ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

乾門

2016-03-31 05:17:38 | Weblog

未だ、東京にいる。昨日の午前、友を見舞い、その後は暇になった。有楽町と東京間のビジネス街にある俺好みのラーメン屋を探したが、見当たらず、別の店になっていた。なんであんなに混んでいた美味しいラーメン屋さんがなくなったのか。ガックリだ。

 

東京駅、八重洲の地下街を歩いた。それにしても何でもあって、何でも食べられる。羨ましい限りだ。そして皇居一周歩こうかと思い東京駅北口から皇居に向かえばぞろぞろと歩く集団というか行列に巻き込まれる。乾門が開放され、普段は入れない皇居内を歩くことができる。その行列に加わり皇居内を歩く。

 

大手町で働いていた若い時、社内で皇居一周マラソン大会があり、少しは走ったりしていた。今回も走ろうかと運動靴を持参したが走る気持ちにはなれなかった。

 

皇居内の桜は満開に近いのもあったが5分咲きくらいか。随分と観光客が来ていた。いい暇つぶしになった。

 

5時から北千住で元いた会社の先輩達と飲む約束をしていた。73歳、69歳、66歳の先輩たちだ。仕事もしていないので暇だから飲むのはいつも5時からだ。焼き鳥屋の席に着くなり「元気ですね」と言えばガンを2回克服している先輩が「元気ですね、の一言じゃだめ。元気でお金がありますね、とか元気プラスもう一言発しなければ」と冗談をいう。元気でお金持ちの先輩たちだ。

 

焼き鳥屋で2時間半ちかく、別の店で小一時間、酔っ払うこともなく元気にガンガン飲む。元気でお金もあって、酒も飲めて、羨ましい先輩たちだ。

 

それにしても2時間半ちかく飲んでつまみもアルコールも結構とったが一人あたり3000円ほど、2軒はしごして4000円で飲める北千住。いいね。

 

3月31日朝。浜松町のホテルから。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

出会い

2016-03-30 06:56:59 | Weblog

久しぶりに東京に来ている。知り合いのバーのママがこの週末で店を閉じるためだ。東京に来たら連絡してと言われていた元会社の方と銀座で待ち合わせた。彼女と会うのは25年ぶりになるのか。俺より11歳上だとは昨日知ったが赤いジャケットがよく似合う。カンボジアから帰ったばかりというが年に何回かは絵を描きにヨーロッパなどを回っている。彼女と待ち合わせのビルの6階でイタリアン料理を喰ったがご馳走になってしまった。小腹を満たして一緒にバーに行く。

 

京子ママが着物で接待していた。「初めて着物姿を見る」と言ったが最終週は着物姿でもてなすようだ。小さなバーだが結構な人たちが来ているのか。ママが北海道から来たといえば「ニトリの社長と友達で毎年恵庭カントリーにゴルフに行っている」とか言う人もいた。3人組の紳士がやってきた。俺の隣に座ったのは元会社いた会社の方で俺が名古屋転勤になった時に東京に帰った方だった。顔を合わすのは初めてだったがお互い名前だけは知っていた。

 

アベックで来た方もいて、その彼女も元いた会社の受付嬢だったとのこと。彼氏は何か有名なcm制作している方のようだ。小さなバーにいろいろな人が集まる。一度はこんな飲み屋というか人が集まる場所を作りたいと思っているがだんだんその時間がなくなる。

 

以前銀座で飲んだ時にママに別のバーに連れて行ってもらった。名刺交換をしたのか、翌日マスターからFBの友だち申請を受けた。その関係からそのバーにも顔を出した。カウンター席の隣で一人で飲んでいる方に声をかけた。同じ不動産業の方だった。水曜日は休みなので毎週火曜に飲みに来ると言っていた。このバーは将来的に有名になるという。バー2軒ハシゴをして色々な出会いがある。やはり外に出ないと駄目だな。

 

開花宣言で大騒ぎをしていた桜前線、東京の桜は2、3分咲きだ。久しぶりに皇居を歩くかな。

 

3月30日朝。アルコール・インサイドだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変化

2016-03-29 05:01:48 | Weblog

数日前にニセコに春を告げる野鳥の一つ、セキレイが顔を見せた。ホオジロも確認できた。これからツグミとかが顔を出すのだろう。でも、4月に入るというのにヒバリの姿が確認できない。今年はヒバリの初泣きが遅れている。3月に入っても低温が影響しているのか。

 

今年も野鳥の餌、ヒマワリの種と青米、結構な餌を与えた。このところ餌の減り具合は真冬に比べ減ったが、えさ代の周辺にはヒマワリの種の殻が散乱している。そして雀がえさ箱の上の巣箱の中に入ったり出たりしている。そう巣箱を探し、巣を作る時期になってきている。こういった野鳥による四季の移り変わりというか春を告げる仕草というか季節が変わっているのが判る。

 

カー娘、惜しかった。スイスチームを追い込んだのに、今一歩だったのに、だ。まあ、しかし善戦だ。経験がものを言う競技、平均年齢にしたら日本が一番若く感じた。団体競技で良い成績を上げるというのは何よりチーム力だ。上手く纏まって居たのだろう。拍手だ。

 

白鵬が千秋楽、変化した。その変化ワザで勝負を決めようと思わなかったと言っているが完全に逃げた、決めようと思って大胆に変化した。ブーイングを浴びたようだが、俺も50年は見ているが大の横綱があれだけ大胆に変化したのは初めてだろう。正直、大横綱として恥ずかしい。下位の小兵力士が行う猫だましも行っている。それと、勝負が決まった後にだめ出しで相手を更に突き飛ばす。国民性と言ってしまえば国民性かも知れないが日本人の横綱は未だかつていないような気がする。ここに来て大横綱のイメージを下げる行動が目立つ。

 

綱取りがかかった琴奨菊、ハナの下を伸ばしすぎだろう。相撲以外でマスコミの露出度が多すぎだ。大勝負の前に勝負あったような気がした。チャンスを自ら逃した感じがする。素人相撲評論家として当分日本人横綱は出てこないと思う。すぐに横綱になるなと思っていた照ノ富士、怪我に悩まされそうだ。

 

3月29日朝。晴れて良い感じだ。ヒラフには未だ未だ外国人が多いな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またか

2016-03-28 05:02:58 | Weblog

カーリング女子、銀メダル以上確定した。カナダで行われているカーリングの試合を何試合か見ている。LS北見チーム、コンスタントに力を出している。誰かが足を引っ張るとかのミスショットが少ない。気合いが入っているのにリラックスした、一生懸命の顔が美しい。無心に投げている気持ちの持ち方にもチーム力を感じる。ヨーロッパチャンピオンのロシアに2連勝だ、今日決勝、2連敗しているスイス戦、手強いが是非勝って、笑顔を見せて欲しい。良いチームだ。

 

午後に約束があった。その方が来たのかと思い「電話頂いた方?」と言ったら「初めてです」と。「この辺に移住を考えていて、下調べを始めたばかりです」という。「仕事は」と聞けば「小学校の先生」、一人で来られたが奥さんもそうだという。いくらボードが好きでもその仕事を辞めてまで来るのか、そして「またか」と思った。こんな人たちがニセコに来たい、と多いのだ。

 

「小学校の先生になるって難しいんじゃないの」と聞けば難しいらしい。ペアレントモンスターで悩んでいるのかと思ったら非常に明るそうな方、悩んでいそうもない。「奥さんは賛成なの」と聞けば、ほぼ賛成しているとのこと。「先生が世の中で一番世間知らずだぞ」と言えば「そうですか」と言う。でも、そんな先生ではなさそう。体育の先生のような爽やかさはある。潰しも効きそうな先生だ。

 

しかし、臨時の先生の仕事はあるだろうけどその職をなげうってまで移住する価値はあるのだろうか。仕事の安定よりは「より魅力的な場所で過ごしたい」ということなのか。30代前半というか30代の若者がこうやって相談に来る、ニセコに住みたいとアパートを探しにくる。我々の30代の頃とは全く違う。

 

