貂主の国Botを作ろう

予想外に北ユーラシア関係でTwitterしてるとこがあったので俄かに貂主の国専用のTwitterアカウント取って、数多あるアカウントをリスト化したりと環境を作ってみたのですが(いつになくこのブログが盛り上がっているのもそのせい(笑))、

 やっぱりTwitter対応しているところはそんなに多くない

のが現実。

ここは昔ながらのRSSとかその辺のものと統合をはかっていきましょう。チェックしたいサイトは数ヶ月にいっぺん更新されるかどうかってとこが多いので、まずは公的機関みたいにそれなりに更新頻度のあるところで動作確認してから対象範囲を広げよう。

基本的にはBot用のアカウントをさらに別にとって、そいつにRSSとかサイトの更新情報を囀らせる、というよくあるパターン。RSSをTwitterに投げるのはTwitterfeedを使って自動で行います。

(1)RSSのあるサイトの場合
 ふつーにFeedを追加して、RSSのURLを登録するだけです。
(2)RSSのないサイトの場合
 サイトの相性もあるようなので一概には決められませんが、page2rssのようなWebサイトからRSSを生成してくれるツールを使います。page2rssの生成したRSSのURLを、やはりTwitterFeedに登録します。

とりあえず、これだけで仕掛けはできました。タイミール半島からバレンツ海沿いのネネツ自治管区までのサイトを10ばかり登録して様子を見てみましたが、順調にTweetしてくれているようです。

PC上ならGoogle翻訳とかあるのでこれでもいいのですが、ケータイでチェックするのでもう一ひねり欲しいところ。つまるところ手元に携帯しかない状況でロシア語と向かい合わないといけません。

RSSがRSSの形式のまま露英翻訳されているとグッドです。
#日本語に訳させるとろくでもないので、英語に留めておくのが吉。
ついこの間まではGoogle翻訳APIを使ったMlooviとかいうRSS翻訳サービスが人気があったようですが、現在閉鎖されてしまっているので別の手を考える必要があります。

Google翻訳に渡すパラメータをいじればRSSの形式を保ったまま翻訳できるんじゃないかとしばらく試行錯誤してみましたが、断念しました。勝手にHTML構文化されてRSSではなくなってしまうので、twitterfeedが食ってくれません。まぁ、どなたかわかる人がいたら教えてください。

というわけで、翻訳といえば昔から馴染みのSYSTRAN。こいつがやはりRSSの翻訳サービスを無料で提供しています。さすが老舗なだけのことはあります。アカウントを登録するだけで使えるので便利ですが、いつかはMlooviのようにサービス終了、なんてことがありかもしれませんがそこはそれ。今を謳歌することにしましょう。

SYSTRANのサイトでRSSのURLを投げると翻訳後のRSSのURLを生成してくれますので、これをtwitterfeedに食わせればOK・・・なはずです。

OKです、と書けなかったのは実はSYSTRANの方でURLを生成するページが落ちてしまったので一つのサイトしかFeedを設定できず、まだ動作確認が取れてないからなのですね。
俺のせいじゃないよね>SYSTRAN
サイト増強してよ(タダで使っているくせに>俺)

ということで、SYSTRANの調子が復活したらまた続きをやってみるつもり。

うまくいったら携帯から北ユーラシア関連のサイトの更新情報をtwitterクライアントで一元管理&英語でチェックできる環境ができるな・・・
#ノルウェー語とかフィンランド語、エストニア語、ハンガリー語の問題は残る。

・・・とここまできたらロシア語の呟きを英語で表示させないと。jigtwiとtwitterの間に何か挟みこめるのかなぁ。
続きはまた後日。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Skype

先日打ち合わせ中に携帯に着信があって、ふと見てみたらなんと国際電話(ぎゃー

欧州に本部のある組織のセミナー(だが会場は東京)に申し込んでたりとかしてたのでその絡みか?とドキドキしながら電話に出たらウズベキスタンの友人からであった。

岩手の地震で山一つ消えた映像とか、向こうでは流れていたので大丈夫か?と心配してくれたのだそう。そんなところから心配してくれるとはありがたい・・・(T_T)

それはいいとして、こんなのんびり会話してて大丈夫なのかと逆に聞いたらSkype入れたのでぜんぜんOKとのこと。かの国のインフラもだいぶ整ったのだなぁとちょっと感動。
5年位前は確かダイアルアップ接続だったはず。

