これはどうか、これでどうだ!

おじさん『さっしー』があれこれしている奮闘記!&忘備録

実るほど頭を垂れる稲穂かな

2017年05月06日 | 日記
75歳の医師の方が、誤って川に落ちた少年を救助!
すごいじゃないですか!
そういう高齢者になりたいものです。

マスコミももっと脚光をあてるべきではないですか?!

年齢は、重ねているから凄いということではないとわたしは思っています。
儒教では年長者を敬う事を教えているようですが、納得できるような、納得できない教えだと思います。
立派な年長者はたくさんいらっしゃいますが、一方で、年上だ敬えという人もいますよね。
もしかしたら、儒教の教えは年長者へのプレッシャーなのかもしれませんね。

年齢を重ねたらちゃんとしなくちゃいけないよ!ということでは???

先人の教えがいつも正しいわけじゃないということは歴史が証明しています。
立派な先人がいるということも歴史が証明しています。
これを要約すると、立派な年長者を大事にしなきゃいけない、ということではないでしょうか?

注意すべきは、立派な人が成功している人ばかりではないということ。
成功した人で立派な事を言ってても、たいしたことない人も結構います。
成功したといえない人でも同様ですけどね。

そもそも、立派な人ってそんなにいません。
年齢重ねた、敬え、、、では無理があります。

大切なのは、まず姿勢かもしれません。

実るほど頭を垂れる稲穂かな、、、という姿勢。

そういうことを考える年齢にさしかかってきたということですかね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑いからこそ鉄板前に! | トップ | カリギュラ効果。絶対にクリ... »

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。