ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

特権

2015-12-31 05:35:10 | Weblog

絶好のスキー日和だった。少し青空が見えて、風もない、すぐにニセコヴィレッジスキー場へ。ゴンドラ乗る頃には青空になり、早く滑りたいと思ったらウキウキする。1本目のゴンドラからさらにリフトを乗り継ぐ。リフトから下を見れば新雪を滑る人たちにリフトに乗っている外国人が「ウォー」と声をかける。この新雪が外国人観光客を呼ぶのだ。滑っている人、リフトに乗ってその滑りを見ている人も奇声を上げるほどのニセコのパウダー、この雪だ。

 

俺のスキー板は新雪用の2年前に買ったファットスキー、いわゆる新雪用だ。しかし、いつも一人で滑るので新雪は滑らないゲレンデ派だ。誰かに新雪を滑ろうと言われれば行くが、一人で新雪を滑る勇気はない。ゲレンデをリフトの終わりから一気降りする方が気分いい。一気に降りても疲れない。

 

昨日は最高だった。たったゴンドラ3本とリフト1回の滑りだったが満足だ。降りてきてヴィレッジの知り合いの若者から「ニセコに住んでて良かったと思うでしょう」と言われる。確かにそうだ。スキー日和だな、と思えば出かける。天気が悪そうだ、と思えば出かけない、帰ってくる。65歳になってワクワク、時めく、幸せな瞬間だ。

 

その若者、スキースクールの責任者だった。そして俺に「修学旅行生にスキーの講師、お願いできませんか」と誘ってくれた。以前から友人のスタッフの2名からも誘われてはいた。出来ないこともなさそうだし声がかかれば基本的に否定しない、断らない。ただ、滑りが古いから積極的にはなれないな。声がかかって断るのはしない立場だが、無理だな。

 

スキーを1時間半弱滑って、ジムの温泉に入り、少し筋トレして帰ってくる。最高の午前中を過ごした。ニセコに住んでる特権だ。

 

12月31日朝。皆さん良いお年を。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

強烈

2015-12-30 06:30:20 | Weblog

いい天気だったのでスキーに行く。ニセコ町民でもあり、ニセコヴィレッジとかアンヌプリ国際で滑るがゴンドラ1本で頂上付近まで連れて行ってもらえるのがいい。何よりも混んでいない。

 

朝8時40分過ぎに1本目を乗り、2本目は9時15分、気分良く一気降りしてせめて1時間で3本くらいは楽に乗れるかと思ったが、3本目乗ろうとしたら結構並んでいた。これでやる気が失せ止めてしまう。

 

チケット売り場に2年前までは気楽にコーヒーが飲める箇所があったが、去年からは殺風景になり、コーヒーも飲めない。俺と同じような方がいて「前はコーヒーが飲めたが」とかの言葉が聞こえる。新しく出来たモールの関係もあるだろうが気楽にコーヒーが飲める休憩所があってもいい。

 

恐ろしいニューヒーローの誕生だった。ボクシング井上君のスピード、パンチ力、凄いものがある。期待はしていたが期待以上のボクシングをしてくれた。若い、スピードがある、何より砲丸投げのボールが手に付いているようなパンチの重さがある。最初は打たれてニヤニヤし、俺には平気だぜ、との態度を取った挑戦者を痙攣させるほどの強烈なパンチ力。こんなチャンピオンがかっていただろうか。モンスターと呼ばれるが間違いなくモンスターだ。ロマゴンと対戦するのだろうか。わくわくする。

 

パンチドリンカーになっている、引退だと思っていた八重樫君がカムバックした。危ないと一瞬思ったときもあったがよく頑張った。家族や周りの力で頑張れたと。泥臭いチャンピオン、こちらも拍手を送りたい。

 

この後、3,4試合のボクシング中継がある。楽しみだ。

 

12月30日朝。上の写真はニセコヴィレッジゴンドラ周辺の風景。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

営業

2015-12-29 04:52:57 | Weblog

ここ3,4日で1メートルは降ったろう。気温もマイナス5,6度、雪はもういいが、気温はもうちょっと低くても良い。もうちょっと粉雪が欲しい。一日前ほどでもないが昨日の結構降った。これでスキー場は安泰だ。

 

今年の年賀状を昨日書き上げた。今年感じているが例年郵便局の方から「年賀状は?」と、少なくても2,3人の方から声がかかる。誰に予約を入れるか悩むほどだった。しかし、今年は誰からも年賀状のセールスはない。何かあったのか。本来ならメールが年賀状に取って代わるかもしれない大事な時期に年賀状の営業を行わないなんてどうしたんだ。誰か横やりを入れたのか。

 

毎年もっと早く年賀状を書き上げないと、と思いながら年末を過ごしている。28日に書き上げたのは最近では一番早い。これで元旦に届くと思われるのでホッとしている。年賀状を書いていて40年ほど年賀状だけ続いている人がいる。職場と会社野球部の先輩だった方だ。よく続いている。

 

年賀状、確かに面倒だけれど年にこれ1本で繋がっていると思えば重要だし、なんともいえない。「来年70歳になるので年賀状のやりとりはしません」という年賀状も頂いたこともある。それもいいけど、俺はどうするかな。センスのない賀状をもう2,3年は送り続けるか。

 

少しは動かないといけないと思い比羅夫のうどん屋さんに行った。相当混んでいるかと思ったがガラガラだった。昼飯の時間は皆さん滑っているのか。以外と空いている比羅夫のランチ食堂だ。

 

12月29日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のんびり

2015-12-28 05:13:19 | Weblog

午後に少し穏やかな時間があったが朝から雪が降り続く。時には吹雪状態になり自分で外出禁止令を出す。外には出る気がしなかった。幸い、日曜日だったのでテレビを見る。日曜日というだけでダラダラしたくなる。そのような天候だった。この2,3日の雪降りでゲレンデは滑れるようになったろう。観光客も押し寄せてきているのでいいタイミングの積雪だ。可能ならクリスマス前の20日頃から降ってくれればベストだったが、まずまずだろう。道路の除雪、朝夕2回入ったのは今年初めて。

 

1日中テレビオッサンだ。素人対元プロのゴルフ番組、囲碁、年賀状印刷、そして競馬。たいした額もかけていないが時々馬券を買う。ほとんど当たりもしなかったが土曜日に久しぶりに当てたがマイナス。菊花賞だったので誰かに予想を菊花と思ったが誰もいず、外れてしまった。俺のフィーリング競馬では当たらない。たまに当たればいい。こんな感じなのでそれほど夢中にはならない。

 

今年1年、漢字で言い表せないかと考えたが何も出てこない。特徴的な出来事がなかったのか。何でも一緒に行動していた山際さんが体調を壊し、ニセコを離れたことが一番残念だった。平均すれば週に1回は付き合ってもらい飲んでいたので飲む回数も減った。回復して「スキーに行く」と言っていたので来てくれれば大歓迎したい。

 

全道ソフトボールのシニア大会が倶知安で開催され、出場したが1回戦敗退となった。勝てる相手だったので負けたショックが大きかった。ただ、同等にやれるな、という自信も持った。後は自分の身体が動けるように自主トレが大事になるのか。残念なことが忘れられないな。

 

12月28日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気をつけろ

2015-12-27 06:19:37 | Weblog

理想的な一日だった。気温マイナス5度、6度、そしてヒラヒラと粉雪が一日中降り続く。やっとニセコらしくなってきた。もう一日これが続くといいけど。

 

庭の除雪を業者さんに依頼している。だいたい来る時間がわかっているのでその前に雪にかぶった車をすぐ動けるように雪を払っている。今年は車庫1台が年末まで使えないので2台車が外に出ている。除雪車が来るたびにそれを動かし、除雪が終わった後に戻す。例年1台だが年末までは2台動かさなければならない。

 

昨朝、1台を道路にだし、2台目を動かそうしたら雪を払って30分ほど経ってしまったため雪に覆われてしまった。除雪車が入っているので焦りもあったろう。急いでバックして道路に出そうとしたが窓に雪がこびりついていて何にも見えない。バックして道路の雪の土手に突っ込んでしまって動けなくなってしまった。何というお粗末。自分の車を自分の車で引っ張って庭に戻した。恥ずかしい出来事だ。妻の小さい方の車を突っ込んだが逆だったら大変だった。

 

突っ込んだため車の後部バンパーをへこませてしまった。それもガックリだ。まあ、しょうが無い。

 

来週になれば荷物がなくなり、小型車は車庫に入る。今後はこの件はなくなるが、雪が降ればいろいろと事故が起きる。こんな事故は可愛いモンかもしれない。まあ、慎重さが欠けた事故だ。気をつけないと。

 

12月27日朝。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

初日

2015-12-26 04:36:11 | Weblog

昨日はそれなりに雪が降った。ただ、気温が高くマイナス2度とかだ。やはり、マイナス5度、6度の世界でないと粉雪は降らない。ただ、どうにか格好はついたのか。今日、そして明日と雪マーク、まずはスキー場関係者もホッとしていることだろう。