地域おこし協力隊を紹介したが先生を辞めてニセコに来そうな勢いだ。火が付いているし、油を注いでしまったかな。まあ、よく考え欲しいと思っているが火が付いたら中々消せない、だろうな。

 

今、雪が締まっているので朝方は靴のままでも凹むことはなく、地面のように雪面を歩ける。夏場は入れないダチョウ牧場を中犬ハナ公と一緒に散歩している。良い散歩コースがあって朝から気持ちいい。こんな気持ち、小さな幸せだが意外と大きな幸せかも知れないな、と思う。小さな幸せな気持ちを持つ、小さな幸せに気づく、満足だ。

 

3月28日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はみ出し

2016-03-27 04:54:42 | Weblog

昨日も若者が賃貸を探しにやってきた。当社管理の賃貸の一軒家を借りている方が出るのでその後借りたいとのことだ。住めないことはないがそろそろ壊さないと危ないという建物だ。

 

普通アパートや一軒家を借りに来る若者と話をする場合、30分ほどあればだいたいのことは判る。でも、昨日は違った。何やら魅力的なのだ。そのためかほとんど彼の話になったが1時間半以上も話をした。

 

冬場だけ今期で4シーズンニセコに来ているとのこと。今年度はいったん北陸の方に帰らねばならないようだが今年の冬からは1年中ニセコに住むとのこと。彼も世界を歩いている。JICA派遣でアラブの難民キャンプで2年半ほど働いたとのこと。ニュージーランドのホテルのフロントで2年ほど働き、英語とアラビア語はOKのようだ。アラビア語を話せるなんて珍しい。マスクもいい、長身だ、これならモテるだろうと思っていたら彼女と上手く行っていないらしい。まあ、でも何を考えているか判らないような野郎ではない。こうしたい、ああしたいというのも持っている。たかが1時間半以上話しただけでその男の全ては判らないが、又、一人はみ出し野郎がニセコにやってくる。

 

今年になって「はみ出し野郎」達がやってくるのが増えているのか。こういったはみ出し野郎達を集めて、地元の若造とミックスさせる。何かが生まれるかも知れないな。

 

夕方には新卒で某ホテルに入る女性が母親と賃貸アパートに入るためにやってきた。出来る女というかやる気がある人は前向きだ。親子で一緒に来ると親が色々と質問し、何も発しない子が多いが、昨日の彼女は非常に積極的。良い人材だ。

 

ニセコにはこういった若い人材が入ってくるようになった。仕事もある。活気もある。若者も多い。なによりも地域が排他的ではない。若者にも住みやすい町になっているのだろう。

 

3月27日朝。裏庭で特訓をしている「いい写真」だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先生

2016-03-26 04:44:51 | Weblog

今年の近藤小学校の卒業生は7名と大量の生徒が卒業した。野郎一人と女の子6名だ。女の子6名全てが「や行」のローマ字ではYから始まる名前だ。名前はどうでも良いが今年の特徴として7名中4名がそのままニセコ中には入学せず、他校に転校する。もちろん、親の転勤もある、家庭の事情もあるだろうが意外な結果だった。中学まではニセコでもその上を目指すとなるとこの近辺の高校では物足りないという移住者がいるのも確かだ。他校に移ってもご多幸をお祈りするしかない。

 

昨夜、転勤する小学校先生達の送別会が近藤コミュニティセンターであった。4年間勤めていた教頭先生が転勤、3年勤めていた先生が旦那さんの転勤に付いていくために退職、そして1年間ではあったが若い先生が地元の小学校に正式(?)な先生となって転勤する。教頭先生には随分とお世話になった。中々のナイスガイだった。当初は真面目すぎるカタブツかと思ったが、地域のスポーツ関係には何でも顔をだし、親交会の事務処理にもお世話になった。転勤はしょうが無いけどずぅっと居て欲しい教頭だった。校長になって帰って来い!、と。

 

先生方の送別会、結構地域住民が集まる。それだけ地域に密着していることになるのか。先生が近藤小学校に配属になると親交会105戸あるが、こちらにちょっとしたプレゼントを持って挨拶に回るのだ。手土産を買うのも大変だろう、挨拶に回る時間も結構な時間だ。もう、この仕来りは止めて欲しいと思うがずぅっと続いている。良いような、悪いような、仕来りだ。先生達の大事な引き継ぎなんだろう。

