョウを世話しているU君に連れられて若い数人が居た。「皆さん、高校生?」と言ったら横浜から来た高校生だった。何やら修学旅行でダチョウ牧場の世話とかするようだ。修学旅行と言えば奈良だ、京都だ、だろう。最近では外国に行くケースもあるだろうが、な、なんとダチョウ牧場が修学旅行先とは驚きだ。都会から来て新鮮な空気を吸うことは悪くないだろう。それにしても我が家から1キロも離れていない場所が修学旅行先とは。世の中、変わったな。

 

 イギリスから東京に来て居て、日本語の研修を受けている英国の青年が明日から4週間我が家に泊まる。ホストファミリーとなる。過去4人ほどこのようなケースで受けているが我々も年を取ったので受け入れは彼で最後のなるのか。

 王立スコットランド音楽院で学士号(ジャズ・ダブル・ベース)を取得、日本の音楽に興味があるとのこと。音楽に疎い俺に取ってはどうしたもんか、だ。精々、ニセコ界隈の居酒屋に彼と一緒に行くことくらい、居酒屋ランゲージを教えてあげるか、な。趣味関心として音楽、珈琲、アウトドア、旅行、ハイキング、クライミングとある。そして自然に近い静かな場所での滞在を望んでいるとのこと。そしたらニセコはピタリだけれども。ロッククライミングを始めたので北海道でも体験できたらとある。何処かあるのかな、この辺で。

 

 まあ、妻は大変だろうけど俺は彼を受け入れることで新しい何かが生まれるような気がしてワクワクでもないが非常に楽しみ。色々なことを体験させてやるか。

 

9月22日朝。昨日も快晴、今日も快晴だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

準備

2017-09-21 05:11:35 | Weblog

 台風が過ぎてから3,4日経つが何か露みたいな天候が続いている。時々雨が降ったり雷が鳴ったり、一日中快晴という日がない。適当というか雨降りが多い。そのためか、2日前に行ったゴルフ場の芝生は素晴らしいコンディションだ。

 

 午前中、町長選の選挙カーに候補者の看板を掲げる作業を手伝った。今回で3回目の選挙だが最初はトラックに看板つけて回ったようだが、最近はバンで回る。レンタカーのバンにパイプの下地をつけて両サイドを候補者の看板を掲げ、前方にはスピーカーを設置する。たいした作業ではなさそうだったが結構時間もかかった、面倒だった。何も知らない俺はホンのちょっと手伝っただけ。

 バンの上に乗った方は汗だくの作業だった。ベテランの指示で動くわけだが4年毎、そしてトラックからバンに変更になっていることなどから組み立てては壊すこと2、3度くり返す。無競争なので「一日保てばいいんだ」という声もあったがたかが選挙カー作りでこんなに手間暇がかかるとは。そして「選挙は人なんだ。人の協力がないと選挙は出来ないんだ」と。

 

 夜は建築士の打ち合わせがあった。今月末に開催される全道建築士大会が俱知安を中心に全道から350名ほど集まって開催される。その最終打ち合わせが行われたのだ。この準備に1年半ほどかけて作り上げた段取りは実に詳細だ。よくまあこんなものを作ったな、と思うほどだ。俺がリーダーならとてもこんなことは出来ない。色々と準備をし、大会を成功させる、大変なことだ。俺もステージ係とかになってテーブルとか椅子を動かしたりの外、カメラマンとして写真を撮ることになる。

 白髪の親父が出て行く場面ではないな、と思っているが会長にはお世話になっているし、最後の一踏ん張りかな。こんな大きな大会は俱知安ニセコではもうないだろうから。それにしても350人近く集まる建築士関係者、それなりの経済効果だろう。こういったことが出来る、お願いされるのはニセコ・俱知安だからだろう。

 それにしても選挙の準備、大会の準備、簡単ではないな。

 

9月21日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復帰

2017-09-20 04:35:09 | Weblog

 先週、亡くなった山際さんの誕生日、お祝いしようとかのメッセージがフェイスブックを通して流れてきた。これが毎年毎年流れてくることになるが空しい。いつの日かフェイスブックやブログを閉じなければと思うが、いつの日になるのか、だ。

 

 昨日コンペがあり、参加した。一緒に回ったのは81歳になる方で前にも一度書かせてもらったが、凄いのだ。81歳になって今年9回のエイジシュート、去年は17回の、そして通算では76回のエイジシュートを達成しているという。しかもプライベートではなく、コンペのみで達成した数だそうだ。

 ドライバーでは俺の方が100ヤード近く遠くに飛ばすが、スコアは変わりない。昨日のスコアはちょっと乱れてしまったが常に80前後で回る方なのだ。「75,6(歳)を境に(ドライバー)極端に飛ばなくなった。」とのことだがアプローチ、パターが上手い。で俺が聞いた。「飛ばなくなったと言っても同じ年代では飛ぶ方でしょう?」と。「同じ年代ではゴルフやる仲間がいない」らしい。まあ、それでも凄いや。

