頑張る!独身女!!

“嗚呼 独身の日々”
~年食えば、大人になるとは、限らない~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

硫黄島からの手紙

2006-12-28 | アジアな私(映画ばなしも)


硫黄島からの手紙

 

 

 

昨日、御用納め会社全体の忘年会で、一年の仕事を締め括りました

 

 

今日は、早起きして、

『硫黄島からの手紙』見てきました。


それも父と二人で映画館へ・・・

前々から、父がこの映画を見たいって言ってたので一緒に行きました。

 

 

 

この前、テレビ放送された「硫黄島~戦場の郵便配達~」は女性から見た戦争、そして家族。

そして映画「硫黄島からの手紙」は男性から見た戦争、そして家族。

両方を見たら、そんな風に思いました(私の勝手な見かたです)。

 

 

感想は、渡辺謙、伊原剛志の演技は勿論、素晴しかった。

だが思っていた以上に、二宮和也の演技には目を見張った。

 

 

栗林忠道中将(渡辺謙)の長としての姿勢が素晴しい、自分が常に先頭に立ち皆を引っ張っていく姿。

また、バロン西(伊原剛志)も、長として最後まで貫いた姿。

そして、西郷(二宮和也)は、家族を思い生きようとする姿。

 

 

でも、やはり戦争映画は辛いですね。

味方も敵もない、人と人との殺し合い。愛するものの死。

そして、今が平和である事のありがさ。

 

 

ラストの硫黄島の静かで美しい風景。

穏やかな波の満ち引きが『平和』を象徴しているように思えた。

 

 

そして世の中が平和であって欲しいと、願わずにはいられない作品でした。

 

 

 

 

 

『ジャニーズ』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変えどきはいつ? | トップ | 『硫黄島からの手紙』 80点 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TVスペシャル (たいむ)
2006-12-28 23:06:30
こんばんは。TBどうもです。
>女性から見た戦争
本土に残った人間の視点でもありましたね。
硫黄島が本土の盾になっていることを知る人間たちの苦悩が良くわかり、とても補完になりました。
やはりまだまだ描かれていない事実はたくさんありそうですね。
見るのは辛くもあるけれど、知らないということは時には罪になりますし、もっと触れたいと私は思います。
初めまして! (由香)
2006-12-29 00:07:09
TBさせて頂きました。
とても心に響く映画でしたね。
渡辺謙や二宮和也の名演も光りました。
戦争映画は苦手でしたが、
硫黄島での出来事を知る機会が持てて良かったです。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-12-29 16:14:35
お父様と鑑賞なさったのですね。
うちも父が生きていたらきっと一緒に見に行ったことと思います。
俳優さんがみな適材適所で素晴らしかったです。
Unknown (ケント)
2006-12-29 19:01:58
norinori-kappaさん、こんにちは、ケントです
またTBさせてください。
戦争映画というよりヒューマン映画です。
いつもどこでも弱者たちが犠牲になるのですね。
そんな強いメッセージが聞こえました。
ただ二宮クンのため口は、現代流で最初は場違い感がありましたが、後半良くなりましたね。
個人的にはバロン西が一番好きですね。
では良いお年をお迎えください(^^♪
TBありがとうございます (ryi)
2006-12-30 11:23:48
硫黄島でのさまざまな出来事。
戦争で死ぬ前に赤痢との闘いがあったり・・・。
と、戦争で生まれるものは何もないということを改めて実感させられました。
たいむさん (かっぱ)
2006-12-30 22:15:03
コメント、ありがとうございます。

戦争の話は、辛いですが。目をそむけてはいけない事実ですね。

>まだまだ描かれていない事実
多分、沢山あるでしょうね。

これからも、宜しくお願いします。

由香さん (かっぱ)
2006-12-30 22:30:19
コメント、TBありがとうございます。

戦争映画はやはり辛いですね。
人と人の戦い。
辛い現実ですよね。

これからも、宜しくお願いします。

ミチさん (かっぱ)
2006-12-30 22:33:31
コメント、ありがとうございます。

初めて、父と二人で映画館に行きました。

映画の後、食事をおごって貰ってラッキーでした

渡辺謙をはじめ、二宮和也の演技は素晴しかった。

ケントさん (かっぱ)
2006-12-30 22:46:07
>いつもどこでも弱者たちが犠牲になるのですね
戦争は弱い者が犠牲になり、悲しい結果しかうまれない。