また行きたいなぁ。のんびりと。
こちらもSkype導入しようかな。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

オライリーっぽいやつ

こんな表紙に・・・

主に足がかぶって「貂王の国」になってるし。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

GoogleMap中国版

既にご存知の方も多いと思いますが、サービス開始ですね。



ラサとか。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

ウイグル無頼

むとうすさんとこ馬頭さんところでまじめな書評をされている中、
そして反町ハーンがモンゴルの人々の反感を買いながら日本のスクリーンに踊る昨今、

「せっかくだから俺はこの本を選ぶぜ」

ウイグル無頼

講談社

このアイテムの詳細を見る

草原だか中国だかわからない「なんちゃってユーラシア」を自由奔放に生きた無頼漢が
ついには大ウイグル帝国を建国する波乱万丈の人生を描ききった全1巻の大作。
モンゴルなんて目じゃないですよこれからはウイグルですよ(棒読み)

敬愛する故・横山光輝大先生の膨大な作品群にあって、連載から30年目にしてようやく
単行本化されたというひっそりぶりには似つかわしくない、ある意味激しい作品です。
間違ってもジャイアント・ロボにゲスト出演したりしませんが。

ウイグル無頼というからにはウイグルな話のはずなんですが、
どのくらいウイグルかと言うとこの位。

かのモンゴル帝国ですらなしえなかったレナ川流域をも支配した「大ウイグル帝国」!
広大なユーラシア大陸に踊る文字は大ウイグル帝国とシベリアのみ。きっとジャパンは海の底。
現代ウイグル人もびっくりのウイグルっぷりです。

そして危険な薀蓄もちらりほらりと・・・

「ウイグル地方では宗教上の理由から鍋は家の定まったところに
おかねばならず、少しでも動いていればタブーを冒したことになり、死の制裁が加えられる。」
「毛沢東が二十世紀の奇跡と言われる長征を行った時、紅軍がこれを知らずに
多くの犠牲者を出したのは有名な話である」


「知っているのか雷電!?」とか「な、なんだってーっ!?」の世界ですね。
まぁ、日本コミック界で「ウイグル」と言えば「北斗の拳」のウイグル獄長が
有名ですが、上には上がある、ということなのでしょう。

こんなん、歴史モノじゃないよ、と思うところですが妙に実際のアイテムを持ってきたりして

こんな紹介文とともにイラン系武装集団による遠距離弓射攻撃が行われてたりします。


こちらが実際に南シベリアはミヌシンスクから発掘された弓状遺物ですね。

現在では弓という解釈は少数派で、馬車に体をしっかり預けられるようにするための腰金具であるとか
旗印のための金具であるとかいう説が有力である、というのは先日まで中近東文化センターで
開催されていた「古代ユーラシアの青銅器」展のカタログにも記載されています。

この作品、最後はすごい終わり方で幕を閉じますが、これは是非手にとって
ユーラシア世界の非情さを体感していただきたいと思う次第です。はい。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 5 )

情報インフラの発達と多様性

地理的にも歴史というジャンル的にも「極北」に位置する我が「貂主の国」ですが、今日はその辺に関する話。

むとうすさんところで「ニュースソース その2」としてネットの発達と多様性について興味深い話を展開されています。

「多様性」というものがないとこんな辺鄙なサイトはおろか、東洋史と西洋史と日本史以外の
マイナーな歴史サイトは全滅の憂き目にあうことになるので、ほっとけません(笑)。

紹介されている佐々木俊尚氏のブログの記事を読みました。
これまで情報発信の手段が限られていたのが、ネットの発達によって
多様な情報が即時に流通する状況が現出し、それまでの送り手達が
困惑する様が取り上げられています。

#マスコミが適当に記事を書き飛ばすことが往々にしてある、というのは
#自分が関わっている分野において経験するところですからある意味溜飲の
#下がるところもありますが。それはさておき。

問題は、
「多様な情報が入手可能」な状況がそのまま社会の多様性を担保することになるのか
ということです。

今はまだネット開闢(^^)以来時間が経っていないので、これまでに培われた多様性が
表出することになり「ネット=多様性」という構図が成り立っている段階なのかな、と思っています。