 

先生の教え方によって子供達は大きく変わる。先生の占める割合、影響は大きいのか。良い先生が来てくれればいいけど。

 

3月26日朝。だじゃれが入っているけど判るかな。写真は送別会参加者の靴。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

10年ぶり

2016-03-25 05:47:26 | Weblog

毎朝、2,3センチの雪が降り、辺り一面白くなる「残冬」が頑張っている。昨日あたりも気温も低かった。スキー場では「新雪」で滑れたのか。そろそろ伊達マラソンの為にも少し走り出さなければ間に合わない時期に来ているが外で走れるような気温ではない。強い気持ちが足りない。今年も駄目、棄権かな。

 

風呂でも入りに行くかと思い、フィットネスジムの風呂に入り、少し身体を動かすかとジムにも寄った。見知らぬ若者が柔軟をしていた。「随分柔らかいね。」と声を掛けた。そうしたら「柔らかい部分と堅い部分があります」と実践してくれた。隣で動いていたので色々と聞いた。「スキーのイントラでもやっているのか」、「ニセコの何処で教えているのか」、「何処から来たのか」等等だ。

 

可愛い若い兄ちゃん、10年ぶりの日本だという。イタリアに8シーズン居て、10年前は志賀高原で滑っていたようだ。「志賀高原か、俺も滑っていたよ」と。年齢を聞けば29歳だという。20歳前後で外国に渡り、スキー場を転々としていたようで、ニセコが終わったらニュージーランド行くという。「どう、ニセコは」と聞くと「久しぶりに日本、楽しくて」とという。そしてスキー場と街中がこんなに接近しているスキー場は世界にも無いという。身体が細くひ弱そうに見えたが、身体も柔らかく、それなりに鍛えているのが判る。

 

スキースクールに所属しながらも個人的にスキーを教えているとのこと。10年前は一日5000円だった講師料も最近は3,4倍になっているようだ。個人的にスキーを教え、それなりに稼ぐ若い人たちも増えてきている感じがする。最初はスキースクールに所属し、お客さんと一緒に独立する、そんな感じだ。

 

日本人若者も独立する傾向があるのか。若者の知り合いから「あなたが独立するならスポンサーになってもいい」というオファーが来ているという相談もある。住居と泊まれるシェアハウス的なものを建てる若者もいる。若者達が立ち上がっている。いいぞ。

 

3月25日朝。今朝も一面真っ白だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当たらない

2016-03-24 04:55:08 | Weblog

今年も当たらないペナント予想をしようかと思う。昔は全試合出場する捕手が居るチームが強かった。古くは南海の野村、巨人の森、ヤクルトの古田、巨人の阿部とかだ。だが今はそれが当てはまらない。確か、去年のセ・リーグの捕手で規定打席に達した捕手は一人だけ。後のチームの捕手は3,4人で守っている。だから一人で守れる捕手は必要なくなっており、捕手分業制になっている。

 

今は押さえがしっかりしたチームが強いようだ。8回、9回を零点に押さえる投手が居るチーム。最もそれなりの先発投手が居ないとリードしたまま終盤は迎えられない。そのためには中継ぎの重要性も増している。中継ぎと抑え、この2枚看板が居るチームだ。

 

でも、何よりも良いムードで戦わせてくれる監督が居るチームが最後には出てくるような気がする。選手本意で戦わせる、えこひいき無く選手を使い、不協和音を興させない目立たない監督だ。去年のヤクルトなんか良い見本だろう。

 

そうなるとセ・リーグはヤクルトとか前評判のいい阪神とか、目立たないそぶりをしているラミレスの横浜とか、だ。上位3チームはDeNA、阪神、ヤクルト。巨人は戦う雰囲気になっていない。広島も前田や大加瀬の穴は埋められない。中日はルナも抜けているし、何より監督とGMの落合の関係が上手く行っていないような気がする。阪神の若手二人が上手くスタートダッシュすれば阪神のような気がする。力をつけてきたDeNAとの争いとみた。

