ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

師走

2005-12-31 04:27:55 | Weblog
 改めて不在の4日間は雪が降ったなと実感する。聞くところによると毎日30センチは積もっていたとのこと。大変だったに違いない。
 旅行するにあたって、問い合わせ対応をしてもらい、中犬ハナ公の面倒を見てもらうためパソコンの得意なTさんにお願いした。管理しているアパート住民の方からのストーブやボイラーの故障が一番心配だったがこれもなくホッとし、期間中、何のトラブルもなく、ハナ公も快適だったことが伺えた。夏とは違い冬は気を遣う。
 午前中は居酒屋舘野の清掃と年賀状書き。年賀状書きが午後まで続く。元旦には届かないかも知れない。切羽つまらないと行動しない俺の性格、余り好きではない。来年からはもっと計画性を持って年賀状書きを行わないと、と。掃除についても基本的にはやらないが年末ぐらいはやろうかと。清掃し綺麗になれば身も心も何となく気分がいい。整理整頓清掃この3sを来年はモットーにしようかな。
 午後は倶知安のスーパーに買い出しのアッシー君だ。途中、ガソリンを入れたがスタンドは満員状態で少し待つ。正月三が日、スタンドは休みのはずなので皆さん同じ考えのようだ。
 満員はスタンドばかりでは無かった。駅前のスーパーも超満員。名古屋のツインタワーも人でごった返ししていたが、倶知安のスーパーもそれに負けてはいない状況だった。駐車場には普段は見かけない整理する方二名を配置するほど。勿論店内も凄い人出で珍しい状況だ。モタモタしないでテキパキと買え、と思ったがここはちょっと我慢だ。しかし、もっとパパッと買えないものか。でも、このような風景は正月前の風物詩だろう。まあ、活気があることは悪くはないか。
 冗談で酒棚に飾る酒を、とブログに書いたら、酒棚に飾ってとお酒二本が届いておりました。釧路のNさん、旭川のFさん、気を遣わせてしまいました。正月飲ませて頂きます。ありがとうございます。焼酎・お酒・ワイン、十二分に揃っております。しかも、生ビールも置いております。皆さん、正月気軽に飲みに来てください。お待ちしております。12月31日大晦日早朝。今日も早く起きてしまった。また、一眠り。天候は星が出ているようなので久しぶりに晴れるかな。写真は釜山の2005APEC会場の小泉君が座った椅子。ごく普通の椅子だ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

pachinko

2005-12-30 07:13:06 | Weblog
 帰省客と観光客で名古屋・千歳間のチケットは最終便しか取れなかった。その為、朝から暇になった。朝飯を食べて、名古屋の街を散策、というよりパチンコ屋に直行。1500円で出だす。その後も快調に出る。4月も別なパチンコ屋で大儲けしてコンパクトなデジカメを手に入れた。今回もそのような勢いだったが昼飯を待ち合わせていたので、店員も、隣の客も「止めるの?」という感じだったが止めた。3万円近くゲットした。非常にラッキー。パチンコは名古屋だ。
 昼飯を食べた後、前回儲けたパチンコ屋へ。2000円で出だしたが、飲み込まれ、パチンコ屋を出た。ニセコにはパチンコ屋はない。倶知安にはあるが地元ではやる気はしないが、都会に出るとホンの少しやりたくなる。というよりも時々やらないとパチンコについて行けない、世間勉強のためにやっているようなものだ。でも、暇つぶしだろう。お年寄りが多い。
 名古屋の街も俺が勤務していた15年前に比べ大きく様変わりした。駅前のツインタワーは無かったし、10階前後の豊田ビルも50階前後にビルになっていた。街も釜山に比べれば随分美しい。年末のせいもあるだろうがツインタワーはだいぶ混んでいた。実に人が多いし、名古屋弁の響きが懐かしかった。
 名古屋駅からはバスで中部国際空港に向かった。そのバスの運転手の対応がすこぶる良い。ブスッとして運転し、アナウンスだけのバスが多いが、運転手自らアナウンス、その言葉遣いに感心する。着いてバスから降り、運転手さんにお礼を言ったほどだ。時間があったので空港内銭湯にある床屋さんで頭をカットしてもらう。若者がカットしてくれたがここの対応も気分がいい。ここのお風呂やさんも社員教育が徹底されているなと。
 さすがに飛行機は混んでいた。本当に空き座席がないほど。夜9時半に着き、置いてある車のエンジンがかかるか、相当な雪かきをしなければと思ったが、フロントガラスにくっついた氷を取っただけで、雪かきすることなく、エンジンもかかってくれた。途中、除雪も完璧にされており、2時間で無事ニセコに着いた。4日間留守にしたがその間1メートル以上の積雪があったことは間違いない。中犬ハナ公の熱烈歓迎があった。写真は名古屋の居酒屋で。隣の人は覚えていないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免税店