一方でネットの発達による情報流通の即時化は、多様性を培う前に均質化された情報環境に人々を
放り込むことになり、場合によっては多様性を損なう方向に作用します。

これは既に交通手段の発達で同様の事態が起きていること(「ファースト風土化」現象)を
我々は知っているわけですが、情報インフラの発達が今後どのような事態を
引き起こすかは注視すべきことであろうと思います。

このBlogを書くにあたってはジャンルを設定しないといけないわけですが、
実にどうでもいいメジャーな話題に多くが割かれたその構成を見る度にうんざりします。

多様な情報が入手可能になったことがそのまま多様性の担保になるわけでなく、
「多様性を培う何か」を別途用意しないといけないように思います。

「独りきりで煮詰まっている時間の長さ」ってのはその候補足りうるかな(^^;;
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます

今年もこの目立たないサイトをどうかよろしくお願いいたします。
去年の書きかけも終わってないですが(おい)、ゆっくりたゆまず更新していけたらいいな、と。

書きかけといえば西シベリア本も再開しないといけないですね。
いろいろがんばります。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

また楽しからずや(その2)

午後の講演が始まる前に一番気になっていたことを確認しました。
そう、初日に講演が行われていた「北方ユーラシアの青銅器文化」の中身です。
ことと次第によっては悔しさのあまりその場で悶え死ぬことになるわけですが。

恐る恐るレジュメを確認したところ、前半はChernykhの「ソ連の古代冶金」
Ancient Metallurgy in the USSR: The Early Metal Age
E. N. Chernykh



の要旨紹介、後半が北の草原地帯と金属器出現期の中国とを結ぶ若干の出土品の紹介となっていました。

前半は手元に本があるからいいとはいえ、やはり直接聞いてみたいところではありました。
特にセイマ=トゥルビノ現象(Seima-Turbino Phenomenon)とまで言われ
北ユーラシアにも多大な影響を与えた、モンゴルからフィンランドまでを貫く
考古学的な”事件”の背景について詳しく聞いてみたかったですね。残念。

2月に中近東文化センターで行われる、
 第9回 2月4日(日)
  中央ユーラシア中部の青銅器 
    畠山禎(横浜ユーラシア文化館学芸員)
に希望を繋ぐ事とします。

さて、夜には武藤さんを迎えて「中華街の夕べ」を挙行するので15時半位には
歴博を引き上げなければなりません。必然的に聞けるコマは限られてくるわけで
終電まで呑んでいた昨日のバカな自分に悪態の一つもつきたいところです。結局
聴講できたのは下記の4つ。

◆春秋・戦国時代の燕の青銅器(石川岳彦氏)
◆日韓青銅器文化の年代(藤尾慎一郎氏)
◆朝鮮半島の青銅器(岡内三眞氏)
◆武器系青銅器の流通と地域性(吉田広氏)

中でも興味深かったのは藤尾氏と吉田氏の発表。

くだんの年代測定騒動の震源地で直接話を聞くのは初めてなのですが、
「手法が完璧なものではないことはわかっているし、問題についても
 どの程度の幅があるかを提示した上で議論している」という主張は
うなずけるものでした。

業界の中のことは知りませんし、手法についても専門家じゃありませんから
なんとも言えませんが、頭から否定してしまうとか、黙殺してしまうとか
いうことがないとよいなと。あと普通にPowerPointでOKかなと。QTじゃなくても。

吉田氏の「武器系青銅器の流通と地域性」の中で一番注目したのは、北九州の
武器系青銅器生産において、自分達が使用するものとは別に中国・四国など
東方向けのものが作られ、搬出されていたという指摘。

要は出荷先の市場のニーズを踏まえて生産にフィードバックをかけるという
商業的行為が明確に見られるということだと思うのですが、
このあたり、ヴォルガ=ブルガールとオビ川流域の住民との関係を連想させて
興味深いです。こちらも当地の信仰面などのニーズを踏まえた商品作りが
行われていたわけで。今回の日本の話と違って媒介者の存在が推定されていますが。

4つしか聞けなかった自分に悪態をつきつつ、中華街の待ち合わせ場所へ移動開始です。(つづく)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

また楽しからずや(その1)

先週末は怒涛の日々でした。西から武藤さんをお迎えしつつ重複する歴史系イベントを消化。

初日の土曜日は佐倉の歴博への遠征(笑)から調子よく幕を開けるはずでしたが、
前夜終電まで恵比寿で呑んでいた事もあって目が覚めたら9時。
いきなりの最悪の展開に急ぐ気も失せてゆっくり納豆をかき混ぜて朝食にする次第。