 

今年初めて滑りに出かけた。いつもニセコヴィレッジか、アンヌプリ国際スキー場で滑るが昨日はニセコヴィレッジ。ゴンドラから周りの景色を見れば積雪はイマイチ、普段は見られない笹が長く顔を出している。ゲレンデも笹が出ている箇所が2カ所、全体的にさらに5,60センチの積雪が欲しい。今朝の屋根から落ちる音を聞けばそれなりに降ったのか。これでゲレンデは大丈夫だろうか。

 

12月の雪とは思えないほどゲレンデはカリカリだった。そのためか俺の華麗なスキーが出来ない。怖がって前傾姿勢がとれず後傾になってしまう。その関係で一気降りの途中で一息休憩したくなるほど足に来た。雪が良ければ一気降りも疲れずに降りられる。このコンディションでゴンドラ一本滑ってやる気をなくす。ちょっと明るくなったのでもう一本滑ったが滑りたい感情が起きない。こんな時は無理をすることない。ゴンドラ2本で今期のスタートは終了する。

 

外国人のお客さんは来ているように感じた。クリスマス、年末年始、やっと間に合った感じか。いい感じになってきたニセコだ。

 

年末年始モードに入った。映画もみたくなった。見たい映画もある。「グリード」だ。いわゆるロッキー系のボクシング映画、これは見なきゃ。

 

12月26日朝。それにしてもゴンドラ内から撮ったアイホンの写真、美しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歓迎

2015-12-25 06:34:34 | Weblog

今朝起きて屋根をみたら白かった。これで一応ホワイトクリスマスにはなるのか。これから数日は雪模様だ。年末まで1メートルくらい降ってくれれば丁度良いのか。

 

床屋さんに行った。ニセコに来てから100%近く彼の店に行っている。オーナーもそれなりに高齢になった。手に持つ串とハサミを震わす。串が頬を連続で触れる。串が定まらないのだ。「大丈夫か」と思うものの他の店は考えられない。実は少しは別の店に行こうかと思っているがなかなか踏ん切りがつかない。親父さんがいつ止めるのか、俺が別の床屋さんに行くか勝負になっている。

 

その床屋さんの近くにパン屋さんがある。いい年をした俺が一人でパン屋さんに寄るには勇気がいる。場違いのところに来た感がある。せっかく入ったのだからお世話になっている方々にパンでも買って年末の挨拶に行ってくるか、とパンを買う。

 

そのパンを3カ所、7人に持って行った。すべて女性陣だ。3カ所一気に持っていたことは無かったが別々には1回ほど届けていた。その喜びようが大歓迎されたのだ。そして今回も大変に喜ばれた。「ワォオー」とか「ここのパンはおいしいのよ」とか、「クリスマスプレゼントですか、ありがとうございます」とか喜びというか嬉しさが態度に出てくれるのだ。たかがパン一個でこんなに喜んでくれるなら時々運ばなければと思うが毎回運ぶと喜びが薄くなるから年に2,3回かな。いや、でも、持って行った俺のほうが嬉しくなる。働く女性にはパンをプレゼント、だ。そうか、パンを買う時間がないのか。

 

ちょっとしたプレゼント、喜んでもらえて幸せを感じる。やったぜ、ベイビー。

 

12月25日朝。クリスマス・イブの天候ではない。丸で4月初旬だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水風呂

2015-12-24 03:38:17 | Weblog

22日が冬至だった。この時期のニセコは昼間の時間が短いというより夕方が早くやってくる。午後3時頃になると完全に夕方だ。鉛色の空だと2時半くらいでも夕方に感じる。ちょっとオーバーかもしれない無いが。午後、すぐに暗くなる。

 

やはり昼間の時間が短いというのは明るさが足りない。気持ち的にも明るさがなくなる。後、一ヶ月も過ぎれば夕方がやってくるのが遅く感じるようになる。そうなると気持ち的にも明るさが増す。夏至は嫌いだが冬至は好きだ。

 

このところ暇になり自由な時間がとれる。そのため昼間からジムのあるホテルの風呂に入る。さらにはサウナに入り、水風呂にも入る。水風呂に入ればこの冬は風邪を引かない。サウナに入るのはこの時期だけ、後はカラスの行水、10分以内で風呂から上がる。

 

ジムにも短時間だが行くようなる。ちょっと筋トレをして、柔軟をして、体幹運動をする。それでも30分もあれば終わる。もうちょっと時間をかければ良いのかもしれないが、適当でいい。風呂に入りに行くだけでもいいと思っている。

 

それでもかれこれ4、5年間ジム通いをしている。このジムが出来て即入会しているので来年で5年目か6年目だ。ジムに通ってちょっと動いているだけでもちょっと違うように思う。せめて週3回は行きたいが年間を通じれば2回ほどか。仕事より身体作りが大事だ。身体作りが仕事のような年齢だ。元気なオッサンを目指すぜ。1月に更新するが今度はシニア料金だぜ。1ヶ月1000円ほど安くなる、嬉しくなるぜ。

 

12月24日朝。屋根が白くないクリスマスイブのニセコ、初めてではないのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呆れるほど

2015-12-23 06:27:16 | Weblog

昨日は雪降りではなく青空だった。

この時期に青空なんて必要ない。

照り返しで雪目になってしまう。

今は鉛色の空でいい。鉛色が3ヶ月続いてもいい。

 

しかも雨も3,4度降っている。12月に雨とは

何事だ。雨も青空も顔を出すな。ひたすら津々と雪がふる。

それで十分だ。

 

羊蹄山も全貌を現した。

この時期に全貌を現すことは必要ない。

3泊や4泊の観光客に貴重な全体像を見せることはない。

裾野だけ、ほんの一部だけ見せるだけで十分だ。

 

クリスマスを前に積雪30センチ満たない。

道路のアスファルトが見えている、道路が乾燥している。

雪道でいい。黒氷で滑ってもいい。なのに

道路に雪がないなんて。

 

なんとなく3月の天候に似ている。まもなく春が来る感じがする。

鉛色の空、毎日が雪、毎日が除雪、そんな日が続き、春を迎える。

こんな天候ではその喜びが薄れる。今は津々と雪が降る、それだけでいい。

青空も雨も歓迎しない。呆れるほど、憎たらしいほど雪が降る、それでいい。

それがニセコだ。

 

12月23日朝。掃除でもするか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトでない

2015-12-22 05:59:03 | Weblog

本来、ニセコには11月から3月初旬までは雨は降らない。雪が津々と降るだけだ。しかし、この12月には3日、4日、雨が降っている。異常気象か、地球温暖化かは分からないが、まあ、どちらかだろう。今後、これが普通になってしまうとニセコの盛り上がりはしぼんでしまう。例年通り雪が降ればニセコに問題はないが、12月に雨か、信じられない。しかも、数日降るなんて。

 

クリスマスがホワイトではない年が過去15年あったろうか。こんな積雪でクリスマスを迎えるのは初めてではないだろうか。

 

昨夜、ニセコサッポロビール会が某ホテルであり、参加する。ビール会、街中のスナックで行っていたが初めて山のホテルに遠征する。会費三千円でこんなにツマミが出るの、と嬉しくなる。

 

元役場職員の方が隣だった。ビールの話になって「大ジョッキ35杯飲んだことがある」と言えば隣のスナックのマスターが「俺は28杯」だという。信じられない量だ。俺なんか最高で7杯だ。ホテルの屋上のビアガーディンで飲んだ7杯が最大だ。今は大ジョッキなんか一杯がいいとこだろう。昨夜も中ジョッキでやっと四杯だ。本来ならビール会なのでビールで飲み通さなければならないが一杯飲んで焼酎に変わる人もいる。平均年齢60歳、ビールが飲めなくなったのだ。

 

送迎バスが街中で止まると足がない。前もって迎えに来てもらうかタクシーを頼んでおくかすればいいが、心のどこかにもう一軒という気持ちがあったのだろう、居酒屋に寄った。驚いたことに小上がりが2グループ、若い人たちでいっぱいだった。働き始めて2、3年に思える若い人たち、「いいね!」、新鮮だな。

 

今、ニセコのホテルの予約ができないというほど混んでいるようだ。街中の居酒屋も予約しないと門前払いされる勢いがある。昨夜も2組ほど入れなかった。飲みに行くのに予約か、そんな時代かな。

 

12月22日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早い

2015-12-21 05:31:01 | Weblog

昨日も外に出たのは朝と夕方の中犬ハナ公との散歩のみ。あとはソファに横になりながらテレビオッさんだ。高校男女の駅伝、クラブサッカー、時々、競馬。夜もクラブサッカーだ。

 