 

 夜、久しぶりに町に繰り出した。たまには「居酒屋松」さんで一杯と思って行ったらマスターが復帰していた。長らく病院に入院していたようで少し小さくなった感じを受けた。「どのくらい入院していたの」と聞けば2ヶ月入院し先週から復帰したとのことだ。以前よりはウキウキしながら仕事をしているように見受けられた。最も入院しているよりは元気に仕事が出来る、その喜びを感じているようにも見えた。「入院しているより仕事している方が楽しいでしょう」と聞けば照れ屋の親父さん「それはそうだな」と。2ヶ月も入院し、復帰する、嬉しいことだろう。よかった、よかった、だ。

 

9月20日朝。45,39の84.

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

影響なし

2017-09-19 05:55:34 | Weblog

 昨朝は午前2時頃から風雨が強くなり、昼頃ニセコを通過するような予報だったが、想像していたほど影響はなかったのか。強風や大雨が断続的にはあったが羊蹄山様が守ってくれているのか、そんなに災害はなかったのか。風雨が落ち着いてから車で走ったが、収穫間近の米はほとんど影響がなく、何もなかったように倒れてはいない。ただ、トウモロコシ類はほとんど倒れていたのか。

 それでも一時停電になった。たかが15分、20分の間だったが、その停電の間には何にも出来ないな、お手上げだな、と。ということで心配して電話を頂いた方もあったがほぼ何の影響もなく台風が通り過ぎてくれた。ただ、だいぶ木々の葉っぱが落とされたので秋の紅葉は例年に比べ見劣りするのか。

 

 マラソン終了後、二日目の朝を迎えたが筋肉痛が起こらない。途中走っていても膝とか太ももに異常を感じるが今回は何もなかった。「軽そうに走っていましたね」とも言われたが本人は必死だった。昨日も書いたがもうちょっと普段から走る癖をつけておくことを今年春まで実行しよう。2ヶ月も足を運んでいないフィットネスジムでも走ろう、そして変身した俺を来年は見てもらおう。

 

 ボクシングでは世紀の一戦だと思った。ゴロフキンとアルバレス戦だ。ジャッジの判定では三者三様のドローとなったが、少なくても2,3ポイントはゴロフキン有利だろう。攻めるゴルフキンに防御するアルバレス。倒しに行くゴルフキンにほぼ防御、逃げのアルバレス。アルバレスに攻めること、倒しに行くことを諦めさせたゴルフキンのプレッシャー、ゴルフキンが間違いなく上だった。俺の戦前の予想ではアルバレスのノックアウト勝ちと思っていたが、やはりゴルフキンが体力もパンチもスタミナも上だった。アルバレスにちょっとガッカリだ。

 

9月19日朝。台風一過が過ぎて晴れそうだ。参加賞のtシャツ、色がちょっとハデだが着てみるか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走り終えて

2017-09-18 06:11:03 | Weblog

 昨夜の2時頃からか、台風18号の影響により、強い風が吹き始め、時々豪雨というか大雨が断続的に降っている。未だ、能登半島沖にいる台風がここ北海道にも影響を与えている。こんな強い台風が上陸するのは何年ぶりなんだろうか。収穫時の米、リンゴ、ブドウなどに被害が及ばなければ良いけど、心配だ。

 

 昨日のニセコマラソンフェスティバルの10キロの部に出て、よれよれだったが完走出来た。タイムは1時間4分44秒、ひょっとして去年よりは良かったかも知れない。練習不足の割にしては「経験」がものを言って完走出来たのかと思っている。

 スタートし500メートルほど走ったら「大丈夫か」と思ったほどだが一応6キロまでは走れるだろうとの思いで淡々と走ったらゴールに辿り着いた感じだ。この10キロは7キロから長い急坂になり、かなり堪える。それを過ぎニセコ大橋辺りも平坦だが坂道に感じられるほどだ。大橋まで来てしまえば応援者がいて「頑張れ」と声援をおくってもらえる。颯爽と走りたいところだが疲れ切って格好良く走れない。

 それでも走り終えると爽快な気分になり参加して、走って良かったと思える。特に今年は「(走ることを)ずうっと続けるかな」と思うようになってきた。気分が良いのだ。走っていて悪いことはない、むしろ良いことばかりじゃないかと思うようになってきたのだ。早朝練習しているが練習を終え、シャワーを浴びると心と身体が何か前向きになれるような気がするのだ。