>バロン西が一番好き
西さん、最後まで意志を貫き、素敵な人でしたね。

来年も宜しくお願いします。

ryiさん (かっぱ)
2006-12-30 22:50:17
コメント、ありがとうございます。

>戦争で生まれるものは何もない
戦争ではなにも生まれませんよね。
この世の中から、戦争がなくなることを祈らずにはいられない作品でした。

TBありがとうございます。 (のり88)
2006-12-31 21:56:01
TBしていただきまして、ありがとうございます。

戦争は嫌いです。だからこそ、私は戦争映画を見ないといけない、と自分に言い聞かせて見てます。

http://blog.goo.ne.jp/n-kobayashi88/e/d9dbb272fafcfd2bf93364e7c1f33ec9

こんなことを書いている自分なので。

TBありがとうございます。またこのブログ、見させていただきます。
のり88さん (かっぱ)
2007-01-02 11:35:04
コメント、ありがとうございます。

>戦争は嫌いです。だからこそ、私は戦争映画を見ないといけない
戦争は本当に嫌です。
でも、悲しいけど、目をそらしてはいけない、問題でもあります。


私も又、遊びにいかせて貰いますね。
これからも、宜しくお願いします。

TBありがとうございました (カボチャ)
2007-01-04 18:25:13
この映画を観て、戦争は罪のない人間と罪のない人間が戦っているのだ。
と思いました。
誰が悪いわけでもない戦争は、起こしてはいけない事だな・・・と。

こちらでもTBさせていただきました。
Unknown (ぷちもんち)
2007-01-04 22:31:35
はじめまして。
TBありがとうございました!
こちらからもTBさせていただきますね。

色々と戦争映画を観ましたが、
この映画ほど見ていて辛いと思ったのは初めてだったかもしれません。
TBありがとうございます。 (yukie)
2007-01-04 23:57:14
TBありがとうございます。
いい映画でしたね。
本当に見てよかったとおもいます。

かっぱさん、これからもよろしくお願いいたします。
TBありがとうございます (Ryoma)
2007-01-05 19:16:56
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきます。

伊原剛志が物語を締めた感じでした。
見てすぐに文庫版の栗林中将の絵手紙を購入し、二度泣きをしてしまいました。

六〇年前この国、家族、愛する者を守るために散っていった人たちがいたことを改めて痛感しました。
二宮君 (Mar)
2007-01-06 11:56:50
TBありがとうございます

仰るとおり謙さん、剛志さん、二宮君の演技は光っておりましたね。特に二宮君。アカデミー助演男優賞ノミニーのうわさもあるくらいなので期待したいところです。

記者会見や舞台挨拶でもクリント・イーストウッドに臆することなく自然体これがよかったんでしょうね
カボチャさん (かっぱ)
2007-01-07 22:11:11
コメント、TBありがとうございます。

