頑張る!独身女!!

“嗚呼 独身の日々”
~年食えば、大人になるとは、限らない~

僕は妹に恋をする

2007-01-21 | アジアな私(映画ばなしも)


僕は妹に恋をする

 

 

 

土曜日に今年初映画鑑賞となる「僕は妹に恋をする」に行って来ました

 

映画館行ってビック
人少ないと思って、朝早い時間の上映を選んで行ったのに。

ジャニーズ主演映画ってことなのか?漫画から映画化ってことなのか?内容も内容って事なのか若い子が多かった。

木村拓哉の「武士の一分」とは、年齢層が全然違ったし

 

 

この作品を

“純粋と言えば純粋なのかなぁ?でも不純と言えば不純”のような気がする。

そんな作品でした。

漫画が原作で、私は映画化が決まる前から読んでいた作品です。

内容は題名の通り「僕は妹に恋をする」なのですが。
(高校3年生の双子の兄妹、結城頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は幼い頃、結婚の約束をするほど仲よしだった。しかし最近、頼が郁に冷たい。郁は自分に想いを寄せる同級生、矢野立芳(平岡祐太)の事を相談したいのだが、相手にしてくれない。頼と同じクラスの楠友華(小松彩夏)は、放課後、友達と楽しそうに話している郁を教室から見守っている頼に近づき、「妹って得だね」と意味ありげにつぶやいた。ある夜、ベッドで眠る郁に頼がキスをした。驚く郁に頼は、思いを打ち明けるのだった・・・。)

 

 


漫画読んでるときは絶対どっかで「実は・・・」って、展開を期待してドキドキしながら読んでいましたが、最後の最後まで、題名のままの展開でした。

漫画を全巻読み終わり!!ありえん・・・。やっぱり、韓国ドラマみたいに実は兄妹ではなかった展開を期待してたのに。って、思いながら。

    

 


でも、映画ではどんな感じに仕上がっているか、凄く楽しみにしていました


主役、僕役、頼を松本潤。妹役、郁を榮倉奈々が演じます。また、二人の母親役に浅野ゆう子。


映画も漫画とほぼ一緒、多少変わっている部分もありましたが。本筋は一緒でした。


映画化が決まった時に漫画とは内容変えてるかなぁ?って、ちょっと期待してたんですが二人はやっぱり似てない双子で兄妹だし。

    

 

この映画、松潤のファンは是非、映画館行ったほうがいいよ!!って思いますが、じゃなかったら映画館までいかなくてもいいと思います。DVDかテレビ放送を待った方が。


内容もだけど、松潤厳しいよ、さすがに学生服はね。松潤何歳?(Johnny’s Webチェック!!23才だよ。)


出てきた瞬間“ぷ”って感じ

あくまで私のイメージですが、頼は松潤じゃないし。イメージ的にジャニーズだったら山下智久かなぁ。

悲しく、切ない感じは山Pでしょ。

 

後、妙な「間」が凄く気になった。

「間」って心地イイものと、そうでないものがあると思うけど。苦しい!「間」!!でした


その「間」が、すごくだらけれる感じの「間」なんだよなぁ。


思わず“はぁー”いつまで続くこの映画・・・って感じ。中には泣いてる人もいる感じだったけど。私は全然泣けなかった

 

 

特にラスト二人がジャンケンして、おんぶしあうシーンは、きっと二人はやっぱり兄妹でその事実は消せない、切ないシーンだと思うけど。いまいち伝わって来なかったし。

それに、おいおいここで終わり?え~って感じ。

 

原作では、結局、頼は郁から離れて海外に一人で行ってしまい。居場所すら分からなくなる。そして郁も郁なりに頑張り大学に進み卒業後は、外資系の会社に就職し頼を探し続ける。頼が居ない間、矢野くんが大活躍するんだけどね。


そんな矢野立芳のいい部分も余り出てなかったし。おまけに、矢野君の本当に好きな人は頼?って感じだし

     ←公式ファンブック


矢野立芳役を平岡祐太って事で期待していたのに。残念!!でも、平岡祐太って、本当にイイ人キャラが似合う!!