 「頑張りますね」、「元気ですね」と言われる年代になった。それは俺もそう言って欲しいと少しは思って参加している。ただ、毎年、毎年走るだけで満足している俺がいる。もうちょっと楽に走れてタイムも1時間切るくらいに走るためにはもうちょっと練習する必要がある。後1ヶ月もすれば寒さや雪で外では走れなくなる。今年は嫌いなマシーンの上で走って年中動いていくかな。走り終えた後は毎年このように思うが続かないのが俺だ。でも、続けるかな。走って悪いことはないな。

 

9月18日朝。予定していたゴルフが中止になった。台風、心配だな。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

止めろ

2017-09-17 05:13:45 | Weblog

 例年、ニセコの元町という箇所で交通取締を行っているが今年は止めたのかと思っていたら頻度は少ないが時々やっている。たまたま昨日の昼前、掴まった車が誘導される道路を走ったら取り締まっていて、軽自動車に乗った若いアベックが捕まり、運転していたと思われる兄ちゃんがパトカーの乗せられる時だった。助手席にいた彼女が心配そうに彼を見つめていた。

 天気の良いドライブ日和の三連休の初日の昼前に取り締まっていた。掴まったアベックは見知らぬ顔だ。ニセコ町の方ではない近隣に住む方か観光客だ。その心境はどんなだろう。なんで三連休の前に取り締まるの。そこは危険地帯なのか、事故が多いところか、スピードを出すところか。違うだろう。何のために取り締まるのか全く判らない。

 警察ってのは「助けてくれる」、「頼りになる」、「愛される」組織でなきゃならないだろう。ここでの交通取締りは真逆だ。警察官、そして組織が「憎まれる」、憎まれる人々を増やしているだけだ。そもそもなんでそこで取り締まる必要があるのか、だ。確かに俺はそこで2,3度捕まっている。だから文句を垂れている訳でもない。少しはあるかも知れないが。

 俺が捕まったのは67キロで捕まっている。昨日捕まったのはその程度のスピードで走っているはずだ。80キロとかのスピードで走るエリアではない。捕まった彼もそんなにスピードを出していないはずだ。彼女の心配そうな顔が思い出されるのだ。

 

 どのようなことで、このようなところで交通取締を行うか全く判らない。過去に交通事故が頻繁に起きている訳でもない。ただ、違反金を取って、憎まれて、それが何の意味があるのだ。憎まれ役の警察官だって可愛そうだ。そんな仕事させるな。別の箇所、別の方法での取締りを考えろ、じゃなくて考えてよ。せっかくニセコに遊びに来て掴まったらニセコの印象が悪くなるじゃないか。「ニセコに行ったら掴まった、もう二度と行かない」となるだろう。印象悪いぜ、元町での交通取締り。上野君、何とかならないのか。

 

9月17日朝。今日のマラソン、完走出来るか心配になってきた。ダチョウ牧場のポニーのうららとハナ公

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交換

2017-09-16 04:47:41 | Weblog

 新しいスマホ、アイフォン8とかXが発売されるようだ。初代アイフォンから現在の7代まで、多分全て使っている。今回も替えるつもりでいる。俺はマック派、アイフォン派なのだ。初代アイフォンを某歯科医院で使っていたところ「それ、スマホですか?、見せて下さい」と言ってスタッフの女性が2,3人寄ってきた。「新しいものを持てば女性にモテる、寄ってくる」と言うことでもないが、それ以来新しいものが出る度に新しくしている。年取ったら新しいものにチャレンジする、それも俺のモットーでもある。ただ、スマホだけ、パソコンだけは新しいものが好きなのだ。ゴルフのアイアンセットは27年間も同じものを使っている。古いままで良いものもあれば、最新のものを使いたくなるものもある。それがスマホだ。

 確かにスマホは便利だ。デジカメなんかもういらない、スマホのカメラで十分だ。手帳だっていらない、スマホのスケジュール管理で十分なのだ。その他諸々機能が付いてくる。まあ、便利なものだ。でも、今のままのスマホで十分なんだけど、もう進化しなくてもいいんだけど、という思いもある。まあ、年取ったら新しいものにチャレンジしなくて、若さを保てるか、ってんだ、という心境だ。

 

 この日曜日にはニセコマラソンフェスティバルだ。マラソンの10キロの部にエントリーしている。で、練習は十分か、と言えば今年もダメだった。今週も火曜日、水曜日と走ったが、4キロ、3キロ付近で歩き出した。昨日最後の練習を行おうとしたらやる気が失せていた。最長で走った距離は6キロを2度、5キロを3度、2,3キロを数度だ。これじゃ10キロ1時間切れない。正直、走りきれるのか心配だ。毎年、毎年同じようなことをくり返している。練習十分だ、自分の記録に期待する、そんな状況ではない。無事完走出来るかな、の方が強い。まあ、十分に歩いてはいるので歩き通すことは出来る。目標タイムは65分、67分くらいかな。

 

9月16日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加