ほがらか鍼灸院雑話

はり・灸雑話

腕のダルさの治療

2017-04-21 15:31:45 | 健康
腕が重ダルい、腕が抜けるような痛み。

肩コリの方に多い症状です。

『腕を取ってしまいたい』

と表現する方も。

原因は、使いすぎや血行不良、肩周りの筋肉のよわり、首から来ている神経の圧迫などがあると思います。



この写真の赤く印を付けているツボ。
〃臑兪〃(ジュユ)というツボで、腕のダルサ、痛みなどに使います。

ここは、西洋医学的にも重要な場所で、ちょうど『肩甲上神経』が出てくる場所になります。

肩甲骨に乗っかっている筋肉を支配していて、腕を上げたり、内向きに捻ったりする動作をする筋肉です。

この筋肉が麻痺した場合、治療するのにとても大事なツボです。

ちなみに、この麻痺のことを『肩甲上神経麻痺』と言います。

東洋医学的にも西洋医学的にもとても大事な場所ですね。

腕の重ダルさ、麻痺、シビレが気になる方は
↓ ↓ ↓ ↓

http://www.hogarakain.com/



東大阪 布施 ほがらか鍼灸院
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東洋医学的なアンチエイジング | トップ | 歩行困難の治療 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。