 

パ・リーグはソフトバンクが強いのだろう。安定した強さを作り出すシステムが出来上がっているような気がする。我がファイターズはヘッドコーチがチームを離れ、監督とトラブルを起こした投手コーチが戻ってくるとかイマイチチームの雰囲気が判らない。抑え、中継ぎがしっかりしているので上位3チームには入ってくるだろう。もう1チームはどこか、西武、ロッテ、オリックス、オリックスに期待しよう。

 

と言うわけでソフトバンクとDeNAのIT対決のような気がする。楽しみは阪神だろう。半信半疑のところもあるけど。若いヤツとベテランの融合したチームが強いのだ。どうなるのかな今年のペナント。新人が頑張っている。新しいスターが生まれそうだ。楽しみだ。

 

3月24日朝。一昨日の夜明け前。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

リーダーシップ

2016-03-23 05:06:16 | Weblog

近くの近藤小学校の卒業式があった。どうゆう訳かここ何年も「枯れ木」として参加している。今回の卒業生は、な、な、なんと7名、女性6名、男性1名だ。そして彼らを送り出す在校生は9名だった。

 

式が始まり「卒業生入場」との案内があった。そのトタン、涙目になり床に涙をこぼす。新郎、新婦入場でも誰彼関係なく涙を流す。関係者が現れた瞬間から涙目になるのが俺のいつものパターンだ。

 

卒業生が今年1年頑張ってきたこと、中学生になってやりたいことを1分ほどスピーチしたのか。皆さん、小学6年とは思えないほどしっかりしている。PTA会長のスピーチの中で「自分の子供も居るがこんな小さな小学校に通わせて大丈夫かなと思ったが色々な体験をさせてもらいこの学校で良かった」というようなことを述べられた。この言葉が全体を表していると言ってもいい。

 

用事があって最後の15分は退席した。残された在校生9名で大丈夫かと思ったが、この小学校の良いところは6年生のリーダーシップ、上級生が下級生の面倒を見るところ。これが代々引き継がれている。5年生になる子も小学生に入る前から知っているが、随分と成長している。新しく入る新入生は4名と聞いている。そして3,4年後は30人に増える予定とか。子供が増える、ニセコならではだ。

 

ネット記事に「住宅地上昇率で全国トップ7を独占した北海道は31年に外資系高級ホテルの開業が計画される倶知安町が上昇率19.7%で1位。」との記事。再びバブルなスキー場近辺の土地の上昇率だ。町中の住宅地と言うよりリゾート地内の土地なのだ。

 

このリゾート地内の値上がりは土地ばかりではない。レストランとか食堂のランチも2,30パーセントは上がっている。1年前よりは冬だけかも知れないが値上がっているのだ。アパート代もそう、全てが値上がっていると言っていいかもしれない。良いのか、悪いかは判らない。バブルというか世界標準というのか判らないが、それは世の中の流れ、良い方に取るしかないのだろう。

 

3月23日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真新しさ

2016-03-22 05:32:50 | Weblog

昨日の早朝の雪、10センチほど積もったのか。タダ、この時期はすぐに融ける。それにしても残冬が頑張っている。でも、俺がニセコ移住した2000年4月に比べれば圧倒的に残雪が少ない。牧場の柵が見えたのは4月15日くらい、それが今では柵が見えるばかりか柵の下20センチほどの積雪量しかない。

 

今期初めてのゴルフの練習に行ってきた。約100球打ったがメロメロだった。何十年もやっているが半年もクラブを振っていないとこんなものなのか。それにしても下手だな。今年はアプローチを徹底的に練習してきたつもりだが、いざ練習すると元に戻っている。苦手なアプローチを克服できない。変な癖が付いている。今年も悩みながらのゴルフになるのか。もっと明るく行かなきゃ。楽しく行かなきゃ。でも全く情けない練習初日だった。

 