 

それに原作では二人は兄妹じないかもってシーンもあって、その辺りドキドキしたんだけど。映画だと二時間ではそこまでは無理だよね

 

 

後、映像的にそうみえるのか?本人達が太ってたのか?よく分からないけど、全員横に伸びてる感じに見えたし。

衣装もどうなのよ?全然、イイなぁ?って、思える感じじゃなかったし。若い人には良かったのかなぁ?分かんないけど。

 

総合的に、あまりパッとしない作品でした

 

 

 

『ジャニーズ』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『僕は妹に恋をする』 60点 | トップ | オスカル風にチャレンジ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェネレーション (あい)
2007-01-21 16:47:41
かっぱさん。こんにちは これは絶対10代向けだと私は思っていますが。みんな若い人たちが出演してるし。松潤ジュニアの頃はかわいかったけど、だんだんキャラ変わってしまって。私の意見ですのでファンの方ごめんなさい さっき「どろろ」の特集テレビで放送してました。アクションシーンが多いみたいで映画館でみたら迫力すごいだろうなと思いました。 私のおすすめは三丁目の夕日とカーテンコールという作品です。昭和の話なんですがね。ほのぼのしてて好きです。。 カーテンコールはまだみてないのですが、レンタル店でパッケージの説明文読んでいいなと思いました。
あいさん (かっぱ)
2007-01-21 20:58:58
確かに10代向けかなぁ?

それに松潤は、私は顔が苦手!!
濃い。胸焼けしそう・・・
でも、さすがに三日連続(花男、僕妹、ウタワラ)で、彼の顔を見てると慣れるね

>どろろ
私も見たいなぁ!!って、思ってます。
後、少し先になりますが「バッテリー」も見ようと思ってます。

>三丁目の夕日
これまだ見れてないんです。録画はしてるんですが。早く見たいなぁ~って、思いながら。
なかなか見れません

世代よりもカップル向きかと・・・ (PGM21)
2007-01-21 22:41:26
何時もお世話になっております。
う~ん10代向きと言うよりはカップル向きな映画でしたね。
レイトショーで行きましたがカップルか女同士ばっかりでした。
この作品(PG-12指定)がついているので、やはり近親相姦がテーマだったからついたのだと思いますけれど、内容的には指定になる内容じゃなかったですね。
私も10代は遠い過去だけれど、違和感なく観ていました。
これだけ気持ちが通じて結ばれないって辛いけれど、これも違った愛の形と捉えれば違った世界観が見えてくると思います。
TBありがとうございました。 (★いくちゃん★)
2007-01-21 23:25:12
すいません文字化けしました。

はじめまして。
僕が見に行ったときも、若い女の子が多かったです(笑)

シロツメクサの指輪の意味は分かったけど、
「おんぶ」の意味がよく分かりませんでした。
芝生の抱き合うシーンは「体内回帰」を連想しましたし、
「この2人は母親の子宮の中でも抱き合ってたんだろうなー」
…って、勝手な妄想をしておりました(笑)

「どろろ」は僕も楽しみにしています。
あと「バッテリー」のロケ地はウチの近くだったりするんですよ。
PGM21さん (かっぱ)
2007-01-22 21:47:02
>内容的には指定になる内容じゃなかったですね
私もそう思いました。
まぁ~!!ジャニーズ主演って事だったから、指定に成るほどではないと思っていましたが・・・
原作は指定になるかなぁ

>違和感なく観ていました
私も違和感は無かったのですが、原作を知ってるだけに少しイメージが違ったのも事実です。
でも楽しく見る事が出来ました。

★いくちゃん★さん (かっぱ)
2007-01-22 21:54:47
初めまして!!
コメント、ありがとうございます。

★いくちゃん★さんは、凄い色々理解しながらこの作品を見られたみたいですね。
私なんて、軽く見てたので!!