遼東青銅器文化に思いを馳せながら食べる納豆と味噌汁は極上でした・・・orz

重役出勤で歴博に着くと既に昼休み。埋め合わせのようにミュージアムショップで
全国の博物館の出版物を買いあさります。中でもよかったのが、これ。

オシラ神の発見
遠野市立博物館



オシラサマの並ぶ表紙の写真を見ただけで心が震えます。
誰がなんといおうと我が貂主の国的にはオシラサマは北ユーラシアに
広く分布するところのオンゴン、偶像群に連なるものであり、日本の東北地方もまた
貂主の国の一部であることを示唆する重要なアイテムの一つなのです。

大阪の民族博物館の展示の仕方も中央ユーラシア→北ユーラシア・アイヌ→
日本の東北と並んでいく中でオンゴンや削りかけ、イナウ、オシラサマが
次々と立ち現れ、そのつながりを暗示するものになっていますね(今もそうかな)。

結構前のことですが、初めてアレを見せられたときは興奮のし過ぎであの辺りを
うろうろ何往復もしてしまいました。挙動不審そのもの。削りかけ欲しい・・・
もう少し先に進むとコケシがたくさん並んでいるんですが、
ああいう風に顔立ちがはっきりしているとつながりがあったとしても、もう別物ですね。

この図録「オシラ神の発見」は東北各地から集めも集めたり、200体を超える
オシラサマを集めて2000年に開催された同名の特別展で作られたもの。
この目で見てみたかったですねぇ。
目の神様でもあるとされているので文字通り「眼福」だったはず(笑)

イタコの方による「おしら遊ばせ」の実演まであったとか。もう一生見られない・・・orz

とはいえ、オシラサマの写真は全点オールカラーで収録されていますので
興奮必至です。たいていこういうのは一部だけカラーであとはモノクロ、というのが
相場だと思うんですが贅沢な作りです。

図録に寄せられた解説の数々も読み応えのあるものばかりで、収録された
「オシラ祭文」と合わせて、初心者にもやさしい優れたオシラサマの概説書に
なっています。オシラ神の地域的呼称分布、オシラ神への巫女の関与に見る
地域的諸相についての言及は、「日本の東北地方もまた貂主の国の一部である」
等という単純なものではなく、これまでの歴史を踏まえた複雑な様相を備えた
問題であることを思いしらせてくれます。

一家に一冊の優れものです。おススメ。

その他に
「蘇民将来符 ~その信仰と伝承~」上田市立信濃国分寺資料館
「北の遊牧民 モンゴルからシベリアへ」北海道立北方民族博物館
「アムール流域の人々 ~写真目録 ニブフ、オロチ、ウリチ、ナーナイ~」北海道立北方民族博物館
「知られざる中世の北海道 ~チャシと館の謎にせまる~」北海道開拓記念館
「日継知らす可き王無し ~継体天皇の出現~」安土城考古博物館
を購入。これらについてはいずれ触れることもあるでしょう。

いよいよシンポジウム午後の部開始です。(つづく)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中央アジア学フォーラム

お疲れさまでした>皆様。不手際を晒してすみませんでした。
詳細についてはまた後ほど。

武藤さんも無事帰還された様で何よりです。
だが安心する暇もなく素敵な会合が関西で・・・

中央アジア学フォーラム
発表者:
【新刊紹介】「Th. T. Allsen, P. B. Golden (etc. eds.), Archivum Eurasiae Medii Aevi 14, 2005, Harrassowitz Verlag, Wiesbaden.」(大阪大学・田村 健)
【研究発表】「唐末「支謨墓誌銘」と九世紀沙陀関係史料」(中央大学・西村陽子)
【新刊紹介】「M. Comparetti, P. Raffetta, G. Scarcia (ed.), Eran ud Aneran, Studies presented to Boris Il'ich Marshak on the occasion of his 70th birthday, 2006, Libreria Editrice Cafoscarina, Venezia.」(神戸市外国語大学・影山悦子)
【研究発表】「武威安氏の「家業」──隋唐における中国在住ソグド人の牧馬──」(岐阜聖徳学園大学・山下将司)


關尾氏のブログによれば最初のは
中央ユーラシア西部の諸民族,特にハザル関係諸論文の紹介
とのことですよ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