のり屋のバーサン日記

落語に親しみ、犬猫と和む…
何でもないけど、めでたい毎日

姐御と昼寝

2017-07-16 00:04:09 | 犬猫と和む


実家の父が高齢で、
来客やお届け物などの対応に不安があり、
四十九日までの母の祭壇は、
実家至近の兄宅にしつらえた。

昨日はお届け物の到着を待ちながら、
祭壇の前でお昼寝。
(母よ、いいよね?笑)

母も可愛がっていた兄宅の猫、
さすらいのルッカ姐さんも
気持ち良さげにブッ倒れ〜♪


名前を呼ぶたび、
尻尾で床をトントン、
律儀にお返事する姐御。

遺影の母も笑っていたかも?

ここ半年間の疲れが、
ちょっと和らいだような、
土曜日の午後。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PPAP | トップ | いたー♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ルッカ姉さん (ぺちこ)
2017-07-16 23:18:35
少しお休みできたようでよかったですね。
ルッカ姉さんはキリリとしたお顔で美猫さんですね🐈
うちの先代の猫も名前を呼んだら尻尾で返事をしてました。めんどくさそうでしたが( ´艸`)
なぜかシューベルトの「ます」が好きで、曲を聴きながら尻尾をパタパタさせていました。
魚が跳ねるシーンを想像してたのかも?

あばれる君は名前を呼べばたまに「うるる?」と言いますが尻尾の返事は見たことがないです。
音楽鑑賞も好きではないみたいです(すぐ離れる)

まだおこちゃまだから芸術の良さがわかってないようですにゃ

ちなみに、先代の猫とあばれる君は猫種や模様は違いますが毛色はほぼ同じです。
これも縁なのかなと思ってます。
猫はクラシックがお好き? (のり屋)
2017-07-17 00:26:45
ぺちこさん
特定の楽曲に反応するなんて、人間みたいな猫ちゃんですね!
次に生まれ変わったら、きっと人間ですよ!

我が家でも先代猫くんは弦楽器の音色が好きで、ヴァイオリンの音に合わせて気持ち良さそうに尻尾を振っていました。
猫ってクラシックが好きなのかも?
そういえば、弦楽器のカタチって、何となく猫に似てるし、ヴァイオリンの音色も猫の鳴き声に近い気が…??(のり屋の勝手な考察)

で、O太郎ですが、、、
やはりまだオコチャマ。
芸術はわかってニャイようです。笑。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

犬猫と和む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。