戦争は罪のない人が一番の犠牲になり、悲しく思うと同時に、世の中が平和である事を祈らずにはいられない。

そんな映画でした。

ぷちもんち (かっぱ)
2007-01-07 22:18:06
コメント、TBありがとうございます。

私は戦争映画は殆ど見た事がなく初めてでした。

この映画では、目を背けたくなるシーンが沢山ありましたが、でも現実にあったこと。

そして戦争は、あってはならないことだと、強く思う作品でした。

yukieさん (かっぱ)
2007-01-09 21:04:10
コメントありがとうございます。

とてもイイ映画でしたよね。
沢山の人に見てもらいたい作品です。

これからも宜しくお願いします

Ryomaさん (かっぱ)
2007-01-09 21:15:21
コメント、TBありがとうございます。

栗林忠道中将も素晴らし方ですが、バロン西も最後まで長として素晴らし人でしたね。

素晴らし作品でした。

Marさん (かっぱ)
2007-01-09 21:19:38
コメント、ありがとうございます。

二宮君の演技、思っていた以上に光っていました良かったです。

アカデミー助演男優賞、選ばれそうな感じですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「硫黄島からの手紙」みた。 (たいむのひとりごと)
「これはアメリカ映画だよな。」エンディングで改めて思った。『父親たち星条旗』に続き、硫黄島2部作”日本から見た硫黄島”編だということだったけれど、どうもこれも”アメリカから日本を見た硫黄島”という気がした。(以下若干内容に触れます) 私に
硫黄島からの手紙 (ネタバレ映画館)
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
「硫黄島からの手紙」祖国の為知略を尽して守り抜いた指揮官と2万の守兵 (オールマイティにコメンテート)
「硫黄島からの手紙」は「父親たちの星条旗」の日本側から描かれた作品で、1945年2月に硫黄島を舞台にした太平洋戦争の激戦を舞台にした映画である。今回は日本側からみた硫黄島という事で守る側の心理と難しさを描いていた。
硫黄島からの手紙 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。米軍が5日で陥落すると思っていたこの硫黄島を、乏 ...
硫黄島からの手紙 (悠雅的生活)
余は常に諸氏の先頭にある。
硫黄島からの手紙 (Akira's VOICE)
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
『硫黄島からの手紙』 (Sweet* Days)
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は ...
映画「硫黄島からの手紙」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を ...
「硫黄島からの手紙」に、見入ってみませんか? (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「硫黄島」2部作の 日本から見た「硫黄島」 「硫黄島からの手紙」 アメリカから見た「硫黄島」 ”父親たちの星条旗”も素晴らしい作品でしたが 本作も本当に素晴らしい作品です。 感動を与えられるというよりも 「何か凄いメッセージ」が 感じ取れます。 5日 ...
硫黄島からの手紙 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  米軍側から描いた『父親たちの星条旗』を観たときは、暗い画面で、戦闘服を着た同じような顔付きの米国人を覚えられるはずがなく、最後迄観るのがかなりしんどかった。       だが日本側からの描写である本作には、やはり心の琴線に触れるシーンが ...
硫黄島からの手紙 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  米軍側から描いた『父親たちの星条旗』を観たときは、暗い画面で、戦闘服を着た同じような顔付きの米国人を覚えられるはずがなく、最後迄観るのがかなりしんどかった。       だが日本側からの描写である本作には、やはり心の琴線に触れるシーンが ...
硫黄島からの手紙 / アメリカの目線 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性
硫黄島からの手紙・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。 太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一本づつの映画にするという、クリント・イーストウッド監督の壮大な実験映画だ。 第一部
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
硫黄島からの手紙 (花ごよみ)
日米双方の視点から描く2部作で、  [父親達の星条旗]に続く第2弾目。  今回は日本軍からの視点で描いた硫黄島の真実。  第1弾の「父親たちの星条旗」と同様、  戦闘シーン、爆撃シーンは、迫力があって  臨場感たっぷりです。  前作と同じ場面も ...
「硫黄島からの手紙」映画感想 (Wilderlandwandar)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