やっとニセコのゴルフ場から案内が届いた。ニセコのゴルフファンなら誰もが待っていた案内だ。それにしてもやる気があるのか無いのか判らないほどの遅さだ。パンフの内容を見ても「こんなもんでいいか」の感じ、真新しさが見えない。マンネリのパンフ、ワクワクさせるようなパンフではない。ちょっとガッカリだ。判らないように価格だけを少しずつ上げているような感じだ。

 

一時期に比べニセコのゴルフ場のメンテナンスというか手入れは良くなっている。芝生も禿げたところが無くなった等いいゴルフ場になっているがこのパンフからは盛り上がりは感じない。

 

春の選抜高校野球を時々見ている。優勝校の一角に上げられていた地元常総学院だが呆気ない負け方をしている。前評判は高くなかった鹿児島に逆転負けだ。九州勢は強い。今年の関東勢のレベルは低いのかな。

 

今年選抜で感心していることがある。ネット裏に少年野球の選手達が座っている。俺が見た2日間、少年野球団が陣取っている。これを主催者側がやっていれば凄いこと。ネット裏と最前列は子供達優先席にする。これは非常にいいことだ。今回毎日そうして欲しいが今日はどうなんだろう。

 

3月22日。昨日は祝日の感覚はなかったな。二つの写真は反対側から撮ったもの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ちきれず

2016-03-21 05:27:39 | Weblog

先ほど玄関の屋根を見たら白くなっていた。少し雪が降ったようだ。昨日もチラホラした。その中で少しは歩こうと思い北風の強い中を重装備で歩いた。その割には汗はかかず、体感は寒く感じた。往きはその風に寄って背中を押されたが、帰りは逆風、そして粉雪混じりの中を歩く。70分ほど歩いたのか、時々青空も顔を出し、深呼吸すれば非常に気持ちいい。やはりフィットネスジム内で動くよりは外の方が気持ちいい。この調子で歩き出せれば伊達マラソンは完走できそうだが、今後どうなるかだ。昨日はやっと3キロ22分掛けてジョギング出来たが、半年ぶりの軽いジョギングとはいえ応える。

 

ボードが好きでニセコに10年ほど居て、旅行先で気に入った四国の方に引っ越した若者夫婦がいる。好きな場所を転々とできるその勇気というか環境というか羨ましい。羨ましい反面、そんな勝手に生きて将来は大丈夫なの、と余計な心配をしてしまう。もう10年前みたいに滑らなくなったし、というのが理由らしい。混んできたこともニセコから離れさせたようだ。いい環境を求めて住み場を変える。それでいいんだろう。

 

昼間テレビを見ていたら電話が直接かかってきた。「今日営業していますか?
」との電話だった。既に家の駐車場に車は停まって居て、そこからの電話だった。車は「いつかは乗りたい」クラウン、降りてきたのも颯爽としたジェントルマン。私を誰々さんから紹介受けた、とのことであったがその相手を俺は知らなかった。どうやら不動産屋を間違ったようだ。それでも20分ほど話されていったのか。知り合いに倶知安にアパートや賃貸マンションを建てたら、と言われたようでその調査に来たようだ。

 

ゴルフのオープンを待ちきれず知り合い6名で静岡方面にゴルフに行ったようだ。聞けば3泊2プレイらしいが、せっかく外に行くならそれでは物足りない。でも、静岡のゴルフか、それもいいな。ゴルフと居酒屋セット、いい。

 

3月21日朝。ふきのとうより早く福寿草が顔を出していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今、思えば

2016-03-20 04:41:44 | Weblog

午前中、ちょっと小雨がふり、一日中曇り空。こんなスッキリしない天気の時は心もスッキリしない。朝の中犬ハナ公との散歩も気温が緩み雪の上を歩けない。雪解けでぬかるんだ舗装されていない道路を歩かなければならない。この時期は積雪された雪が締まり、普通の靴でもめり込まないほど低温でないと。プラス気温ではシマラナイ。

 

「今思えば」と思うときがある。清原の表情の変化、目つきの変化もそうだろう。おかしくなって居る時期に誰かが気づき直してやれなかったのかと。何かおかしいと感じていても何かが発見されないと気づかない。たまたまテレビを見ていたら二人組の司会の一人が清原にインタビューし「薬やっているの」とストレートに聞いた。その時清原は「糖尿病の薬は飲んでいるがやっていない」ようなことを言っていた。ただ、その答え方が「やっていない」という完全否定のニュアンスというか答え方ではなかった。俺が聞いていても「コイツやっているな」と感じた。