主役の頼の制服姿が似合わないとか。。。


今週の土、日曜日で時間がとれれば「どろろ」を見に行こうと思っています。



「僕妹」で「バッテリー」の番宣していて、菅原文太さんの岡山弁が良かった!!
「僕妹」よりその番宣の「バッテリー」を見て、泣きそうになりました

僕妹 (やまだ)
2007-01-26 20:15:55
何やら自分はいつもコメント残すタイミングが遅れてる気がします。

今回のかっぱさんのブログは自分の考えとまーったく一緒です!!
…いや、まだ見てはないんですが、松潤の頼なんてありえないしちょっと郁がデカイ気がするし…苦笑
とか言ってますが愚痴は映画見てからにします。
私も平岡くんが見たい!!それだけ目当てで行こうかと思ってるくらいです。
僕妹 (やまだ)
2007-01-26 20:15:55
何やら自分はいつもコメント残すタイミングが遅れてる気がします。

今回のかっぱさんのブログは自分の考えとまーったく一緒です!!
…いや、まだ見てはないんですが、松潤の頼なんてありえないしちょっと郁がデカイ気がするし…苦笑
とか言ってますが愚痴は映画見てからにします。
私も平岡くんが見たい!!それだけ目当てで行こうかと思ってるくらいです。
すいません (やまだ)
2007-01-26 20:19:40
間違って押しちゃって2回投稿になってしまいました…orz
あ、あと確かに山Pいいですね!!
ノブタの彰とか切ないシーン良かったです。
もちろん修二も
でも頼のルックス的には亀梨さんよりは山Pですね~。
熱くなって長くなってしまいました。笑
失礼しましたー。
やまださん (かっぱ)
2007-01-27 22:25:52
コメント、ありがとうございます。

