9世紀前半の渤海と東北アジア



【渤海と黒水靺鞨】
9世紀に入り、渤海は唐に「海東の盛国」と記録されるほどの
最盛期を迎える。対外的には度重なる黒水靺鞨への遠征により、
その版図を北に向けて最大に広げることとなった

渤海は靺鞨諸族の基盤の上に高句麗遺民が中心となって建てられた
国家であるが、高句麗自身、靺鞨の祖先である扶余の分派によって
建てられた国であるから靺鞨と高句麗とを峻別する必要はあまりない。
東北アジアの諸集団の中で中華文化を受容した勢力(移住してきた
漢人コミュニティも含めて)が同族を組織して国を形づくった、
という点では高句麗も渤海も基本的には同じと考えてよいだろう。

山東半島から渤海海峡を渡り、遼東半島を経由して東北地方に至る
交易路が渤海の富をもたらす源であった。貂の毛皮をはじめとする
北の豊富な産物が渤海から唐に運び出され、見返りに様々な文物が
渤海を潤した。渤海を育んだ地域は東北アジアの物流の要であり、
有史以前から1000年近く後代の清の成立時期まで北の世界と
南の世界との結節点として機能し続けていたのである。
唐との関係が安定した8世紀半ば以降、この交易路はその機能を
最大限に発揮することとなる。

渤海の北の黒水靺鞨もまた唐と直接結びつくことによって交易による
利潤を追求していた。間に位置する渤海としては南北物流の中抜きを
意味し、さらに背後に軍事的脅威となる勢力の存在を許すことになる
この結びつきを看過することはできなかった。
このことが渤海の山東半島の登州襲撃をはじめとする8世紀前半の
唐との緊張関係をもたらした。

その後も黒水靺鞨と渤海は対立を続けていくが、両者の勢力範囲に
当時の考古学的文化の分布域を重ねてみるといずれもが同じ
文化を土壌としていることが見てとれる。

これまでの考古学的な調査の結果、中国東北部、沿海州、
アムール川流域には当時、同仁・靺鞨文化が広がっていた
(中国国内では同仁文化、ロシア国内では靺鞨文化と
呼ばれる考古学的文化がそれぞれの領域内で設定されているが、
これらは同じ文化であると考えられている)ことが判明している。

「靺鞨の世界」の中で培われた社会の発展は、その後女真文化から
金の成立へと続き、やがて大清帝国を生み出していくのである。

・・・この項続く
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

刀伊の入寇と交易網

コメント欄で書くつもりでしたが、長くなったのでこちらで・・・(^^;;

●石徹白 宇留生さん:

【前史】

まず、刀伊の入寇の前史として渤海の交易活動が非常に
盛んであったことがあります。

日本でも来貢頻度を引き下げるように言われているのにも関わらず、
しょっちゅうやって来ていた渤海使(と言う名目の交易商人)の話は有名ですし、
その交易網が遠く南の呉越地方に延びていたという記録が中国に残っています。

陸上の交通網を通じての交易も活発に行われていました。
特に西京鴨緑府から鴨緑江沿いに遼東半島に向かい、
対岸の山東半島に通じる交易ルート(朝貢道)が有名です。

渤海滅亡後も鴨緑江上流にあった定安国(渤海の後継諸国家の一つ)に
よってこの朝貢道は維持し続けられていたので、旧渤海地域の女真達は
安定した交易活動を続けることができたのです。


【契丹の征東政策と東北地方の動乱】

ところが10世紀末に定安国が契丹に滅ぼされてしまうとこの交易路が
絶たれてしまいます。これは契丹の大規模な征東政策の一環だったのですが、
交易路の遮断や契丹の攻撃によってこの地方は以後数十年に渡って
動乱の時期を迎えることになります。

契丹の攻撃は高麗にも向けられますが、その相次ぐ攻撃の記録には
渤海王族の末裔達が高麗の武将として戦う姿が残っていたりします。
また、定安国の後も大元(渤海王族の末裔?)が国を建てて宋に朝貢した
記録があり、旧渤海側も契丹には簡単に屈していません。

滅亡以来百年近い時を経てなお東北地方には渤海の残影が色濃く
残っていたことが伺えます。

そうした動乱の中、行き先を失った旧渤海の女真達は
その”経済活動”の矛先を南に向け、日本海岸沿いに
朝鮮半島を南下することになります。
あるときは取引で、あるときは力づくで、という経済活動です。
ヴァイキングや倭寇と同様ですね。

高麗の史料に最初に記録された1005年の襲撃以降女真は南下を続け、
刀伊の入寇の前年には鬱陵島の住民が女真に襲撃されて全滅という
事態に至ります。

刀伊の入寇のあった1019年はこうした動乱期のまさにピークであったと言えます。


【終焉とまとめ】

その後、この動乱期は1029年~1030年にかけて契丹の統治下で起きた
渤海王族末裔である大延琳の反乱(興遼国)を最後に収束を迎えることになります。

刀伊の入寇は、あまり光のあてられていない渤海や女真の活発な交易活動が、
契丹によってもたらされた動乱の時代にその一面を垣間見せた出来事である
と言ってよいでしょう。

#いずれ図を起こしたい、と思ってます。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )

高句麗壁画古墳展(9月4日まで)


電車の広告でやっていることを知り、
あわてて行って来ました。

よく調べていかなかったので、開催場所を
東京国際フォーラムと勘違いして
有楽町に行ってしまい、あやうく
大江戸骨董市につかまるところだったのは
ここだけの秘密です(笑)。

正解は赤坂にある「国際協力基金フォーラム」。
赤坂ツインタワーの1階です。

高句麗の壁画古墳群が世界遺産に指定された、
ということでの展示会ですが、なにぶん
壁画古墳が主役ですから展示してあるのも壁画(の写真)だけ。

なにか副葬品なりなんなりも展示されているかなと
期待をしていたのですがほんとに写真だけでした。
(戦前の日本の学者・美術関係者らによる
 壁画の模写もありましたが・・・)

それだけに展示する側も苦慮されたのではないかと
思いますが、羨道を模した通路は雰囲気たっぷりで
私的にはお気に入りでした。

第25代平原王の墓とされる江西大墓、江西中墓の
壁画はさすがに圧巻でした。ここの朱雀や玄武は今回の
展示の目玉だけに、写真とはいえしばし見とれてしまいました。

高句麗を生み出した地域はその後渤海、金、女真、清と続く
諸国家・諸勢力を生み出した、我が「貂主の国」的にも
重要な地域の一つです。新羅や百済の影に隠れていますが、
日本の古代史に与えた影響もまた無視できないものがあり、
興味が尽きません。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )