スピリチュアルで現実的に生きるのだー!

スピリチュアル好きだけど机上の空論の綺麗事な教えには迷惑しました。しみじみ
スピと現実に根差した生き方の手探りブログ

がんばっていないと落ち着かないのは、何もしていない自分には価値がないと思っているから

2017-07-18 08:58:53 | 思うこと
タイトルだけで完結してる(笑)

がんばっていないと落ち着かないのは、がんばっていない自分には価値がない
と思っているからだなぁと、ふと思ったのです。

私はがんばるの好きなんですよね。
なんでだろう。
結果が出ると嬉しいからかな。

苦手分野はやる気ゼロになるから、多分そうだな(笑)

あと結果が出ない夢への挑戦も、しんどくなってきた。
でも諦めない。
作りたい欲求があるのもあるけど、創作意欲なら他の趣味でも発散できちゃうから、そうじゃない。
私は至高の完成品を手に入れたいんですよね。見たいんですよね、味わいたいんですよね。
理想が高すぎて、自分の能力が足りなすぎて、さらには独創性と言う名の才能に疑問があるから
かなり挫折してるけど、でも至高の完成品を私は見たい!

作り手の意欲というより
買い手の意欲だなこれ。
だからいまいち作る意欲がたりないのか。なるほど。意外なところで気づいた。

さて話がずれすぎた。

最近、そんな夢にも役立ちつつ、いい作品に出会いたい、という消費者側の欲求の両方を満たすあることをするために
外国語を習得しないとはじまらない。という現実にぶちかりやした。

何度私に外国語能力があれば!あああ私に外国語能力があればあんなことやこんなことができるのにいい!

とそれはもう、私のやりたいことにニアミスしてくるんだよね外国語能力。

……英語の授業だいきらいでした。

才能ないと思ってた。
私には無理だと思ってた。
……でもやらないとはじまらないなら、再挑戦…しても、いいんじゃないかな……。

苦手意識で死にそうだが。肌が粟立つんだが。嫌悪感がすさまじいんだが。
ま、まぁやってみようかな、と思ったら

またがんばるぞー!

と元気が出てきたんですよ。
自分に存在価値が生まれたような、そんな気分になったんですよ。

それって逆に言えば、自分はがんばっていないと価値がないと私は思っているということですよね。

でもそんな自分を受け入れて許す、というところから自己愛は始まるわけだから
自分をあるがまま愛せない自分を責めなくていいんだけど。

じゃあどうすればいいんだろう?

で思い出したのが、ぐーたら生活をしている日々を描いた
『やる気が迷子になりました』という漫画ブログ。
それ見るとほっとするのは、あの作者さんから、だめだめな自分を許しちゃっているオーラを感じて、私もだめでもいっか。と思えるからなんじゃないかなぁ。

私が身につけるべき自己愛が、このぐーたらだめだめな(超失礼)作者さんから学ぶべきことかなぁなんて思った。

かぴぐらし、っていう漫画もあるんだけど(昔は個人でやってる漫画だったけど今はコミコで連載)
その漫画の、ぱかさんやカピちゃんも、ゆるーく自由でダメなところもある自分をあははって受け入れているのがいいんだなと思う。

私にはまだまだそういうのがないんだろうなぁ。
ないんだろうなぁってことを責めるのをまずやめるけど

そう、
思いついたぞ。

私はがんばってないと価値がないんだ。
という根強い思い込みを感じたら、まぁいいじゃん、有効利用すりゃいいじゃん、くらいに考えればいいのかもしれない。

むやみに、いい事じゃんとか思うより
そうだね、でも利用価値あるよね、とダメだと思う自分を許しながら価値を認める方がなんか安心する。

でも、がんばらなくてもいいってことだからね。

と思うと、がんばらないといられない焦燥感のようなものもやわらぐ。

がんばってないと落ち着かなくて、がんばってないと価値がないと思っているという、言葉にドキッとしてこのページをお開きになった方には

まぁそうかもしれない、けど便利な価値観ではあるね。けどだからって体壊すまでやらなくていいし、がんばってなくてもいいんだよ。

という言葉を贈りたい。

それはよくある甘えという悪いイメージの甘えじゃなくて

そんな自分でも受け入れるし、受け入れてもらえる、という
自分と他者の寛容さへの信頼の心にあふれた甘えだから、可愛らしいんだそうだ。
甘えについて調べてたら出てきたサイトにあった。

そんなわけで、甘えていいし、甘えたいけど相手を信用できなくて申し訳なくてもそんな自分を許せばいい。

がんばってもいいし、疲れて休みたいと思ってがんばるのやめてもいい。

とにかく、なんでも自分が自分をいいよーそれでいいよーって思うところから
いろんな楽が始まるんじゃないかなと思う。

とりあえず自分に価値がないと思っていることを、まぁいっか、価値なくても(笑)
って思うところからはじめてみたらいいんじゃないでしょうか。

そう思う気持ちを極めると、他者を責める気持ちも薄れそうだし、ひどい言葉にも傷つかない、なんか最強の自己愛さんになれそうな気がする。

あくまで最終段階であって、途中傷ついたり人を責めちゃったりしていいんだよ!

ネガティブな思いにとらわれたら
まぁいっか、それでも(笑)
と思ったらいいんじゃないかな。
他者の言葉に傷ついて脳内ループしているなら、まぁいっか、他人がそう思ってても、自分はそうだとは思わないし違うと思うよ。と思えばいいんじゃないかなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全てを愛そうとしたから悪人... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。