2005-12-29 09:53:32 | Weblog
 午前中は地下鉄に乗ってジャガルチという町に行く。地下鉄はハングルなのでどういって良いか戸惑う。こういった時の女は凄い。ついて行くだけだ。20分くらい乗って目的地についた。驚いた。ここには築地あり、河童橋の道具街があり、御徒町がある。非常に馬鹿でかい商店街だ。
昼は教授(以下Pさん)の出迎えを受け、pさんの家の近くの河豚屋さんで昼食。辛い熱々鍋に胃袋驚く。その後、6LDKの自宅マンションに招かれお茶。
 この辺は先ごろ行われたAPECの会場があり、同じ釜山でも高級感がある。ひと夏に70万人の海水浴客がくるビーチもある。ブッシュが泊まったホテルもある。APECの会場も見学、椿咲く釜山港の歌の発祥地でもある。
 でも、釜山の町を歩いて驚くのは携帯電話の出店が多いことだ。多いところには20メートルに5つの出店があった。それは極端な例だがそれにしても携帯電話販売競争が激しいことを物語っている。それと何といってもマンション群だろう。そのマンションの多さには驚き、圧倒される。それと車の運転、そのスピードには驚く。pさんの運転は北海道で見ているがトロトロした運転で、もっと飛ばせよ、と思っていたが、ここで運転するとそんなに運転が巧かったのかと思うほど変身していた。
 公共料金、地下鉄の運賃の安さにも驚く。20分ほど地下鉄に乗っても100円だ。30分タクシーに乗っても900円だ。でも、それ以外は日本と同じような物価か日本以上。数年前国家が破綻すると騒いでいた韓国とは思えない。
 ちょっと時間があったので免税店に行く。ホテルとデパートの免税店は8階の通路でつながっている。長い通路には無断で俺の若いころの写真を使っていると一瞬思うほどのポスターがベタベタ張ってある。よく見ると似てはいるがちょっと違う。俺の若いころはメガネをかけていないし、マフラーなんかしたことない。いやらしい作り笑顔なんかしたことない。
 今でも俺のことをヨン様と言う人がいる。会社の電話番号が43-2525でヨン様ニコニコと言われているのだ。そんなことはどうでも良いことだが。
 免税店に行っても何も買うものがない。20年前には買えるだけのウィスキーを買ってきたが今は量販店でも買えるし、そんなに高いウィスキーを飲む気もしない。ブランド品だって全然欲しくなくなった。
 2時間遅れで名古屋についた。仲間が飲んで待っていてくれたので合流。鯖の味噌煮、メゴチのてんぷら、こんなつまみがいい、日本の居酒屋はホットする。ホットしたのはタクシーに乗ったが、そののんびり落ち着いた運転に安堵感。12月29日朝9時40分、名古屋駅前のホテルで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泥酔

