ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

タイヤ交換

2016-10-25 05:34:25 | Weblog

▲タイヤ交換のために自動車販売会社に向かう時はミゾレが降っていた。いよいよニセコは本格的な雪のシーズンに入ったのか。ひょっとして今年は結構早くから雪が降っているのか。まだ10月後半なのに11月中旬のような感じだ。ゴルフシーズンが終わればすぐにスキーシーズンに入ってもいい。早めに滑れるようになればお客さんは早く来る。

▲タイヤをスタッドレスにしたからと言って滑らないわけではない。滑る時は滑る。気休め程度で慎重運転しなければならない。何故か自分の車は滑るような感じしてショウが無い。

▲これから降っては融けて、融けては降っての繰り返しが半月ほど続くのか。そして11月23日のスキー場オープンに滑れれば一番いいけど、ここ2,3年でオープン時期に滑れることはなかったような気がする。

▲タイヤ交換して間、休憩室に居たら数年前からペンションを行っている知り合いの女性もタイヤ交換に来ていた。話をしていると彼女のペンションに来るヨーロッパ方面のスキーヤー連中が「ここの雪は最高だ」と言っているとのこと。そして近くのホテルの従業員用に何部屋か貸しているのでほぼ満室状態のようだ。忙しすぎるのを心配していた。いいことだ。それにしても日本人からすれば本場のスキー場近辺に住む連中がニセコの雪に驚く、褒める。世界の雪を知らない俺にとっては何か嬉しいものがある。優越感を感じてもいいのか。

▲いつもは聞かれるが「ユーは何しにニセコに」と聞いた。彼女が某暖かい外国から友達とニセコに物件探しに来た時に相談に来てくれた。「ペンションをやってみたかった」とのことだった。こんなにお客さんが来て順調なことに驚いていた。ニセコだからなのか。

▲今日からドームでの3連戦。どうやってチームを立て直すのか、勢いのあるチームをどうやってその勢いをそぐのか。今日はなんとしても勝たないとズルズル行きそうだ。それにしても短期決戦は難しい。広島は黒田の引退の花道を飾ろうと盛り上がっている。鯉の黒田や新井のベテラン勢の役割を果たす「稲葉・金子」的な存在がファイターズにも欲しくなった。無い物ねだりだけど。

▲若手やベテランばかりでもダメ、強打者だけでもダメ、チームのバランス、それぞれの役割を持った選手がチーム作りには必要だな。

 

10月25日朝。千歳にゴルフに出掛ける。どうなんだ、気温は。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クローズ | トップ | 飛んだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事