KKスクエア

徒然なるままのインナースペースへようこそ

輝くサンドリオン

2017年04月21日 | Weblog
「サンドリオン」というのはフランス語で、
英語で言うところのシンデレラです。
これは固有名詞ではなくて、灰だらけとか、灰かぶりとかいう意味です。
似たような童話は世界中にあって、
私は、アラビアンナイトの中に収録されているものを知っていますが、
日本にも、「灰かぶり姫」という童話があるそうです。

実は、その昔の「魔法使いサリー」にも、似たエピソードがあるのを覚えています。

な~んてうんちくたれるのは、今テレビで、
ディズニーの実写版「シンデレラ」を放送していて、見ているからです。
当然吹き替えですが、何人か知ってる声がするのですが、誰か分からなくてもんもんとしてます。
これはエンドロールを、見るしかないなあ、と覚悟してます。

ところで今日は、私は仕事がお休みでした。
ちなみに、明日もお休みです。つまり連休です。
このごろ、私はあまり職場にいないのです。
半日とはいえ、別の施設にいたりすると、なんか中途半端で、
自分の施設のことがおろそかになってしまいます。
って言うか、正確に言うと、どっちもおろそかになるワケです。
昨日は午前中に助っ人、午後は普通に勤務、
でもって夜は元施設長のМさんと食事会に行きました。
なんか忙しかったな。楽しかったですけど。
Мさんは、大志を抱いて再就職するのでいろいろと忙しく、
引越しをする前に、食事会をしたワケです。
飲み会ではなく食事会と言うのは、めったにアルコールを飲まないからです。

それが、実に珍しく(はじめてかも知れない)私が翌日休みだというので、
軽いアルコールを飲んだのです。
Мさんのほうは「最近飲みすぎで」と言って飲まなかったのですが(爆)
人望あるんですね、あちこちから誘われているのでしょう。

入居者さんの中には、ちょっと調子の悪い人がいたりして、ちょっと心配なんですが、
昨夜から続く幸せな時は、もう少し続きそうです。

う~「シンデレラ」最後まで見たのに、日本語吹き替え版のキャストがなかった。
時々、こういう扱いうけるよな、吹き替えを担当した声優さん。
でも、映画は見てよかったな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京の人はいいな | トップ | 風邪ひきなふたり »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む