ピンネの風に揺られて

気ままな日帰り山行

紋別岳(865.8m)・後編

2017年03月13日 04時41分14秒 | 山行



東側は少し雲がとれ「恵庭湖」と思われる。


30分ほど休憩し「支笏湖温泉」もこの通りなので下山。スノーシューを装着。


途中の送電線の所で新しいトレールが。
確か冬のショートカットコースのはずなので跡をたどる。
3人の若者が尻滑りを楽しんでいた。天気が良くないので途中から下山したらしい。
出会った所から急な斜面になったのでツボに切り替える。
雪は締まっているので問題無い。


下まで来ると木の橋が現れる。
慎重に下るがかなりの急斜面で滑り落ちそう。
どうしようかと思案。少し登り返せば古いスキーのトレールが有ったのを思い出す。
辿って行くと新しいスノーシューのトレールに合流。


登山口に到着。
単独行の場合は無理は禁物ですね。


帰路の樽前山方面。やはり雲の中。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紋別岳(865.8m)・前編 | トップ | 紋別岳(865.8m)・番外編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。