硫黄島からの手紙 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 試写会にて鑑賞 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA 2006年/アメリカ/141分 監督: クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童 公式サイト 太平洋戦争末期、小笠原諸島の硫黄島。一兵卒である西郷は、 ...
映画「硫黄島からの手紙」を観て (RUN & GUTS)
【12月17日(日)晴れ】 今日は「硫黄島からの手紙」を観に行く。 「硫黄島」で
硫黄島からの手紙(映画館) (ひるめし。)
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。
「硫黄島からの手紙」を観た (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
今、硫黄島が熱い! 2 (諸葛川)
反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんど ...
硫黄島からの手紙(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 上映時間:141分 ...
「硫黄島からの手紙」を見てきました (俺の誇り ~Woi(ヴォイ)!!~)
ま、まじで??(泣) 硫黄島からの手紙を見てきました。 私たちが忘れてはいけないこと。 それを改めて痛感させられました。 映画を見ていて思いました。 「何で戦争がなくならないのか」 「戦争で戦っている軍隊の方たちは、本当に戦争がしたいのか?」 ...
映画~硫黄島からの手紙 (きららのきらきら生活)
 「硫黄島からの手紙」公式サイトクリント・イーストウッド監督による「硫黄島2部作」。「父親たちの星条旗」に続く第2弾、日本側から見た硫黄島、、、戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟してい ...
「硫黄島からの手紙」 (固ゆで卵で行こう!)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二作目にあたる「硫黄島からの手紙」観てまいりました。 硫黄島で繰り広げられる戦争。 その裏で繰り広げられる、それぞれの想い。 それはそれぞれの立場、国籍、主義、思想・・・人それぞれ価値観の違いはある ...
硫黄島からの手紙 (プラネタリーヴ)
 「男たちの大和」を観て、この映画にも、格好いい上官がいるかなと思い、観てみまし
硫黄島からの手紙 (30's wonderful world)
総評:日本人であることを誇りに思う映画。 試写会にて。 栗林忠道中佐を演じる渡辺謙さん、 バロン西(西竹一中佐)を演じる伊原剛志さんが 静岡まで舞台挨拶に来て下さいました。 (1列目で見た!) 36日間、日本を家族を守った誇らしい男たちの戦い。 太 ...
硫黄島からの手紙 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途を ...
映画「硫黄島からの手紙」 (FREE TIME)
話題の映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました。
“硫黄島からの手紙” (小さな心の旅)
       ★公式サイト    1944年戦時下、本土防衛の最後の砦ともいえる硫黄島。    けれどもそこは、米軍の上陸が迫る中、    戦闘態勢はおろか、食べ物・飲み物すらままならない過酷な状況。    戦いの指揮を託された栗林中将は、 ...
硫黄島からの手紙 (メルブロ)
硫黄島からの手紙 上映時間 2時間21分 監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 松崎悠希 中村獅童 評価 8点(10点満点) 会場 渋谷ピカデリー  今年最後の映画鑑賞です。昨年のラスト鑑賞作品は「男たちの大和 ...
No.130 「硫黄島からの手紙」 (2006年 米 141分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM Ⅱ)
監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙     二宮和也     伊原剛志 10月に公開された「父親たちの星条旗」と2部作になるこの映画ですが、硫黄島の戦いを描いたこの2本がアメリカ映画として製作されたことが凄いと思うけど、この「硫黄島か ...
硫黄島からの手紙 (たーくん'sシネマカフェ)
予告通り,元旦から映画の日ということで映画館へ。気になっていた「硫黄島からの手紙」鑑賞。-Story-太平洋戦争の末期、硫黄島では日米の戦闘が開始されようとしていた。その頃、新しい指揮官、栗林忠道が降り立った。戦死が名誉とされていた中、彼は兵士達に生き ...
「硫黄島からの手紙」~メンタリティーの怖さ~ (癒しのイラスト、音楽~Kirieのブログ)
これは実話を元に描かれているとはいえ、制作者の中に実際の現場を見たものはいない。フィクションである戦後を自虐史観で洗脳された日本人や右翼の日本人が監督するのとアメリカ人であるイーストウッドが監督するのは、どちらが正確な描写が出来るか?どちらにも ...
硫黄島からの手紙 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  死を覚悟しながら・・・生を綴る言葉    
