また楽しからずや(その2)

午後の講演が始まる前に一番気になっていたことを確認しました。
そう、初日に講演が行われていた「北方ユーラシアの青銅器文化」の中身です。
ことと次第によっては悔しさのあまりその場で悶え死ぬことになるわけですが。

恐る恐るレジュメを確認したところ、前半はChernykhの「ソ連の古代冶金」
Ancient Metallurgy in the USSR: The Early Metal Age
E. N. Chernykh



の要旨紹介、後半が北の草原地帯と金属器出現期の中国とを結ぶ若干の出土品の紹介となっていました。

前半は手元に本があるからいいとはいえ、やはり直接聞いてみたいところではありました。
特にセイマ=トゥルビノ現象(Seima-Turbino Phenomenon)とまで言われ
北ユーラシアにも多大な影響を与えた、モンゴルからフィンランドまでを貫く
考古学的な”事件”の背景について詳しく聞いてみたかったですね。残念。

2月に中近東文化センターで行われる、
 第9回 2月4日(日)
  中央ユーラシア中部の青銅器 
    畠山禎(横浜ユーラシア文化館学芸員)
に希望を繋ぐ事とします。

さて、夜には武藤さんを迎えて「中華街の夕べ」を挙行するので15時半位には
歴博を引き上げなければなりません。必然的に聞けるコマは限られてくるわけで
終電まで呑んでいた昨日のバカな自分に悪態の一つもつきたいところです。結局
聴講できたのは下記の4つ。

◆春秋・戦国時代の燕の青銅器(石川岳彦氏)
◆日韓青銅器文化の年代(藤尾慎一郎氏)
◆朝鮮半島の青銅器(岡内三眞氏)
◆武器系青銅器の流通と地域性(吉田広氏)

中でも興味深かったのは藤尾氏と吉田氏の発表。

くだんの年代測定騒動の震源地で直接話を聞くのは初めてなのですが、
「手法が完璧なものではないことはわかっているし、問題についても
 どの程度の幅があるかを提示した上で議論している」という主張は
うなずけるものでした。

業界の中のことは知りませんし、手法についても専門家じゃありませんから
なんとも言えませんが、頭から否定してしまうとか、黙殺してしまうとか
いうことがないとよいなと。あと普通にPowerPointでOKかなと。QTじゃなくても。

吉田氏の「武器系青銅器の流通と地域性」の中で一番注目したのは、北九州の
武器系青銅器生産において、自分達が使用するものとは別に中国・四国など
東方向けのものが作られ、搬出されていたという指摘。

要は出荷先の市場のニーズを踏まえて生産にフィードバックをかけるという
商業的行為が明確に見られるということだと思うのですが、
このあたり、ヴォルガ=ブルガールとオビ川流域の住民との関係を連想させて
興味深いです。こちらも当地の信仰面などのニーズを踏まえた商品作りが
行われていたわけで。今回の日本の話と違って媒介者の存在が推定されていますが。

4つしか聞けなかった自分に悪態をつきつつ、中華街の待ち合わせ場所へ移動開始です。(つづく)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

カマ~ウラルの交易路

今日のMIPPのカタログから:

Belavin A.M.
Kamskii torgovyi put': Srednevekovoe Predural'e v ego ekonomicheskikh i etnokul'turnykh sviaziakh | Kama Trade Thruway: The Medieval Ural in Its Economic and Ethnocultural Relations.
Perm': PGPU, 2000. 200 p., il. 27x16 cm. Soft. ISBN 5-85218-267-X. 400 copies. In Russian.
The monograph inquires into economic, ethnic and cultural aspects of development of the Kama Track - the main trade thruway in Russian Ural in the IX-XIV centuries.
$9.00 (Item no. U00676)

9世紀から16世紀にかけてのカマ川~ウラルへの交易ネットワークについて。
かなり期待。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

また楽しからずや(その1)

