ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

主将

2017-03-30 05:37:09 | Weblog

倶知安町の早朝ソフトボールチームに所属している。未だ、ソフトボールを行っているが去年の監督より電話があった。「チームのキャプテンをやって欲しい」と。「倶知安のチームだから倶知安から出すべき。俺はニセコからの外様だから他の人を選んで」と答えた。まさか、そんな声がかかるとは。やらない、別の人にと何回も答えたが最後は「よろしく」と言われ電話を切られた。チームには監督、キャプテンがいるがもう何もやりたくない。元いた会社野球部のキャプテンもやったし、監督もやったが若い頃だ。今は自由気ままに動きたいのだ。

 

何かに所属していると年齢的にも「役職」が回ってくる。正直、何の役職も必要ない、やりたくない。と思っても希望通りには行かない。

 

サッカージャパン、タイ国と試合が始まった時に電話がなった。アパートのオーナーから「水漏れが発生した。1階に住んでいる方から苦情が入った。行って」との電話だ。

 

2階の住人が風呂に入っていたときに洗濯機のホースが抜けてその水が1階まで行ってしまったようだ。幸いなことに1階の住民の親父さんとは知り合い関係だったので少しは怒りが収まっていた。それほどの水が流れていなかったので「落ち着きましたね」と行ったら怒られてしまった。2度ほど強い言葉が返ってきた。

 

そして昨朝も設備屋さんと一緒に部屋にチェックに行ったが怒りはほとんど無かった。帰った後思った。時には苦情も受け付けなければならない。自分にとってはストレスになるかも知れないことも受け付け、対応することは一つのいい刺激だと思わないと。積極的とは言わないが、勿論ない方がいいが苦情は正面から対応しよう、と。

 

3月30日朝。キャプテンをどうやって回避するか、だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しっかりしろ | トップ | 見る目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事