2005-12-28 09:20:09 | Weblog
 しかし、異国にいる感じはしない。ハングルを漢字に直せば新宿だったり、築地だったりの感じだ。千歳から名古屋より名古屋・釜山間の方が近い。時差もない。時差がないというのは非常に体にとってよい。近い、時差がないのも異国にいる感じがしないのだろう。
 午前中は市街をブラブラ。午後、教授の施設を訪問する。教授運転の車が迎えに来る。至れり尽くせりの待遇だ。この施設は保育園、幼稚園、老人(痴呆も)、を預かる施設だ。老人といっても元気な方たちが集まり、習字をしたり、運動をしたり、学ぶ・遊ぶ施設だ。痴呆のグループもあったが基本的には元気なお年寄りが集まるコミュニティーセンターのようなものだ。教授はここのトップ。トップの案内なのでVIP待遇だ。どこへ行っても頭を下げられる。
 毎日2000人の方が来られる施設内には漢方、西洋、針の医師陣も囲っている。ボランティアグループによる食事を作ったり、床屋さんもある。日本にはこのような施設はないだろうな多分。
 夜は日本人が開発したという温泉町で一杯。最初、ビール園のようなところで一杯、次は魚料理屋で一杯。島鯛が水槽に泳いでいたのでその刺身だろう。きゅうりの入った焼酎で盛り上がる。その焼酎が飲みやすく、泥酔。その後、バーみたいなところでさらに一杯。記憶がない。帰りもタクシーに乗って帰ったのは覚えているがホテルに着いた記憶がない。朝目覚めたら右手に違和感。銀の腕輪をつけていた。そういえば、何かもらったような気がする。
 教授、施設長、公務員2名の4名で飲んだが、去年の今頃、我が家に泊まりに来たメンバーだ。その時、若い彼女は日本酒で泥酔している。今は俺が韓国焼酎で泥酔だ。ったく。
 つい最近、北海道の高橋知事が釜山に来ている。来年からは千歳・釜山の直行便が週3便飛ぶようになるようだ。来年からはずいぶん便利になる。今は小泉君の泊まったホテルのビジネスセンターよりブログを打つ。12月28日朝9時半前。今日は教授宅に呼ばれている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

釜山

2005-12-27 10:03:48 | Weblog
 朝起きたら30センチ前後の雪、この中を千歳まで行くのかと思うと気が重くなったが真狩村を過ぎると除雪も完璧で、前後の車もなく、快適に千歳到着。雪で欠航の恐れがあったが無事名古屋中部空港へ。その後、3時45分発の釜山行きで釜山へ。飛行場に降りれば迎えに某教授が来てくれていました。
 ツアーの安いチケットだったがツアー客はわれわれ二人。名古屋では免税店経由でなければ問題ありとのことだったが教授とツアコンと我々教授の車で釜山のホテルへチェックイン。
 人口400万人の釜山市。教授によると大阪みたいな都市とのこと。空港を降りて車で市街に向かったが相当数なマンション群。道路は広いが車の運転は結構荒っぽい。強引な割り込みがあり、クラクションも。気温は3度、ちょっと風がありにニセコよりは寒く感じる。
 夜は当然のごとく焼肉屋へ。まあ、とにかく野菜が多いな、と感じる。ただ単に肉を喰うのではなく、野菜や野菜の千切りに肉を巻く、絡ませて喰う感じだ。相当食べたが野菜も多く食べたのでそれほど苦しい感覚はない。
 俺の流暢な韓国語を駆使している。もちろん、空港で買った単語本だ。聞くことはできても帰ってくる言葉がわからない。どうしようもないな。でも、結構、日本語が通じる。あんまり面白みがないな。
 今朝はホテルの近くの庶民的な店で朝食。うどんを喰ったが美味。ただ、辛目の朝食だったので胃袋が驚き気味でホットだ。
 今回は初の海外出張。午後は教授案内による施設見学だ。今晩も接待される。12月27日韓国釜山より。朝10時過ぎ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドクター

