スピリチュアルで現実的に生きるのだー!

スピリチュアル好きだけど机上の空論の綺麗事な教えには迷惑しました。しみじみ
スピと現実に根差した生き方の手探りブログ

全てを愛そうとしたから悪人が寄ってきたのか

2017-07-11 06:38:31 | 思うこと
悪人の心理というか、自己愛神経症の人にいじめられる人に対する注意喚起みたいな記事を読みました。

私はどうにも性善説が染みついているので悪人の考えが理解できないんですが
真実や優しさからの注意ではなく、ただひたすら不幸にするために否定して否定して否定するんだそうですよ。

で、その記事の最後にこうあったんです。

非現実的欲求で他人を卑下して、「そんな自分を無償で分かってくれ」と欲求している自己愛

つまり、愛が欲しい人なんですね。

愛が欲しいから、優しい人を選んで近づく。
誰しも自分を否定しない人に好意をもつものだから、自然と自己中極まりないやつは、かつての私みたいに愛を与えればみんな仲良くなれる! というバカな考えのもと生きている、愛をくれそうな人に近づいていく。

そして性善説で生きてる能天気は、叩きのめされるというわけですね。

私は、人類皆兄弟な精神で愛をふりまいてたから逆に危険だったわけだ。

他の記事でも書きましたけど
悪い奴は拒否する、という愛を与えればいいってもんじゃない性悪説がふさわしい相手がいる、と頭だけじゃなく心の中でもしっかり区別して、
この人は愛をくれない人だ。
と向こうの方から逃げていくようになれるといいんじゃないかなと思う。

とにかく
誰にも彼にも親愛を向けるのはやめろ。といいたい。

スピリチュアルは愛が欲しければ愛せ、と愛があれば全て大丈夫みたいなこと言ってるけど
それ危険行為な。とここに書いておく。

キラキラした引き寄せの法則より、光を狩ろうとする悪魔のエゴのが強いんだろうね。

光が強ければ闇もまた濃くなる。っていうし

清濁併せ呑む

っていうくらいの中庸な人間観で、光も闇もぼやけるくらいのが実害がないんじゃないかなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸に手を当てる癒し[訂正] | トップ | がんばっていないと落ち着か... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。