ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

2017-07-13 04:22:49 | Weblog

 ある女性に住居を5,6年前に斡旋した。俺がニセコに来て家づくりをしている間、借りていたところでもあった。そのうち、何年かした後に彼が一緒に住みついた。その彼女が春先に「出て行かねばならない。何処か住むところは」とのことで相談に来た。

 丁度その頃、建築会社の協力もあり、新築物件を建て始まった時だった。「これ建てて居るが買ったらどうか」と案内した。彼女らは住むところを借りることでやってきたが購入することは全く考えていなかった。今はスマホのアプリで借入金の額から毎月の返済まで簡単に案内出来る。これくらい借りたら毎月の返済はこのくらいだと、すぐに案内が出来るのだ。

 彼らは資料を持ち帰って銀行と相談したようですぐに「買います」となった。ただ、同居はしていたが夫婦ではなく、籍を入れることが前提だった。その後、両家に挨拶に行って、祝福されて籍を入れ、昨日その建物の引き渡しを行った。

 ちょこっといいことをしたな、と思った。新築の家がキューピットとなったし彼らも籍を入れたこと、家を買えたことを非常に喜んでくれた。これも何かの縁だなと思った。いいタイミングだった。帰る際「DNA残してね」と余計なことを言ってしまったが、まあ、いいか。人の喜ぶ顔を見て心の中で喜ぶ、うん、よかった。

 

7月13日朝。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンピュータ化 | トップ | 暑い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事