2005-12-26 04:30:06 | Weblog
 25日は朝から忘年囲碁大会。集合時間に行けば既に練習碁を打っている方々が何人もいる。参加者は16名(?)ほど。一人5回戦を戦う。一回戦、快勝、2回戦高段者とあたり、いつの間にか負けている。がっくりだ。3回戦、圧勝、4回戦は高段者だったが圧勝と思っていたら逆転負け。ショック。5回戦は序盤圧倒されるも後半持ち直し、快勝。結局3勝2敗。順位発表の時は用事があり、退散。
 でも、この大会に参加して思うのだ。平均年齢約70~75歳、そこに若い俺見たいのが入っていくと何故か年寄りじみてくるのだ。反面、段々違和感が無くなっていくのが分かる気もするのだ。だめだ、この世界から抜け出さないと。若者とスキーを滑っていた方が良いのだが、何故か引きつけられてしまう。
 常勝Tさんが奥さんの病気で欠席したので優勝のチャンスだとおもったのだ。インターネット碁も時々だがやっているし。結局、ヘボ何だろうな、俺の碁は。でも段々やっていくうちに碁も面白くなってきた。早く二級から一級に、そして最低初段くらいにはなりたいと思っている。
 別荘に来ていたSさんと一杯やる。どうやらSさんはドクターらしいのだ。ついでにこの前の人間ドックの検査表を見てもらった。酒を飲みながら、笑いながら話していたのがその検査表を見せたら態度が一変。そして、検査表について一言二言説明してくれた。今まで見せたことのない話し方、まるで医者と患者が会話する状態になっていた。ただの酒飲みではなく、本当にこの人はドクターだと。
 彼に言わせると成人で気をつけないといけないのは4つ。高脂血しょう、肥満、糖尿病、高血圧、俺はその4つのうち、2つが危険とのこと。適度な運動、肥満防止、塩分控えめが今後の課題。しかし、近くに専属医を持った気分に。
 今から千歳に向かう。そして名古屋経由で釜山に2泊3日で福祉関係施設を研修視察してくる。無事に飛行機が飛んでくれるといいが。千歳付近は暴風雪警報だ。今、雷がなり、一面光った。荒れているが、行くしかないな。従って、たぶん、ブログは4日間休止かも知れない。12月26日早朝荒れているようだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

口コミ

2005-12-25 04:27:34 | Weblog
 まあまあの天気だったので1時間くらい滑るかと思い東山へ。東山からアンヌプリに抜けてアンヌプリを滑ろうと東山のトップに行ったが風が強くなり、そのまま東山を滑る。もう一回トップまで行ってノンストップで行こうとしたら携帯がなる。M君夫婦から一緒に滑りましょうと。東山で待ち合わせ、そこから比羅夫へ。比羅夫を何回か滑る。M君に「結構やるじゃないすか」と言われる。当たり前だ。俺はお前の生まれる前から滑っているのだ。でもM君の滑りと俺の滑りは全然違う。彼は格好が様になっているのだ。この差はどうしようもないな。俺の滑りはシーラカンスが滑っているようだ。昔の滑りで固まっている。
 でも一人で滑るよりはかなり滑れる。用事があって途中でおさらばをしたがもっともっと滑れる体力はある。M君にはストックの付き方、それに伴う体重移動を指摘される。俺が気にしていた点だ。ちょっと教えてもらおう。
 北海道の10大ニュースが北海道新聞に載っていた。一位は駒大苫小牧の連覇、二位は知床の世界遺産、三位は旭山動物園の入場者数、四位は悲しいかな漁船転覆、以下はローカルなので省略する。それにしても上野動物園の入場者数より多い旭川の旭山動物園、こいつは凄いことだ。一度行ってみるかなと思うほど。でも、何と言っても苫小牧の連覇だろう。部長の体罰問題があり、少し盛り下がってしまったが堂々の一位だ。これも凄いことだな。一見そこらのアンちゃん監督だが何か魅力・指導力はあるのだろう。
 夜、飲めないM君を誘い、比羅夫で一杯。そこには俺の口コミにより、2組4名の方が。前日にも1組来ていたとオーナーが言う。帰り際、隣の外人、50歳前後の夫婦に「どっから来たの?」と勿論英語で聞く。「ケアンズ、パース」とか言っていた。豪州人だ。俺のいきなりの質問に戸惑っていたようだが日本人はフレンドリーだ、と思ってくれればいい。滑っているときはそれほど外人は感じないが、この比羅夫周辺は英語が飛び交っている。そろそろ大量に来てくれるのかな、それとも既に到着しているのか。12月25日早朝、クリスマスがやってきた。
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東山