バルセロナのサッカーを見ているとやはりレベルが違う。ワンタッチボールでのボール回しも早い、しかも正確。ボールが足にくっついているように操る。試合展開が早く、攻撃が早い。相手から本気でボールを奪いに行く。これが日本のクラブだと形だけマークに入るだけ。その本気度が違う。

 

広島もアジアチャンピオンを相手に良く勝った。Jリーグトップクラスのチームがコテンパンにやられるている相手に良くぞ勝った。まあ、ホームでの利はあったのか。でもクラブのアジアチャンピオンはjリーグから出さなきゃ。

 

昔のテニス仲間の北さんから電話があった。「今年忘年会はやらない。」との電話だった。毎年この時期、忘年会を行っていたが今年は何の連絡もなかった。唯一、忘年会で繋がっていたが、忘年会もなくなれば寂しくなる。この仲間、25年ほど経つのか。合宿をやったり、飲んだりして非常に盛り上がった時期もあったが、皆さん年をとったということだ。25年前は50代の人が一人、後は40代、30代だった。それが今では75歳をトップにほとんどが60代だ。25年も経てばだんだんとバラバラにはなる。まあ、年賀状のやり取りでなんとか繋がっているが一旦忘年会もなくなると復活させるのが難しいのか。時の流れ、ショーががない。

 

12月21日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩

2015-12-20 05:25:44 | Weblog

このところ暇だ。天候もイマイチ、スキー場に行こうとしてももうちょっと雪が降ってからの方がいいと思い遠慮。やることがないので中犬ハナ公を1キロほど車に載せ、その後、歩き始める。片道3キロ、6キロを重装備で歩く。少し吹雪気味だったが背骨近辺に汗をかく。道路は雪道だが除雪がキチンとしていて歩きやすい。何しろ車が通らない、しかも見通しが良いので散歩をさせるというか俺の有酸素運動に付き合ってもらうのは適している。

 

中犬ハナ公、朝の散歩も夕方もそれほど歩かなくなった。最低でも2キロほど歩いていたが今は5,600メートル歩けば、「帰ろう」の仕草。中犬ハナ公にとっても勿論俺にとってもこの長い散歩は良い散歩となる。何しろこの時期は運動不足だ。散歩には中犬ハナ公、実に良いパートーナーだ。

 

そして帰って昼飯を喰えばソファーに横になり、グースカだ。まあ、俺の幸福な時間でもある。そんなこんなで1日が終わる。散歩をしただけ、後は昼寝だ。まあ、土日は良いだろう。

 

ボクシング、クリチコ兄弟が王座から陥落していた。ヘビー級の兄弟、圧倒的に強かった。20年近く王座を守ったのか。正直、強すぎてというか、彼等のボクシングというか、ヘビー級だからというかボクシングが面白くない。それであまり見なかったが、兄は既に陥落していて弟が王座を守っていたがそれも明け渡した。負けるという時はこんなものかと思うほどあっけない。というか、こんなに慎重なボクシング、臆病なボクシングをするチャンピオンだとは思わなかった。ヘビュー級のボクシングよりはミドル級クラスのボクシングが面白い。

 

今日もソファーで横になりながら1日暮らすかな。

 

12月20日朝。たまには間違って馬券当たらないかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

閉館

2015-12-19 06:05:40 | Weblog

ここ2日間で50センチほど積もったのか。気温が高くマイナス1、2度のため、湿っぽい、重い雪だが、まずは滑れるようになってよかったのか。

 

中犬ハナ公を散歩させていたらスキー場に勤めている彼と会った。「どう、滑れるの」と聞けば滑れるという。ということでリフト券にチャージ20時間分してウェア、靴、スキーを車に載せ、ニセコヴィレッジスキー場に向かう。スキー板を下ろし、靴を履こうとしたら、その前にスキーズボンと思った瞬間、載せたつもりのウェア一式が積んでいなかった。2年ほど前、最初に滑る時にスキー板を忘れて来たことがあったが、ウェアを忘れるとは。帰れば玄関に置いてあった。再度、スキー場に向かうことはなかった。まあ、滑るな、とスキーの神様が言っているのだろう、と解釈。早い話がボケてきているのだ。

 

一ヶ月ほど前になるのだろうか。新聞に新見温泉本館と新見温泉ホテルが3月末で閉館するとの記事があった。温泉ホテルには行ったことがないが本館には何回も行っている。露天と内風呂が離れていて一旦軽く着替えないと両方には入れないが、好みの温泉の一つだ。「ニセコの何処の温泉がお勧めですか」と聞かれればこの温泉は5本の、いゃ3本の指の中に入っている。

 