先週末は怒涛の日々でした。西から武藤さんをお迎えしつつ重複する歴史系イベントを消化。

初日の土曜日は佐倉の歴博への遠征(笑)から調子よく幕を開けるはずでしたが、
前夜終電まで恵比寿で呑んでいた事もあって目が覚めたら9時。
いきなりの最悪の展開に急ぐ気も失せてゆっくり納豆をかき混ぜて朝食にする次第。

遼東青銅器文化に思いを馳せながら食べる納豆と味噌汁は極上でした・・・orz

重役出勤で歴博に着くと既に昼休み。埋め合わせのようにミュージアムショップで
全国の博物館の出版物を買いあさります。中でもよかったのが、これ。

オシラ神の発見
遠野市立博物館



オシラサマの並ぶ表紙の写真を見ただけで心が震えます。
誰がなんといおうと我が貂主の国的にはオシラサマは北ユーラシアに
広く分布するところのオンゴン、偶像群に連なるものであり、日本の東北地方もまた
貂主の国の一部であることを示唆する重要なアイテムの一つなのです。

大阪の民族博物館の展示の仕方も中央ユーラシア→北ユーラシア・アイヌ→
日本の東北と並んでいく中でオンゴンや削りかけ、イナウ、オシラサマが
次々と立ち現れ、そのつながりを暗示するものになっていますね(今もそうかな)。

結構前のことですが、初めてアレを見せられたときは興奮のし過ぎであの辺りを
うろうろ何往復もしてしまいました。挙動不審そのもの。削りかけ欲しい・・・
もう少し先に進むとコケシがたくさん並んでいるんですが、
ああいう風に顔立ちがはっきりしているとつながりがあったとしても、もう別物ですね。

この図録「オシラ神の発見」は東北各地から集めも集めたり、200体を超える
オシラサマを集めて2000年に開催された同名の特別展で作られたもの。
この目で見てみたかったですねぇ。
目の神様でもあるとされているので文字通り「眼福」だったはず(笑)

イタコの方による「おしら遊ばせ」の実演まであったとか。もう一生見られない・・・orz

とはいえ、オシラサマの写真は全点オールカラーで収録されていますので
興奮必至です。たいていこういうのは一部だけカラーであとはモノクロ、というのが
相場だと思うんですが贅沢な作りです。

図録に寄せられた解説の数々も読み応えのあるものばかりで、収録された
「オシラ祭文」と合わせて、初心者にもやさしい優れたオシラサマの概説書に
なっています。オシラ神の地域的呼称分布、オシラ神への巫女の関与に見る
地域的諸相についての言及は、「日本の東北地方もまた貂主の国の一部である」
等という単純なものではなく、これまでの歴史を踏まえた複雑な様相を備えた
問題であることを思いしらせてくれます。

一家に一冊の優れものです。おススメ。

その他に
「蘇民将来符 ~その信仰と伝承~」上田市立信濃国分寺資料館
「北の遊牧民 モンゴルからシベリアへ」北海道立北方民族博物館
「アムール流域の人々 ~写真目録 ニブフ、オロチ、ウリチ、ナーナイ~」北海道立北方民族博物館
「知られざる中世の北海道 ~チャシと館の謎にせまる~」北海道開拓記念館
「日継知らす可き王無し ~継体天皇の出現~」安土城考古博物館
を購入。これらについてはいずれ触れることもあるでしょう。

いよいよシンポジウム午後の部開始です。(つづく)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝 サッポロ堂書店様 25周年

木枯らしと共に冬には無くてはならない逸品が今年もまたやってきましたよ。



表の紙がこれまでと違ってつるつるです。そして色紙黒一色ではなく4色カラー。
そして表4にはこれまでのサッポロ堂書店さんの歩みが30冊の目録表紙に凝縮されています。

最初に文献目録を手にしてから今回で9冊目。
サッポロ堂さんの文献目録はそれ自体が北方関連文献として価値があるので
すべて保存してあるのですが、それとてこれまでに発行されてきた
目録の1/3にも及びません。歴史の重さに脱帽です。