 

ショーンなんとかちょっとハーフ気味の野郎の学歴詐称、経歴詐称も誰も気づかなかったのか。そんなに彼を見たわけでもない。彼がコメントするのをそんなに聞いたわけでもない。ただ、コメントが軽かった。当たり障りのないコメントばかりだった。今思えば、だ。しかし、学歴や職歴を騙す、良くのうのうと生活してきたなとビックリする。いい度胸というか、恐れ入る。

 

雪解けが進み色々なものが出てきている。我が家からショートカットし5号線に抜けるあたりの道路両側には空き缶類のゴミが散乱している。倶知安方面から左に曲がり、真狩やルスツ、喜茂別に抜ける道路側だ。この辺にカメラでもつけて取り締まれ、と言いたいくらいだ。

 

そして交通取締の車も天候に誘われ出てきている。ぽかぽか陽気になると出てくるのだ。スピードでなく、ゴミを捨てる奴らをチェックしてよ、と言いたいくらいだ。ゴミを捨てるヤツの気が知れない。怒りが出てくる。

 

3月20日朝。クリーン・ジャパン、そのな標語は何処へ行った。ハイタカに襲われた小鳥の羽

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3日

2016-03-19 05:41:59 | Weblog

ここ半年ほど休肝日を取っている。基本的には週1日だが、週2日の時もある。さすがに週3は難しい。その関係か毎日ダラダラと飲むよりも体調が良さそうな気がする。連続で取った時に飲むアルコールが非常に美味しい。少なくても週休二日、出来れば週休三日が理想な気がする。その後のアルコールが美味しいのだ。

 

だが、せっかく二日取った後に飲むと美味しいので飲み過ぎるのだ。タダ、飲み過ぎても回復が早そうな気がする。少なくても週休二日はお酒を美味しく飲むためにも頑張って実施しよう。家に居るときに飲まなきゃ大丈夫だ。

 

しかし、この時期は飲み会が多い。重ならないのだ。火曜日に同業他社の若者と、木曜日はファイターズ後援会ニセコに支部の懇親会、昨日はニセコビール会の飲み会、そして今日はクロカンの打ち上げに是非参加して欲しいとのことだ。

 

やはり飲み会が三日続くと駄目だ。昨日二日目のビール会のビールは中ジョッキ4杯だ。ビールだけなので今朝起きても随分と楽だ。ビールだ、酒だ、ウィスキーだとなると効く。この年になってもハシゴすると調子に乗ってしまうのだ。まあ、二次会は止めよう。週休二日以上、そして二次会禁止、これなら体調は崩れないだろう。

 

昨日のビール会の話題はゴルフになってきた。静岡にゴルフ旅行に行くとか、ゴルフ場の案内が遅いとか、年会費が値上がりするようだとか、だ。いいオッサンが遊びで盛り上がるのはいい。俺も早くゴルフがしたくなってきた。例年だとマスターズを見て動き出すが、今年は今日にでも練習に言ってくるかな。スキー道具は片付けたし、車の荷台がスキー用具一式からゴルフバックに替わる。今年は好きなゴルフをする。目標55ラウンド。

 

3月19日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後援会

2016-03-18 06:02:52 | Weblog

久しぶりに外で1時間ほど動いた。10分ほどジョギングして、3,4本ダッシュをして、そして歩いた。距離にすれば6キロほどか。歩いた1時間10分間で一度も車と合わない、一人だけの世界だ。ちょっと霞がかかり春らしき風景を眺めながら歩くのは実に気分がいい。

 

朝の中犬ハナ公と散歩するのは道路ではなくて、ダチョウ牧場の中だ。雪の上をスノーシューがなくても歩けるようになってきている。ダチョウ牧場の柵も未だ雪の下、積雪1メートル以上が固まってその上を歩いている。何処にウンチをしても問題ない。時には大の字になって寝ている。朝の散歩が快適だ。