引き継ぐ人がいないためにクローズするようだ。新聞記事が出る前に「売りに出されている」と言っていた人がいたが本当だったのか。

 

跡取りがいない、継ぐ人がいない、そういったことで廃業やクローズする老舗温泉とかが多い。少子高齢化がモロに影響している。さらに5年後、10年後になるとその影響は大きく出てくるだろう。

 

新見温泉、誰か引き継ぐ人はいないのか。蘭越町のチセスキー場も売り出している。雪秩父温泉も宿泊を止め日帰りにしている。薬師温泉も売りに出されている(?!)と聞いている。これらがある蘭越町、元気ないじゃないか。

 

12月19日朝。創業1年、板についてきた農業女子の居酒屋業

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工事終了

2015-12-18 06:19:31 | Weblog

国道5号線のカーブを緩やかにする工事がとりあえず終えたようだ。近藤方面からのショートカット道路、そして喜茂別、真狩方面からのパチンコ街道と交差するエリアだ。確かにカーブは緩やかになったが2年間かけた割にはそんなに変化はないのか。正直、変わらない。この歳になって物事にケチをつけるのも如何なものかと思うが。また、ケチばかりつけているとどこか身体が悪いのかと考えたくなる。あまりケチをつけるは良くないか。

 

ニセコ町役場前の歩道を作る工事も終了したようだ。歩道を作るために何軒かの家は取り壊し、というよりほとんど役場周辺の家は新築されている。この工事、歩道ができただけなのか。どのように変わったのかよく分からない。雪が降る冬の工事は大変そうだし、本格的な冬になる前に終わってよかった。何よりも自由に走れない不自由さがある。自由に走れるようになってよかった。病院に入院し、退院したような感じか。

 

甘露の森ホテルの男子用露天風呂が拡張された。以前は円周率のような3.14平米ほどの大人二人が足を伸ばせないほどの円形の露天風呂だった。ここに来て工事をしているので大きくするのかと思っていたら、昨日、工事用のカーテンが取れて大きくなった露天風呂が出来上がっていた。これなら数人楽に入れる。まだ、工事中とは知らず中に入ったらかなりの高温だった。まあ、観光客にはいい露天風呂となるだろう。「いいね!」だ。

 

澤くんとか浜口くんが引退を表明した。確かにあの頃の若さはなくなってきている。二人とも十二分に競技に没頭できて満足なのではと思う。澤くんのインタビューの顔を見て、本来ならもっと美しい顔のはずだ。何かやつれた、疲れ果てた顔のように見えた。二人の顔に共通しているのは長年の競技の「疲れ」が顔に出ていることだ。もっと美しい顔にならなきゃ、なるはずだ。

 

重い雪が降った。木の枝が垂れ下がるほどだ。こんな重い雪は3月中旬以降の雪だ。気温が高い、もっともっとさがらなきゃ。

 

12月18日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しむ

2015-12-17 05:33:53 | Weblog

昨夜、ニセコ東部ふれあいクラブのミニソフトテニスを近藤小体育館で行った。前月も行ったが別の用事と重なり開始が1時間ほど遅れたが盛り上がったため再度同じ競技にした。

 

予想に反して14名も集まってくれた。小学生二人なので大人が12名だ。主催者側として10名以上集まれば成功、それ以下だとガッカリする。普通は主に火曜日行っているが水曜日にしている。それも良かったのか。

 

1ヶ月ほど前9人制のバレーボールの練習会があり、久しぶり、5年ぶりくらいで参加した。正直バレーはあまり好きではないが練習をしていて「ああ、いいな」と思った瞬間があった。みんなが集まってスポーツに興じるのもいいな、と。昨夜もそれを感じたのだ。

 

ソフトミニバレー、ボールが変化し、小学生でも65歳でもそんな実力の差は出ない。勝てない相手だなと思っても勝てたし、楽勝だなと思った相手に苦戦する。皆さんがワーワー奇声をあげ楽しんでいる。こういった風景を見ていると1ヶ月に1回ほどのこういった集まりも必要なのか。それなりに動きストレスの解消にもなるし、汗もかく。みなさん楽しんでいる。俺はスポーツをして汗をかくのが好きなんだ、と実感する。

 

春先から初夏までは早朝ソフトをやっている。しかし、晩秋から4月まではほとんど動いていない。スキーを時々行うが2時間が精一杯。今年はスキーをもっと滑る、と言って15年も経つ。今年は何時間滑るのか。滑れる幸せを感じて滑るか、一生懸命に。

 

12月17日朝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加