ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

二分

2016-11-12 05:22:20 | Weblog

▲2,3週間前、隣町蘭越町で町長選があった。7期28年町長だった方が引退し、副町長が早めに立候補、そしてfb友達の民間の方が対抗馬として立候補、選挙となった。Fbの友は町政に民間の発想を取り入れるべきとの訴えだったが、残念ながら当選できなかった。それにしても28年間というと新卒で入社(とは言わないのか)方は40後半から50歳近い年齢になる。同じ上司と28年も仕事をする、町の変化はないな。新しい町長で町はどう変わるのか、町民も先ずは町長が替わったことにホッとしていることだろう。

▲隣村の真狩村も村長選が行われていて、この日曜日が投票なのか。現村長と前議長との戦い、こちらも接戦だろう。ひょっとして村を二分する戦いになるのか。こちらの現町長は3期目か4期目を目指す。選挙があることは町も二分する可能性もあるが盛り上がるだろう。人口2500人、選挙人は2000人前後か、既に票読みは出来てることだろう。田舎の選挙、大変だと言えば大変だな。

▲我がニセコ町の町長選は来年か再来年にあるのか。現職が三期を目指すのか、引退するのか分からないが、町長はやっても三期までだろう。7期なんて異常だ。理想は二期までなんだろうけど、どうなるのか。それにしても田舎は町長さんとは距離が近い。何万人もいる町だと首長は雲の上の人になるが5千人ほどの町では町長と手軽に話が出来る。そういった点が田舎はいい。人口5000人前後の町がいいのかな。

▲根雪になるのかと思われた積雪も週末暖かくなるようでほとんど融けてしまうだろう。誰もがこの時期のこの積雪には驚いたはずだ。17回目の冬を迎えるが初めてだ。雪降りが早いからと言って今後どうなるか分からない。タダ、早めに雪が降ってくれるとスキー場関係者にはプラス。スキー場が白くならないとお客さんは来ない。

▲そろそろ受け入れのための従業員の人達もやってくる。従業員研修というか訓練も大変そうだ。今年のスキー場はどうなるのか、雪が降り続けることがスキー場を盛り上げる、お客さん獲得のための第一条件だ。ニセコのために降ってくれ。

 

11月12日朝。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 集まらない | トップ | 満足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事