【劇場映画】 硫黄島からの手紙 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地 ...
ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
年末年始~とうとう『硫黄島からの手紙』を見に行く。さすが渡辺謙、二宮和也すばらしい! (apple of the nariyuk's eye)
明けましておめでとうございます。この新しい年がさらによい年でありますように心から
「硫黄島からの手紙」~メンタリティーの怖さ~ (ヒーリングスウィート 癒しとは?~この完璧な世界で~)
これは実話を元に描かれているとはいえ、実際の現場を見たものはいない。 フィクションである 戦後を自虐史観で洗脳された日本人や右翼の日本人が監督するのと アメリカ人であるイーストウッドが監督するのは、どちらが正確
『硫黄島からの手紙』。 (小さな幸せ ~Little Happiness~)
『硫黄島からの手紙』観てきましたー。 (ネタバレほとんどなし感想。)
硫黄島からの手紙 ( カボチャのつぶやき)
続きましての映画は、私の敬愛するケン・ワタナベの主演映画{/heart_pink/} {/star/}「硫黄島からの手紙」{/star/}であります。 もう一方の「父親達の星条旗」は観そびれたんですがね。 愛する謙さんのでる映画だけは観ないとね{/ee_2/}と今日のレディースディー ...
硫黄島からの手紙(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 ...
硫黄島からの手紙 (どうしようもない日記)
観て来ました。
「硫黄島からの手紙」を見ました。 (ゆきえのblog。lumlumLAMPI)
・映画・ 『「硫黄島からの手紙」を見ました。』 クリントイーストウッド監督作品。 渡辺謙主演。 硫黄島での戦いをアメリカ側からの視点で描いた 「父親たちの星条旗」をみてからずっと考えていたことがある。 戦争。 勝つこと、負けること。 その先に何かあ ...
硫黄島からの手紙 (Ryoma's Bar)
正月休みのラストで、ようやく「硫黄島からの手紙」を見た。
「玉砕総指揮官」の絵手紙 硫黄島からの手紙の追記 (Ryoma's Bar)
硫黄島からの手紙の追記であるが。
◆映画・硫黄島からの手紙 (映画大好き☆)
硫黄島からの手紙を観て来ました。 久しぶりの映画館・・・。 クリント・イーストウッドの作品は考えさせられるけど、 とっても重く、後味が悪く、苦手; 話題にはなっていたので 観たかったけど、避けていたかもしれない。 夫と正月そうそう映画を観に ...
硫黄島からの手紙 (Marさんは○○好き)
旧軍のことは悪い面しか映し出されないが、こんな指揮官もいたということが日の目を見
硫黄島からの手紙 (u-SIDE【こらむ茶】)
映画の中のお約束で、「動物を虐める者は悪人」というのがある。 何の罪もない無垢な動物を痛めつける者は、その役がどんなに名声があろうが信頼が厚く人望があろうが、観客の敵であり「悪」である。 ましてやしに至
硫黄島からの手紙 (こころね*)
ほぼ日刊イトイ新聞でコラム12/10分を読んで、どうして「わたしはただのパン屋です。」というキャッチフレーズを考えたのかがとても気になって、早速観てきた。 涙発生最速記録大更新!w 私は二宮くんの「僕は墓穴を掘っているんでしょうか?」っていうナレー ...
硫黄島からの手紙 (いろいろと)
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
硫黄島からの手紙 ( カボチャのつぶやき)
続きましての映画は、私の敬愛するケン・ワタナベの主演映画{/heart_pink/} {/star/}「硫黄島からの手紙」{/star/}であります。 もう一方の「父親達の星条旗」は観そびれたんですがね。 愛する謙さんのでる映画だけは観ないとね{/ee_2/}と今日のレディースディー ...
映画「硫黄島からの手紙」を見ました! (団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常))
     ―「散るぞ悲しき」と「硫黄島からの手紙」― 先日、梯久美子「散るぞ悲しき」について、読後感想を書いたら、何人かの方から、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見るように勧められました。 そこで、先日書いたイオン浦和美園SCの中にあ...
硫黄島からの手紙 (CINEMA LEGLOCK)
 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。
硫黄島~戦場の郵便配達~ (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
“本土と激戦地を行き交った手紙を通して見た硫黄島”をテーマに、命を懸けて手紙を届けた兵士の姿を描くドキュメンタリードラマ!第二次大戦中、最も過酷な戦地として知られ、本土から支援もままならない見捨てられた島と化していた。そんな戦場で戦う兵士たちの心の支え...
硫黄島からの手紙 (カツラの葉っぱ 大好き!)
硫黄島戦で2本の映画を作ったイーストウッド監督ですが、イーストウッド監督そのものが良かったように思います。
【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} さて、先ずは近況報告から。 今週の夜勤は昨日の金...