2005-12-24 07:54:36 | Weblog
 余りにも良い天気なので「ちょっと、スキーでも」とのことで朝1時間東山スキー場で滑る。ゴンドラからさらに頂上まで行って、一気に滑り降りる。勿論、ノンストップで。これを2回やると丁度1時間、もう1時間滑ろうかと思ったが一人で滑っていても余り面白くないので止める。未だノンストップで頂上から降りてこられる。でも、時間券だと便利で良いが、どうも時間が気になってしまい、心が小さくなっていくようでいやになる。
 今ニセコの各スキー場はベストコンディションで滑れる。雪量も十分、結構な寒さなので雪質も良い。ボーダー・スキーヤーにはたまらないコンディションだ。クリスマス・年末年始お客さんが来てくれるといい。
 帰る準備をしていると近所のNさんを見かける。東山でスキーのインストラクター・先生をしている。生徒さんと見られる東南アジア系の女性の方に「ドゥユーノゥーXXX」と片言の英語で話しかけている。スキーのインストラクターも英語を使う時代になったのだ。時々、修学旅行生を教えているときには、さくらをやる。一列に並ばせているときに、寄っていって「先生、先日はありがとうございました。お陰様で上手くなりました」と。でも、この先生役も大変だそうだ。世が世ななら俺もこの先生役をやっていたのだが。
 夕方、野菜を作っている方から電話がある。倶知安にいるので途中寄りたいと。先に大量に買った長芋、百合根の代金を未だ支払っていなかったのだ。4時半頃、来られた。お土産は、な・なんとつまみ。刺身、焼き鳥、酒だ。倶知安の店で買ってきてくれたのだろう。その意図は十分把握できた。それで最初はビールですか、と聞くと「車だから。。」とのことで一瞬躊躇されたが去年も、一昨年も同様に飲んでいる。すぐに飲み始める。臭いを感じたのかYさんからも電話があり、合流。忘年会が続く。12月24日、今日も快晴、滑りに行くか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行

2005-12-23 06:22:34 | Weblog
 夕方、大量のワインが届き、そのお礼に電話を入れた。贈っていただいた洋酒メーカーに勤めているSさんは「新潟に長男が出張している」とのことで豪雪による停電の影響を心配していた。さらに「クリスマス前のこの時期は洋酒メーカーのかき入れ時、新潟支店は壊滅だ」とのこと。豪雪による停電の影響は色々な方面に普及する。しかし、この前同じような雪降りだったこのニセコ地方は何ら雪のトラブルもない。沖縄地方が台風に慣れている、強いようにニセコも雪には強い。昨日骨組みだけは完成した酒棚にワインが不足していたので丁度良いタイミングでのワイン入荷だ。これで一挙にワイン棚も充実する。
 一昨年、韓国の方に土地を買っていただいた。その後、付き合いがあり家族で泊まってくれたりした。その方に是非釜山に来てほしいとの要望もあり、26日から二泊で行くことにした。しかし、北海道から釜山までは直行便がない。関空や福岡からが一番出ている。成田からも出ているが札幌・成田間の国内便がそれほど飛んでいない。さらに、韓流ブーム、年末などが重なりチケットを取るのに苦労した。結局、名古屋に飛び、そこから釜山に往復することになった。
 過去2~3回、韓国には行っているがソウルばかり。初めてはソウル五輪前。市場で見た韓国人は働き者だ、と思ったし、太った韓国人はいなかった。五輪後はデブもいたし、動きも何となく余裕があるように感じられた。今回はどのように感じるのだろう。
 東京にいたときにはそれなりに海外にも行っていた。でも、ニセコ住んでいれば十分で海外旅行は余り興味がない。海外旅行に行っても買うものもないし、食べ物もそんなに期待はしていない。鍋奉行としては鍋に入れる味噌でも買ってくるかな、という程度だ。でも、新しい発見はあるだろうし、刺激も受けるだろう。
 夜は40キロワンちゃんオーナーと一杯やる。12月23日早朝、寒波が来るようだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水落

