パクリ?パロディ? 否!! 「オマージュ」である!!

趣味で描いてる、まんがブログです。

tss-3.versys-x物語:その3 サイドケースの支え

2017-08-13 00:49:06 | versys-x250

半島情勢が緊迫の度を深める中、日本が自衛できるようにはさせまいと、必死の工作をする大手マスメディアの茶番劇が相も変わらず繰り広げられる、紀元2677年のお盆休み……皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回はヴェルシスXにサイドケースを取り付けるためのボルトやらアングルやらの取り付けです。

まずシートを外してフェンダーのボルトを外します。





フェンダーを留めている4本のM6ボルトのうち前側2本を外して50ミリ長の物と交換します。









そして20ミリ高の高ナットをかまして











L字断面のアングル材を装着。







長さは65センチとするため、長い部材をカットしました。

60センチ長の物が売られていますが、それだと左右の出っ張りかたを均等に取り付けようとすると
材料に元から空けられている穴がフェンダーを留めているボルトの位置と合わないのです。

ヴェルシスのボルト位置に合わせるためには、このアングル材の穴の空けられかただと、穴の数が奇数にならないと
取り付けた際に左右の長さが違ってきてしまいます。

そしてキャリアステーの取り付け部分にU字ボルト用ベースプレートとして売られている、10mm径の穴あきプレートを介して長めのボルトを設置。











これらを支えとしてサイドケースを装着するわけです。






イメージを見るために作りかけのケースを置いてみました。











頑張ってお盆休み中に完成させようと思います。

ジャンル:
ドレスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« tss-2 versys-x物語:その2 納車 | トップ | tss-4.versys-x物語:その4 サ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

versys-x250」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。