星とか日々とか

ブログはじめました/2011/12/10

ミュシャ展(撮影可能エリアの作品) 2017年5月14日

2017-05-14 00:29:33 | 芸術

このような大作の展覧会で、撮影ができるというのはほんとうに嬉しいです。図録で振り返るのも勿論よいですし、その中の作品も十分美しいですが、
自分がそこにいて「本物の作品」と向き合ったという記憶をそのまま残す写真はまた格別です。

撮影可能エリアの5点です。高さ6メートルものスラヴ叙事詩を下から撮るので、16-35mmの広角レンズ(シフトレンズが理想ですが、持っていないので普通
の広角)で歪曲収差を補正しながらできるだけ作品の真ん中から撮影し、その後上窄まりの像を水平に起こす処理を行い、色調などの微調整を施してあります。
実際に会場で見た作品は、もっと柔らかく空間に溶け込むような優しい雰囲気です。沢山の人で混雑した中なので、作品の前に誰も居なくなったごく数秒の間に
サイレントモードで音と手振れを消してサッ、という方法で撮影したコマが殆どです。

作品にはこちらを見ている人物が配置されていますが、彼らの存在により、単なる鑑賞する者と絵画の関係ではなく、こちらも作品の中の出来事に積極的に引き
込まれている、と感じます。それこそがミュシャ(ムハ)の意図だと思います。

ところで、「スラヴ菩提樹でおこなわれるオムラジナ会の誓い」に描かれている女神スラヴィアのお顔ですが、正面から撮影するとディティールがはっきり
しないのですが、斜め左側からだと、キリッとした表情が見て取れます。表情だけでなく女神周辺の様子も同様です。これは肉眼(双眼鏡)でも同じです。
  「女神を拝見するときは、斜め左から」がお奨めです。

イヴァンチツェの兄弟団学校

聖アトス山

スラヴ菩提樹でおこなわれるオムラジナ会の誓い (女神像、斜め左と正面の比較)

ロシアの農奴制廃止

スラヴ民族の賛歌

撮影の機会を与えてくれたことに、心から感謝します。

 

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュシャ展と大エルミタージ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。