2005-12-22 06:02:29 | Weblog
 ここ2~3日、穏やかな天候が続いている。昼過ぎに40キロワンちゃんのオーナーYさんが「やっと、たどり着いた、遠いなー」とのことで千葉からやってきた。千葉から青森までドライブ、そこからフェリーで函館まで、盛岡と函館に一泊しての大移動、勿論ワンちゃん2匹をつれてやってきた。このYさん、「ワンちゃん命」の愛犬家だ。自分たちよりもワンちゃんのために家を買ったようなものだ。
 家でコーヒーを飲んだ後、自宅に戻ってからすぐに電話があった。水道が出ない、ボイラーに火がつかい無いとのこと。早速設備屋さんを手配。そう簡単に設備屋さんも行ってくれない。でも、夜、直ったとの電話。ボイラーも水道系も損傷しておらず、どうにか修理代ですみそうだ。この前、水道小屋を凍結させてしまい、ポンプ修理で結構な出費となりそうな俺に比べれば良い方だ。前回帰る時に水落はした、とのことで安心していたが、完璧に水落をしていなかったようだ。もっとも千葉では水落なんて必要もないのでしょうがないか。
 昨日は酒棚作りをおこなった。2階の居酒屋舘野に酒を飾っておく棚をつくるのにここ何日か動いていたのだ。昨日どうにか骨格だけはできあがった。これでどのような酒がどのくらいあるか一目で分かるようになる。部屋の整理もされる。この棚に飾ってほしい、飲んでほしい酒がありました遠慮なさらず送って下さい。
 夜は近藤親交会の役員会があり、出席。皆さん多忙のようで寂しい集まりとなった。親交会メインイベントである総会・新年会の日程や総会資料を作るために集まった。だが、例年教頭先生が資料を作っているので忙しく大変なのは教頭、会長、会計の人。俺は参加するだけだ。しかし、1年間の役員手当1万円を頂く。何もしていないのに恐縮だ。その後ミニ忘年会。総会は来年1月16日月曜日に開催されることになった。12月22日早朝。早いなもう少しで年末だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開通開店

2005-12-21 05:05:19 | Weblog
 昨日20日はたぶん大安だったのだろう。国道5号線から比羅夫スキー場までを結ぶ道路が開通した。天候が良かったので久しぶりに比羅夫で滑ろうと思いそこを通った。途中、関係者が「関係者の方ですか」というので違うと答えたら、「未だ通れません、11時より開通セレモニーがあります」とのことで引き返す。
 倶知安市街地手前のパチンコ屋さんも新築オープンのようだ。倶知安住民の外にニセコや真狩、喜茂別の方を対象にしているようなロケーションだ。3時オープンというのに1時過ぎには30人ほど並んでいた。開店ということでちょっとそそられたがこの辺ではパチンコはやる気が起きない。
 ひらふスキー場はリフト・ゴンドラの乗り継ぎがイマイチだ。アンヌプリや東山はゴンドラでほぼ頂上付近に行く。比羅夫は乗り継ぎ乗り継ぎなので余り好きではない。しかし、ゲレンデは面白い。頂上からノンストップで降りようと思いトライしたが、ゴンドラの下の変な斜面に出てしまいストップ。なかなか手強い。
 車を駐車場に停め、そこで着替えてゴンドラへ。50時間券なので手軽にスキーが出来る。何と便利なのだ。頂上から2回降りて、丁度1時間。一人で滑るのはちょっと寂しい部分があるが十分だ。スキーのメッカ、ニセコに住んでいるのだからこの便利さ、手軽さを十分利用したい。
 滑り終わったら停車してあるバスの運転手さんが俺を呼ぶ。誰だという顔をすると、サングラスをとって素顔を見せてくれた。以前、アパート探しで家に千葉からやってきた若者一家の旦那さんだった。彼は長野に住み、サーフボードをしたいために千葉に移ったが「自分は山派」とのことでニセコに来た。家族全員元気なので何よりだ。
 帰りに開通した道路を走る。しかし、必要なところに信号機がない、不要なところにあるなど、俺の考えと道路造成者の考え方が違う。5号線の入り口は信号はいらないだろうし、途中、343号線との交差点は絶対に信号は必要だろう。事故が起きなければいいが。
 夜4名と一杯やる。2日続けて美味しい日本酒を飲む。12月21日早朝、外は暗く天候は不明。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雪かき

2005-12-20 07:38:41 | Weblog
 レストランバー(sekka)の問い合わせが2件ありましたので先ずはその場所をお知らせします。倶知安方面から来るとセイコーマートの信号を左折、居酒屋船長の手前右側です。一見、高級そうで入りにくいドアを開ければお洒落な飲み屋です。行かれた方は感想をお聞かせ下さい。
 
