ミニマニストMIS即時審美インプラント専門書著者ブログ 実例写真動画多数 親知らず抜歯も腫れない無痛低侵襲手術 

親知らず抜歯も腫れない痛くない、1日で綺麗な歯 ミニマニスト部分即時荷重審美インプラント 即時荷重歴15年パイオニア 

MISミニマムインベイシブサージェリー低侵襲外科手術による水平埋伏智歯抜歯の成果の素晴らしさ

2017年03月21日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ

AOに出る前の日にさせていただいた方です。

 

顔写真は2日後、スタッフが記録してくれていました。


2日後と言えば、最も外科手術の術後反応が出て、腫れたり痛んだりするのがマックスの時です。


それでも、私の手術では既にこんなに綺麗に治癒しています。


MIS低侵襲外科手術を追究し続けると、ここまでの成果、結果が日常的に出せるようになります。


生意気ですが、私にとってはそんなに特別なことではありません。


と言うよりも、これが特別な成果である時代に早く終止符を打ちたい、と言うのが私の真情です。


当たり前ですが、私は自分が行う全ての手術はこのレベルを常に出し続けられるようにしています。


インプラント、歯周再生外科、親知らずの抜歯、骨造成GBR、歯茎再生、顎堤再建等々、全ての手術に置いてです。


その中でも、最も腫れ易い痛がらせてしまう、と言われているのが下顎の水平埋伏智歯の抜歯です。


だから、進んでやりたがるDRは特殊なDRです。


変人ですね。


変人なので、腫らさない痛がらせないことに執着して、30年臨床し続けて来ました。


そのお蔭で、この4~5年これぐらいのレベルの手術が日常的に出来るようになりました。


生意気ですが、多分世界1だろうと自負しています。


私は、この知識と手技を全部明らかにして、世界中に広めたい、と心から願っています。

だから、寺子屋をやり続けます。


患者さんを苦しめ辛い思いをさせている外科手術をなくす。


MISミニマムインベイシブサージェリー低侵襲外科を追究し極める。


それを私は実現しようと頑張っています。


更にもっともっと素晴らしい成果、結果を。


理想を、夢を実現して行きます!

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月20日(月)のつぶやき | トップ | 3月21日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。