ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

環境

2017-07-01 05:41:35 | Weblog

 京子チャン一行が我が家を見たいとのことで来られる。たまたま天気も良く羊蹄山も顔を出したので東京から来られた皆さん、田舎の自然に感激されたのか。彼女らが持ってきた朝飯を食べ、珈琲を呑みながら1時間ほど過ごす。それからメンバーの一人がライブをするとのことでニセコの倉庫邑を案内。ライブで唄うという彼、人気ライブで会場は50人ほどしか入れないとのことだが、人気の為先着順だという。

 その彼、仲間に促され、唄う。アンコールもあって3曲ほど歌う。確かに上手いし格好いいオッサンだ。これなら若い頃はもてたはずだ。子供の頃、音楽系の家庭ではなかったので外で遊んでいた俺に取ってはギターを弾き、歌うことが出来るのは羨ましい。

 伸びていた草を刈った。ほったらかしにしておいたら1メートル前後に伸びていた何種類かの雑草を刈った。草を刈りながら「環境って大事だな。随分と変わるモンだ」と。それは三つ葉のクローバーが縦に30センチほど伸びて花を咲かせていた。地を這うクローバーが上に伸びているのだ。上しか伸びるスペースがないと上に伸びるのだ。雑草が密集し、地を這うことが出来なくなっていたのだ。環境によって如何様に変わるのだ。人間も環境次第で如何様にもなるのだろう。

 甥っ子が来てくれた。俺のパソコンのアドバイザーだ。仕事を簡素化するために要望を言って、そういったプログラムを作ってもらう為に来てくれた。色々と要望をだし、持ち帰って仕上げてもらうことになる。出来るのが楽しみだ。

 そういえば、俺がこの年齢にして普通にパソコンを操作し、キーボードをたたけるのもそんな環境に居たからだ。英文タイプは入社し6ヶ月間の研修期間があった。そこで鍛えられた。自慢するがタイプが早いのだ。勿論ブラインドタッチだ。これも環境だ、そんな環境に居たら早く正確(?)なのだ。いい意味でいい環境のところで生活したい。ニセコは自然が豊富、いい環境だろう。

 

7月1日。もう7月か。写真は1時間歩いて撮った写真。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾客百来 | トップ | 排ガス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事