 妻の運転免許はニセコ・倶知安夏場限定免許だ。従って雪が降るとアッシー君になり週一回は倶知安まで買い出しに行く。昨日も昼間行ったがそこで地域の奥さん二人にあった。そのうちの一人の方に「売った土地に車止めてあるけど雪でつぶれるよ
」と言われた。ズーーと尾瀬の山小屋で過ごしていて一ヶ月ほど前にニセコに来て、春先に買ってくれた土地にテントを張り過ごしていた山男がいた。その山男、一旦倶知安に希望の住み込み就職が決まったがどうゆう訳かすぐに止めてしまい、今はインドに行っている。その男が車を置きっぱなしで行ってしまったのだ。
 車は完全に埋まっていた。車高の高さまで積雪があり、屋根にはさらに1メートル以上の雪がのっていた。屋根の雪を下ろすと「バン」と屋根のへこみが元に戻る音がするほど車の屋根がへこんでいた。フロントガラスも大丈夫そうで何とか無事かなと言う感じ。それにしても危なかった。この冬、この車の雪かき大変だな。インドからは当分帰らないだろうし。
 家の前に車が止まった。女性の方が家の裏口の方に行ったので電気のメーターをチェックする方かと思ったが、たかが10メートル行くのに大変だ。除雪をしていないので股下までの雪をかき分けチェックしに行かねばならない。大変と思うが、その為に除雪をしてあげるほどの体力も無くなったな。ここはゴメンなさいだ。
 明日、40キロワンちゃんを連れて千葉からくるyさんの家の前を通ると1メートル以上の積雪。そこにも郵便局の方の足跡が。この時期、配達したり、配ったり、チェックする仕事の方は大変だ。山男の車の雪かき、yさんの玄関前の除雪、結構いい汗かく。
 夜は昼間出した汗の代わりにガソリンを入れねばと思い何人か集まり酒を飲む。結構盛り上がり6時過ぎから12時まで。ちょっと遅くまで飲み過ぎた。
 12月20日、穏やかな暖かく感じる朝だ。せっかくぐっすり寝ていたのにハナ公に起こされる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年

2005-12-19 06:43:30 | Weblog
 一時は雪降りで視界が無くなるほどであったが天気予報ほどは荒れなかった。でも、飽きずによく降る。
 典型的な三日坊主の俺だがこのブログ1年間書き通した。名古屋に行った3日間と札幌に泊まった一日を除いて1年間続けられたのだ。とっても珍しいことだ。
 俺のブログ、毎日少なくても150名ほどの方が見てくれている。タイトルや文章の中に流行なもの、例えばホリエモンが目立った動きをしているとき、ホリエモンを書くとドッと読者が増える。多いときで300人超えている。殴り書きというより殴りタイプで、文章力もお粗末、恥ずかしい限りだが「見てます」とか「面白い」なんて言われると止められなくなった。本当に書くことが何も無い日もあるし、書きたい出来事も書けない場合もある。
 俺のプライベートなhpはテニス仲間のスーパーショットの成績を乗せることから始まった。その後、ニセコに来て、俺が生きている証に週一回ほど更新し、このブログになった。動きをお知らせするのは最適かも知れない。
 最近、ブログに書くために、ブログの文章にするために行動するようになっている。普段なら動かない時でも何となく動くようになった。ブログ効果だ。素直に書いて続けて行くか、と思っている。
 昨日、元いた会社の同僚の女性から電話があった。その中で「韓国の歌手に、はまちゃって追っかけをしている、2ヶ月に1回は韓国に行っている、まもなく兵役につくのでクリスマスには3泊でコンサートを聴きにいく、彼の家まで行って、お父さんとは顔見知りになった、早く息子と合わせろと行っている。」。完全にはまっているな。何も言えねぃな。その歌手の年齢は分からないが母子ほどの年齢差はあるのかな。
 ホンのちょっと日曜大工をやったら腰が少し痛いな。12月19日早朝、今日まで降るのかな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