やっぱり、頼は松潤じゃないですよね

山pの方が、絶対あってます・・・あの役は。
映画見て、改めて思いました。

平岡君いいですよ!!是非、見に行ってください
見に行かれたら、感想聞かせてくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「僕は妹に恋をする」憎しみあう兄妹もいる中で愛しあう兄妹を描いた切なすぎるラブストーリー (オールマイティにコメンテート)
「僕は妹に恋をする」(PG-12指定)は青木琴美原作の漫画「僕は妹に恋をする」を映画化した作品で双子の兄妹との禁断の愛を描いたラブストーリーである。色々な愛の形はあるけれど、こういう愛の形を肯定するか否定するかはそれぞれの価値観や人生観により差が出る ...
僕は妹に恋をする (ぐ~たらにっき)
2007年初の映画館での映画! 本日1/25、僕妹見に行ってまいりました(>Д<)ゝ”イエッサ!! (少々ネタバレあり)
僕は妹に恋をする (ネタバレ映画館)
 主人公家族は「より、いく、さき」だ。  近親相姦はいけないことだとハッキリ言えない世代なのだろうか。それとも彼らはかつての皇族崇拝でもしていたのだろうか。法律で禁止されているのは婚姻だけだから、ハッキリ言えないだけなのだろうか・・・少なくとも楠友華(...
【2007-15】僕は妹に恋をする (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
初めて、本当に人を好きになった。 けれどそれは、完全に叶うことのない想い。 僕は妹に恋をする・・・ その時、世界は残酷なほど美しく見えた。
『僕は妹に恋をする』 (京の昼寝~♪)
その時、世界は残酷なほど美しく見えた。   ■監督 安藤尋■脚本 安藤尋、祢寝彩木■原作 青木琴美■キャスト 松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏、浅野ゆう子、岡本奈月□オフィシャルサイト  『僕は妹に恋をする』  双子の兄妹、頼(松本潤)と郁(榮...
僕は妹に恋をする (スクイズマンの部屋)
恋をするといっても義理の妹と思いきや実のしかも双子の妹が相手なんですね、すごい話。 感想はと言うと、間延び感が強くて多分批判的なレビューが増えそうな印象・・・。 頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)のキスシーンから母親(浅野ゆう子)が異変を感じはじめる辺り...
僕は妹に恋をする/松本潤、榮倉奈々 (カノンな日々)
昨日「マリー・アントワネット」を観に行ってたくさんのフルーツケーキに魅了されてしまったんですが、映画館と同じ建物の1Fにあるスィーツショップで苺、野イチゴ、ブルーベリーを詰め合わせたベリーカップというのを発見。野イチゴがすごく食べたかった私は思わず購入し...
僕は妹に恋をする (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2007年1月20日 配給:東芝エンタテインメント 監督:安藤尋 出演:松本潤,榮倉奈々,平岡祐太 鑑賞日:2007年1月20日 MOVIX三郷 シアター2(座席数141) 【ストーリー】 高校3年生の双子の兄妹、頼と郁は幼い頃、結婚...
僕は妹に恋をする (八ちゃんの日常空間)
BOKUHA IMOUTONI KOIWO SURU [シネマイクスピアリ/SC14/ポイント観賞で] 公式サイト 『その時、世界は残酷なほど美しく見えた。』 イクスピアリでの観賞は虹の女神以来久しぶりです。この時でスタンプが6個たまったので、どうせなら、モンスター・ハウス REAL-Dと...
僕は妹に恋をする 10点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない! 公式サイト 小学館の少女漫画誌・少女コミックに連載されヒットした、青木琴美の同名漫画を実写映画化。 高校3年生の頼(松本潤)は、双子の妹である郁(榮倉奈々)に対し、幼い頃から恋心を抱いていた、禁忌を犯さない様に自...
感想/僕は妹に恋をする(試写) (APRIL FOOLS)
全然期待してなかったどころか小馬鹿にしてたし、思いっきり少女マンガの世界だったけど、意に反して悪くなかったわー。同名コミック(未読)の映画化『僕は妹に恋をする』1月20日公開。双子の高校3年生、頼(♂)と郁(♀)。2人は兄妹でありながら、お互いに恋心を抱き...
僕は妹に恋をする (シャーロットの涙)
特に嵐がファンというわけでも少女マンガが好き好きーとかでもないの。ただ映画で使われたロケーションが実は近所だったっていう訳で。気になって見に行ってちょこっと涙。良かったなと思えたかな。 少女漫画だと禁断の愛なんかがヒットしたりするみたいだけど、一昔前だ...
僕は妹に恋をする (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(★★☆☆☆) 青木琴美原作の大ヒットコミックを実写映画化したラブストーリー。 双子の兄妹の禁断の恋を描いている。 双子の兄妹の頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は、同じ学校に通う高校三年生。幼い頃から郁は頼に淡い想いを抱き続けて...
「僕は妹に恋をする」 たぶん若い子たちは共感できるんですよね・・・ (はらやんの映画徒然草)
昨日の映画「それでも僕はやってない」から「ボク」つながりでこの映画を観てきました
僕は妹に恋をする (映画鑑賞★日記・・・)
2007/01/20公開 PG-12製作国:日本監督:安藤尋原作:青木琴美 『僕は妹に恋をする』(小学館刊)出演:松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏双子の兄妹、頼(より)と郁(いく)は同じ学校に通う高校3年生。幼い頃は結婚を約束するほどの仲良しだった。しかし最近...
意外と深い。『僕は妹に恋をする』 (水曜日のシネマ日記)
2007年1月に劇場公開された映画。 大ヒットコミックを実写版映画化した作品です。
『僕は妹に恋をする』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高校3年生の双子の兄妹、頼と郁は幼い頃結婚の約束をするほど仲よしだった。しかし最近、頼が郁に冷たい。ある夜、ベッドで眠る郁に頼がキスをした。驚く郁に頼は、思いを打ち明けるのだった・・・。感想この映画の率直な感想は高三ならもっと勉強しろこの作品は...