ミニマニストMIS即時審美インプラント専門書著者ブログ 実例写真動画多数 親知らず抜歯も腫れない無痛低侵襲手術 

親知らず抜歯も腫れない痛くない、1日で綺麗な歯 ミニマニスト部分即時荷重審美インプラント 即時荷重歴15年パイオニア 

インプラントの真実を先生方へ語る、インプラント寺子屋2017開講します!

2017年04月04日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

今年もやりますインプラント寺子屋。


インプラント治療が広まっていても、真っ当な知識、真実が伝わっていない、と感じていることが色々とあります。


それを、私の個人的責任で語り尽くします。


私自身がインプラント治療に関わって30年。


恩師故今間司先生の門下生となって、ストローマンインプラントを出来るようになって25年位になります。


その間、私は自分の臨床で一般的に語られていることは違うんじゃないか?と感じることが幾つもありました。


それを素直に周りに言ってしまうと、当時はおかしなことを言う、と言う感じでした。


しかし、時間が経つと、私の感じていたことが事実だった、と言うことが何度も置きました。


その代表例が、即時荷重インプラント治療、特に部分的な治療へのものです。


私は、部分即時荷重インプラント治療を2000年から手掛けて来ましたが、最初の頃は出来る筈がない、偶々上手く行ってるだけだ、止めた方が良い、危険なことをするな、と色々と言われ捲りました。


ところが、現実は今では、部分即時荷重にチャレンジする風潮が醸成されつつあります。


やはり、私の感じていた手応え、感触は正しかったのです。


そうして、時間が経てば経つほど、私の自信は深まって行きました。


と同時に、常識的なことに縛られて、苦労している真面目な先生方のことも気の毒に思うようになって来ました。


元々、私自身が卒業時ワースト3で出た人間ですから、苦労している方の気持ちはとても分かるつもりです。


有り難いことに、こんな私の話でも聞いてみたい、と言うお話をいただけるようにもなって来ました。


だから、業界全体の為に、こんな私の話を聴いて下さる方がいるなら、そう言う場を設けたい、と思って始めたのが寺子屋です。


偉いカリスマDRでもないので、講演会とか塾とか、道場とかは憚られ、小さく始める所から、と言うことで寺子屋、にしました。


こんな人間ですから、今私が分かってること、確信していることを赤裸々に語ると、又物議を醸してしまうので、この場だけで話そう、と思っています。


ここだけでしか聞けない、皆さんの為になる話を一所懸命に努めさせていただきます。


インプラントの真実を知りたい方、有志の先生どうぞご参加下さい。


即時荷重インプラントの話、抜歯即時植立即時荷重の話、総義歯の話、低侵襲外科の話、最新治療の話、海外学会、セミナー生情報、等々多岐に渡って、私の知っていることは包み隠さずお話します。


インプラント寺子屋2017第1回は、4月20日からです。


会場は三田のストローマン本社、時間は15時から18時までです。


因みに、この日はストローマン社主催のセミナーがこの時間の後にあるので、連続参加で勉強も出来ます。


皆さん、一緒に勉強しましょう!

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月3日(月)のつぶやき | トップ | 4月4日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々のインプラント臨床の話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。