sekka

2005-12-18 04:41:30 | Weblog
 アパートの水漏れ事件、水道小屋の凍結と最近ボディブローを打たれイマイチ元気が無くなっていた。気持ちにも余裕が持てていない。何事にも余裕を持って対処しなければとは思っているのだが、イマイチだな。
 このような中にも嬉しい事があった。久しぶりに仲介が成立し、昨日契約した。土地を持っていた方からメールが来て、何回かやりとりをしたらお願いしますとなり、倶知安の懇意にしている不動産屋さんとコラボレーション。売り手、買い手が集まり契約をしたのだ。
 50坪の土地を二人で持っていて、一人の方は札幌に15年ほど前に来て、もう一人の方は埼玉在住。それぞれ奥さん同伴で待ち合わせ場所に来てくれた。入ってきたときに俺より年配かなと一瞬思ったが、メールをやりとりした方は俺より一つ下、札幌の方は同い年。「夢は叶わなかったが、、、」とのこと。若い頃、ニセコに滑りに来て気に入り、共有で買ったのが25年前。そこに別荘かペンションを建てて住む夢があったようだ。
 買い主はその土地近くで中古ペンションを買い取り、レストランバーに改造、オープンしたてのレストランオーナー兼デザイナーの外人(37)。双方とも喜んでくれて嬉しい一日。
 ’せっか’くだからと夜は契約のお礼も兼ね、そのレストランsekka(雪華の意)で倶知安の不動産屋さんと急遽忘年会。驚いた。お洒落な料理なのだ。倶知安の市街地でも大手ホテルのレストランでもこのような料理は食べられないほどのものだ。また、若いスタッフの対応が、お客さんに対するホスピタリティがグッド、心地よいのだ。「どっから北の」と聞くと「東京でコックをやってました」とかで、東京の料理が倶知安のスキー場で食べられるようになったのだ。食材もどこか北海道にこだわっている。「スタッフ誰々君のおじいちゃんが育てた何々です」とか。まあ、いいことだ。でも、ヒトが集まるところには色々なもの・ヒトが集まり出来る。でも、ちょと遠いな。12月17日早朝、天気予報では大荒れとのことだがそれほどもない?かな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひがみ

2005-12-17 03:33:07 | Weblog
 仰木監督が亡くなった。信じられない。つい、この間まで監督をやっていたじゃないか。オリックスの監督に就任したとき、イチローを育て、その前の近鉄時代には野茂をメジャーに送り出している。この監督の下では選手も働きやすかったのではないかと思う。名監督の一人だろう。ご冥福を祈る。
 今は野球選手の契約更改時期。それにしてもジャイアンツの桑田君も、江藤君も億円プレヤーとは随分巨人も気前が良い。どう見ても3千万前後の成績だろう。ヨボヨボの佐々木に対し、横浜は6億円も払っていた。それで球団は赤字、赤字と騒いでいる。馬鹿みたいな話だ。
 清原君はオリックスに入団するようだがどの位の年俸になるのだろう。俺がオーナーだったら先ずは取らない。清原の人気を当てにして取るようだが巨人に居たからそれなりに人気があるように見えた、思えただけ。人気のないオリックス入団なら最初だけ騒がれるのが見え見えだ。シブチン宮内オーナーらしからぬ決断だな。年俸は精々、5000万が良いとこだろう。どうも俺のひがみ根性が見え見えだな。
 昨夜、6時半から近藤小学校のpta忘年会が開催された。さて、それじゃ、出かけるかと言うときに、設備屋さんからの問い合わせ携帯がなる。水道がチョロチョロしか出ないとのこと。水道ポンプが凍結したのではと、実は気になっていて、午前中チェックを入れたのだ。水道小屋の凍結防止に5度以下になるとライトが点灯し、小屋全体を暖め凍結を防止するようになっていた。そのライトが点いて居ないのでは、センが切れているのではと心配になり、ライトを注文したばかりだったのだ。
 心配がその通りになった。どうやらポンプが凍結したらしい。しかし、参った。監督不行届だ。小さな心配事は大きくなる前に片づけて置かなきゃ。毎回、毎回反省ばかりだ。反省料が高くつく。それにしても設備屋さんにお世話になりっぱなしだ。前回ビール1ケース持って行って良かった。
 1時間半遅れで忘年会に参加。会場はビンゴゲームで盛り上がっていた。このようなことからイマイチ乗れなかった。12月17日早朝、4日続けて2時前に目が覚める。その後も眠れず3時に起きる。変な癖がついてしまった。また、一眠りだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加