 

夜、ファイターズニセコ後援会の総会と懇親会があり、参加する。総会は幹事がしっかりしているからか実にスムーズ。ファイターズ側からも関係者1名が来て挨拶された。坊主頭のちょっとメタボかかった若手だが話は上手く、実にしっかりしている。懇親会の席で聞けば元はファイターズの通訳をやられている方だった。近鉄やDeNAで活躍した中村選手にそっくりの方だった。

 

それにしても女性の参加が目立った。しかも年配の女性ファンが多い。元々はスナックの元ママが音頭を取って後援会にしたようだ。年に3回、バスをチャーターしてドームに行く、せめて1回は行こうと思っている。

 

俺の若い頃は野球ファンと言えば小中学生だったろう。それが今では平均年齢60歳位かそれ以上。その年齢層がプロ野球を支えていると言っても言い過ぎではないだろう。特に60歳以上のご婦人達がニセコの後援会同様多いのだ。去年一度ドームに行って驚いたが、その層が多いのだ。野球のルール知っているの、と思われる方々だ。

 

昨夜は85歳のおばあちゃんと日本酒を酌み交わした。このおばあちゃん日本酒が好きなのだ。「お酒は日本酒よ」と言って美味しそうに飲んでいた。俺は注ぐ役だ。飲みに連れて行かねば。

 

3月18日朝。結構飲んだのか。アルコールインサイドか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駄目だ。

2016-03-17 05:02:22 | Weblog

 何ヶ月か前に横領とかでニセコに住んでいる女性の方がマスコミを賑わせた。こんな人がニセコに居たのかと思った。その方が住んでいた家について某テレビ局から問い合わせが入った。土地はどの位するのか、建物はいくらくらいになるのか、と。土地のおおよその値段は言えるが建物内に入ってこともないし、外からちらっと見ただけだ。そしてグーグルマップに出ている、そこから判断して欲しいとか、だ。マップやストリートビューで見ればある程度は判るがいい加減なことも言えない。スタッフが取材で現地に飛んでいるので来て頂き、テレビに出演して欲しいとの電話だった。

 

 テレビに出る顔でもないし、しかも問題の建物、ニセコのイメージが悪くなるので出ないと言ってもかなり執拗。顔は出さず、声も変えるから何とか出て欲しいとのこと。「ニセコのイメージが悪くなるから駄目だ」と。横領して建てた家、ストリートビューで見たがかなり立派だった。こんなことでニセコが有名になったら困るな。

 

 フェイスブックのお友達が230名になった。一度もあったこともない、話をしたこともない方とは友達になっていない。が、中には外国の偉そうな方から友達リクエストがある。唯一の友達が町長か、と思いながらも友達になった方が2,3人いる。間違って押してしまった方も二人くらいいるのか。

 

 Fbをしていて最近不満なことがある。一つは自分の投稿ではなく、友達とか凝り固まった主義主張の第3者が発信したものを拡散していることだ。俺は友が発信したものが見たいのだ。どんなものを喰ったのか、飲んだのか、何をして遊んでいるのか、どの店が美味しいのだ、どの食べ物がおすすめなのか、単純なものがいい。友でない方の主義主張なんかどうでもいい、流すなよといいたい。嫌いな人が言ったことや新聞や雑誌が書いたものでその人に合っていないものをけなしたり、ぼろくそに言うのではなく、自分の主張はこうだ、こんないいことを言っている人がいるとか、自分にあったもので褒め称えることをアップしてくれよ。けなすものをアップしても「いいね!」なんて打てないないよ。政党のプロパガンダ的なものを流すなよ。

 

倶知安のゴルフ場から案内が届いた。ゴルフ場の名前も変わったようだ。電話番号も変わっている。いつものパンフレットではない。何か変わろうとしている。しかし、もう一方のニセコのゴルフ場からは未だに案内が届いていない。「値段あげようか、いゃ上げすぎる」とかで内部が揉めているのかな。情報が遅いぞ、O君、M君、そしてT君、何をしているのか。

 

3月17日朝。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加