以前お邪魔した際に(90年代末頃)ノートPCでばりばり在庫管理を
されていたのを見て自分の蔵書一つきちんと管理できない自分に哀しくなりました(^^;;
このデータから目録の版を生成していたと記憶していますが、
まともなパソコンも管理ソフトもなかった初期の頃の目録は
どうやって出されていたんでしょう。しかもその頃は年に
2冊、3冊と出されていたわけで・・・その執念あっての25年ですね。

今回から消費税5%はサッポロ堂さんが負担という太っ腹ぶり。
祝25周年と日頃の感謝の気持ち、今後へのエールを込めて
今年は少々奮発して欲しい本を遠慮なく発注しますよ。
送料がタダになるくらい(弱すぎる・・・orz)。

以前に比べて西シベリアやウラルを越えてさらに西の文献がそこはかとなく
増えているように見えるのは自分を誘っているのだと都合よく解釈。
目に付くところでは

 「オビ川のノヴォシベリアにおけるクライスキー文化」
クライ文化だけでまるまる一冊。興味津々。
 「ウラル地方と西シベリアの古代の彫像」
 「西シベリアの青銅器時代」
他、いろいろ>西シベリア物。カレリア物も有。
 「カレリア地方の中石器時代と新石器時代」

などなど。どうか売り切れてませんように・・・
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

中央アジア学フォーラム

お疲れさまでした>皆様。不手際を晒してすみませんでした。
詳細についてはまた後ほど。

武藤さんも無事帰還された様で何よりです。
だが安心する暇もなく素敵な会合が関西で・・・

中央アジア学フォーラム
発表者:
【新刊紹介】「Th. T. Allsen, P. B. Golden (etc. eds.), Archivum Eurasiae Medii Aevi 14, 2005, Harrassowitz Verlag, Wiesbaden.」(大阪大学・田村 健)
【研究発表】「唐末「支謨墓誌銘」と九世紀沙陀関係史料」(中央大学・西村陽子)
【新刊紹介】「M. Comparetti, P. Raffetta, G. Scarcia (ed.), Eran ud Aneran, Studies presented to Boris Il'ich Marshak on the occasion of his 70th birthday, 2006, Libreria Editrice Cafoscarina, Venezia.」(神戸市外国語大学・影山悦子)
【研究発表】「武威安氏の「家業」──隋唐における中国在住ソグド人の牧馬──」(岐阜聖徳学園大学・山下将司)


關尾氏のブログによれば最初のは
中央ユーラシア西部の諸民族,特にハザル関係諸論文の紹介
とのことですよ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

北東ユーラシアの考古学

MIPPから送られてきた今日のカタログの中でめぼしいものを発見。

Неолит и палеометалл Севера Дальнего Востока.
(The Late Stone Age and Paleometall of the North of Far East.)

Magadan: SVKNII DVO RAN, 2006. 211 p. 27x21 cm. Soft. ISBN 5-94729-075-8. 200 copies. In Russian.
The book presents the materials on archeology of Chukot, Kamchatka, and Okhotsk coast of the late Stone Age and Paleometall periods. Special research is devoted to radiocarbon chronology of Holocene monuments of the north-east of Asia, geomorphologic study of landslips, and others.
$33.00 (Item no. F01299)

オホーツク海の北岸はマガダンから、北東ユーラシアの考古学本が出た、とくれば
反応せざるを得ません。チュコト半島、カムチャツカ半島、オホーツク海岸という
地域もさることながら、石器時代から金属器時代への移行時期を取り扱って
いそうな(勝手にそう思っているだけ)煽り文句がそそりますね。

旧石器時代末期の情報はよく見かけるところですし、ずっと時代の下った
初期鉄器時代なら菊池先生の本があるのでよいのですが、その間に関する情報が
欲しいので購入。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )