これはどうか、これでどうだ!

おじさん『さっしー』があれこれしている奮闘記!&忘備録

人工芝のゴムチップ充填材に発ガン性疑!!

2016年11月26日 | 健康
人工芝、最近増えてきました。

我々が若い頃の人工芝といえば固いグランドにプラスチック感のある芝でしたが、今の人工芝は長い芝で充填材が土の役割をしており、天然芝と遜色ありません。

イニシャルコストは高いもののランニングコストが安いため、結構な勢いで広がりました。

サッカーなどの競技では人工芝にした学校の成績が上がり、強豪校を中心にグランドの人工芝化が進みましたし、土グランドの埃などもあって近隣対策のため設備されているケースもあります。

そんな人工芝ですが、長い芝部分を支える充填材にゴムチップを使ってるケースが多いと思います。このゴムチップが身体に悪影響を及ぼすと問題になっています。アメリカでは日本より早く人工芝が増えていましたが、大学女子サッカー部の数人が癌に。

しばらくの間人工芝と癌の関連性は否定されていました(いつものパターンです)が、今現在アメリカ政府も否定せず(=ほぼ認めた)の状況です。

日本でも国会や地方議会で質問が出たり、全国ネットのテレビ番組で放送されたりしましたが、ゴムチップ人工芝を展開しているのが財閥系の会社ということもあってか、あまり問題になりません。

展開している会社のHPなどには、ゴムチップと癌の関係が科学的に立証されていないこと、今後も調査などを継続することなどが書かれています。

学校のグランドは将来ある子供たちが使います。教職員の方は子供たちと違って長い期間そこに立ちます。雨が降ればゴムチップは流出しやすいため排水口を通って近隣にばらまかれます。早く対策した方がいいと関係者は皆気付いているはずですが、ほとんど動き始めません。スポンサーの関係でしょうか、マスコミも取り上げません。

知人がココナツヤシから作った天然素材の充填材を扱っています。

いち早く対策を講じる方達の対応はわずかですが、自宅の庭などに施設する方たちの対応などで忙しそうです。

皆さん自分の家だと危険性のあるものは使いません。広島の学校関係にも結構人工芝が使われていますが、ほとんどゴムチップの充填です。

せめて応急処置としてゴムチップの上層部分を取り除いて、天然素材品を充填し直すことを急ぐべきだと思います。



詳細は下記URL
http://www.rsc-corporation.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Apple Pay | トップ | 観光客向け »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。