ノリの東京の友人の生きる糧

日々のちょっとした楽しみや悲しみを徒然に語ります。

久しぶりのチマチマ攻撃 ~ RAW (Realms of Ancient Wars) 英語版 ~

2012年10月18日 | ゲーム

 先月中旬にXBOX-LIVEの海外サイトからダウンロードして毎日少しずつ遊んでいた英語版の『RAW (Realms of Ancient Wars):以下RAW』のプレイが終わりました。
 本作は下記の写真のような魔法使い、戦士、盗賊の3人のキャタクターでプレイできるのですが、シナリオが一本道と言う事もあって、それぞれのキャラクターが5時間くらいでゲームをクリアできたので総プレイ時間は15時間くらいでした。思っていたよりも早くプレイが終わってしまった感じですね。少し呆気なかったです(最初のステージだけが各キャラクターによって違います)。

 

 本作は、私が一番好きなゲームのジャンルである剣と魔法の世界を舞台とした斜め見下ろし型のアクションロールプレイングゲーム(以下:RPG)です。ゴブリンやスケルトンやドラゴン等のファンタジーでは定番の敵をチマチマ倒しながら自分の分身である主人公を成長させていくゲームですね。

 ちなみに、過去の同系統(ハック&スラッシュロールプレイングゲーム)の作品では、パソコン版の『ディアブロ』、『ディアブロ2』、ドリームキャストの『ロードス島戦記』、プレステ2の『バルダーズゲート・ダークアライアンス』、『バルダーズゲート・ダークアライアンス2』、『シャイニングフォース・ネオ』、『シャイニングフォース・イクサ』、等の作品が私のお気に入りです。XBOX360でも『DeathSpank(英語版)』、『Torchlight(トーチライト 英語版)』、『クリムゾンアライアンス』の3本をXBOX-LIVEからダウンロードしてプレイしています。

 そんな好きな系統のゲームだったので、『RAW』も迷わずにダウンロード購入しました。マイクロソフトポイントで1200ポイントでした(約2000円)。本当はパソコンでヒットしている新作の『ディアブロ3』や『トーチライト2』をプレイしたかったのですが、私はパソコンでゲームをプレイするのは好きではないので『RAW』が代役になりました。

 ゲームの内容に関しては英語なのでイマイチ判りませんが、定番の邪神みたいなラスボスを倒すのが目的のRPGです。ラスボスを倒す為には何人かの協力者(ドワーフやエルフの王様?)を集めないといけないので、その人達を探すために用意されているステージを順番に進んでいく形です。進行は一本道で、各ステージでは向かう方向が矢印で表示されるので英語が判らなくてもサクサクと進めることができます。迷う事は一度もありませんでした。

 グラフィックスに関しては、『DeathSpank』、『Torchlight』、『クリムゾンアライアンス』のようなアニメ調ではなく、『ディアブロ』や『バルダーズゲート・ダークアライアンス』と同じようなリアル系のグラフィックスです。かなり綺麗ですね。
 一画面に出てくる敵の数(ワラワラ感)も下記の写真のようにかなり多いのですが(ステージによっては写真の数倍の敵の数になります)、処理落ちすることなくキャラクターが表示されます。派手な魔法を使っても大丈夫です。魔法使いが使うメテオや電撃ビリビリの魔法の描写はナカナカのモノです。

 (砂漠でのドワーフ軍団との戦い)
  

 キャラクターのレベルアップや装備の強化も他のゲームとほとんど同じなので、悩む事はまったくありませんでした。レベルが1つ上がる度に自分の好きな能力を強化する事ができます。体力回復の『赤いポーション』と魔力回復の『青いポーション』の保持数がゲームの進行に大きく影響するのも共通ですね。

 (ステータス画面)
  

 (レベルアップ画面)
 

 以上が、『RAW』の簡単な紹介と感想ですが、私の評価は☆3つです。
 可もなく不可もなくと言う感じで、丁寧に作られているので好印象なのですが、他のゲームとは違う『特別な何か』を感じる事はできませんでした。派手さが欠けているような気がします。敵の種類が思ったよりも少なかったのと、デザインの凝った巨大なボスキャラがあまり出てこないのが地味さを感じる要因ですかね。自分が操るキャラクターの魔法や技の演出は結構派手なんですけどね。

 尚、このジャンルのゲームだと当たり前の、街や道や屋内に配置されている箱や樽、等の備品を本作では破壊する事ができません。この備品が破壊できない仕様がプレイヤーの破壊衝動を抑えてしまい、本作の評価を少し下げている要因かもしれませんね。箱や樽を破壊して宝を見つけるのはRPGでは昔からのお約束なんですけどね。

 そんな感想の本作ですが、パソコンではなくXBOX360でこの手のゲームを遊びたいと思っている人はプレイして損はないと思います。確実に10時間以上は楽しい戦闘活動を勤しむ事ができるはずです。1200ポイントで遊べるのはありがたいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さぁ、電話で聞いてみよう ~ ... | トップ | どちらにしようかな ~ 液晶テ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。