スピリチュアルで現実的に生きるのだー!

スピリチュアル好きだけど机上の空論の綺麗事な教えには迷惑しました。しみじみ
スピと現実に根差した生き方の手探りブログ

胸に手を当てる癒し[訂正]

2017-07-11 04:16:59 | とてもスピな内容でごわす
記事書くの久しぶりですな。久しぶりに書くネタができました!

悪いクセがありまして
直すには、やめようとするよりも、それをしそうになったら他の行為に変える、というのがいいらしいんですね。

で、本当にもうやめないとな…と思ったので(私の自己卑下の理由にもなってたので)
真面目に取り組もうと思いまして、ふと思いついた代わりの行為、というのが

胸に手を当てる

というものだったのです。
実際にやってみたら、驚くほど心が落ち着きました。

そもそも私のクセは、自傷行為の一種ですので、それをしたくなった時というのは
不安を感じていたりストレスを感じているときなんですね。
以前に何だったかは忘れましたが過剰なストレスを感じた時は、そのクセをとめることなど絶対無理な勢いで行ったりしたので
これがストレス発散になっちゃってるんだな…と今までは諦めていたのです。

でも胸に手を当てる、という行為はクセ以上に心を安定させてくれました。

調べてみれば、普通の人も驚いた時に胸に手を当てたりするそうな。
私そんなんなかったわ。
ということは、私はずっとクセに依存して心の平穏をたもってきたんだなぁと
その依存っぷりをまざまざと感じたのでございます。

さて胸に手を当てる、というのをスピリチュアルでも調べてみたら
ハートチャクラを癒すとか、レイキにおけるセルフヒーリングだとか出てきましたが、一番読んで響いたのは、とある整体のかたのサイトにあった説明です。

ーーーーーーがしかし、勘違いだったwww以下訂正

逆だった!

胸が、手に触れている、と感じるならリラックスしていて

手が、胸に触れている、と感じるのが緊張している状態らしい。

私、胸が手に触れられている感覚しかないから、めっちゃリラックスしてたんだわ。

あはははは。

でもまぁ、うん、胸に手を当てると安心して安らぐのは事実であり
癒し効果があるのはきっとたぶんきっと勘違いじゃない、と思ってるので

これからは胸に手を当てるのをクセづけていこうと思います。


ーーーーーー以下間違いにもとづく話です。
書き直すのめんどくさいからそのまま恥をさらしておく!
勘違いして感動して納得している姿を見て笑うといいさ!!ははは!



胸に手を当てて、手が、胸に触れている、と感じるなら、リラックスしている状態。

胸に、手が触れている、と感じるのは緊張している状態。だと。

私、胸があったかくなってほっとして泣けてきたくらいなんですわ。

手が触れているなんと思考の外にありましたわ。
胸の感覚しかない(笑)

緊張しきっている状態ですね。
さんざんハートチャクラがーと占いするたびに言われてきましたが、今初めて実感しましたよ。

うん、これじゃあハートチャクラとじきってるだろうね!

本当に、胸に触れているという感触しかしない!!
手が触れているとか、あ、言われてみればそうだね。という目から鱗な観点レベル。

胸に手を当てているだけでも改善するし、
そのまま目を閉じて深呼吸するとなおよし、だそうです。

レイキのところいわく、ありがとうとか思っておくといいそうだけど、取って付けた感満載なうえに白々しくて感動が吹っ飛ぶので、私はやらないで素直に胸の安らぎに感動しておくわ。

クセの代わりにこれをクセづけられれば、私が今抱えている心の問題にすごく効きそうな気がする。
昔はべつの場所に手を当てると、ものすごくほっとして幸せーってなったんだけど、
そこはいつの間にか幸せ感じなくなっちゃって残念だったんだけど、逆に言えば、そんな風にいつも当ててれば満たされて必要なくなる、ということでもあるんじゃないかな?
と思うので、やってればよくなると願おう。

…手を当てても効果がないほどダメになっちゃったのかな、という不安もあるけど
でも昔よりその部位の調子はいいと思うから、いい意味だと願おう!そうであってくれ!

心身ととのえて、クセ克服します!!

がんばるぞ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この世は修行じゃないと思う | トップ | 全てを愛そうとしたから悪人... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。