元ベース弾きの田舎暮らしは

60歳で田舎にUターン、素人の「米と野菜」作り
音楽が縦軸の人生
就職相談・紹介が「天職」

「土用干し」

2010年08月07日 | 農業
田んぼの水を落とし、干すことまる四日間。
「土用干し」です。

稲の株の「分けつ」を止め、茎の本数を抑えます。
増えすぎた茎に「実」のない稲穂が出来ないように。
また このことによって、倒れない稲が出来るそうです。

県の農業指導課と農協に実施方法を聞きました。
田んぼの表面に軽いクラックが出来る程度が良いとのこと。

農業の素人にとって、程度が分からず「こわごわ」のへっぴり腰。
干した後、水を再び張ります。
この後は、乾かしたり水を入れたりが良いとのこと。

取水路の近くにある我が家の田んぼ。
たっぷり水があるため、ついつい水を入れ過ぎ傾向。
「過ぎたるは及ばざるが如し」。反省です。
つめたい水の取水口付近は、稲の「丈」も短く、「未成育」状態。
今年も「焼き米」の材料となりそうです。

こめ作りと言っても「水管理」だけの私の農業。
でも微妙な調整が必要です。

全国的に大豊作が報道される中、さて我が家は?
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「旬」 | トップ | 「塾」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。